158件中 21 - 30件表示
  • レンダリング (ベリオ)

    レンダリング (ベリオ)から見た三枝成彰三枝成彰

    同様の方法で補筆が行われた楽曲に、グリーグの初期のロ短調ピアノ協奏曲の作曲コンクールや、ヘルムート・リリングがエディソン・デニソフに委嘱した同じくシューベルトのオラトリオ「ラザロの復活」、三枝成彰が国際財団モーツァルテウムからの依頼で補筆完成したモーツァルトの「ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための協奏交響曲イ長調」K.320eなどがある。このような「作品」は音楽学者ではなくて個性の強い作曲家が担当することが多い。レンダリング (ベリオ) フレッシュアイペディアより)

  • 初鹿野剛

    初鹿野剛から見た三枝成彰三枝成彰

    三枝成彰《忠臣蔵》(初演) 菅谷初鹿野剛 フレッシュアイペディアより)

  • 山口綾規

    山口綾規から見た三枝成彰三枝成彰

    2012年10月、三枝成彰が総監修を務める静岡文化芸術大学主催のイベント「バンバン!ケンバン♪はままつ」において、ハロルド・ロイド監督の無声映画に合わせて音楽と効果音を演出する、シアター・オルガン風の演奏を披露。電子オルガン ミュージック・アトリエを使用。山口綾規 フレッシュアイペディアより)

  • 深山尚久

    深山尚久から見た三枝成彰三枝成彰

    三枝成彰/ヴァイオリン協奏曲「雪に蔽われた伝説」(堤俊作指揮札幌交響楽団)(1991年)深山尚久 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年のための管弦楽入門

    青少年のための管弦楽入門から見た三枝成彰三枝成彰

    日本語版では栗原小巻、小澤征爾、三枝成彰らがナレーションを担当した録音がある。多くは海外録音の演奏に日本でナレーションを加えているため、同じ演奏でもLPとCDでナレーターが替わっている場合もある。青少年のための管弦楽入門 フレッシュアイペディアより)

  • 丸木政臣

    丸木政臣から見た三枝成彰三枝成彰

    三枝成彰(作曲家、中学時代の担任が丸木)丸木政臣 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷恭三

    三谷恭三から見た三枝成彰三枝成彰

    『ア ビアント だから、さよならはいわないよ』(島田雅彦原作・台本、三枝成彰音楽、2006年)三谷恭三 フレッシュアイペディアより)

  • 村方千之

    村方千之から見た三枝成彰三枝成彰

    1970年 東京音楽大学で教鞭をとり、三枝成彰などと共に活動し、定期コンサートを指揮する。村方千之 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・テューズリー

    ロバート・テューズリーから見た三枝成彰三枝成彰

    初めて吉田と共演したのは、英国ロイヤル・バレエ団のオーストラリア公演『ジゼル』だった。リハーサルが1、2回しかできなかったにもかかわらず、2人はすぐに息が合って舞台上で信頼しあえるようになり、その後もたびたび共演した。2006年に牧阿佐美バレヱ団が高円宮憲仁親王の追悼作品として初演した『ア ビアント だから、さよならはいわないよ』(島田雅彦原作、三枝成彰作曲、牧阿佐美・ドミニク・ウォルシュ・三谷恭三共同振付)では吉田とともに、繰り返す死と別れに翻弄されながらも時空を超えて幾度も出会い愛し合う男女(リヤムとカナヤ)の物語を演じた。2009年8月28日から同年11月27日までNHK教育テレビジョンで放送されていた「スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都」では、吉田と『ロメオとジュリエット』第1幕から「バルコニーのパ・ド・ドゥ」を披露した。ロバート・テューズリー フレッシュアイペディアより)

  • 夏は来ぬ

    夏は来ぬから見た三枝成彰三枝成彰

    1979年6月-7月にNHK『みんなのうた』で放送された。同番組で放送された楽曲は同年2月放送の『早春賦』に続く、三枝成章(現:三枝成彰)編曲による日本童謡第2弾で、1・2番は原曲に近いリズムで編曲されているが、3番は一転してシンコペーションを活かした8ビートで編曲されている。歌は「百合丘コーラス・児童合唱団」の担当。同番組での本放送時の映像には夏の風景を撮影した実写映像が使用され、また、1982年6月-7月には三枝の編曲による音声はそのままに、夢田誠製作のスチール画像による映像を使用したリメイク版の放送が行われた。夏は来ぬ フレッシュアイペディアより)

158件中 21 - 30件表示

「三枝成彰」のニューストピックワード