99件中 41 - 50件表示
  • 三枝成彰

    三枝成彰から見た新ロマン主義

    三枝は、人の心に届かない実験音楽を作り続けることにある種の葛藤を抱えながらも、音楽界全体が既存のパラダイムを否定することだけにとらわれていたために、調性のある美しい音楽が発表できなかったと振り返る。だからこそ、これからは人間の心情に訴える第二次の「ロマン派」の時代である(新ロマン主義)と確信し、甘美な旋律をもつオペラを数多く作曲している。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見た住めば地球

    住めば地球(1988年10月 - 1990年3月)三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たワイドショー

    著作も多数あり、1990年代後半にはワイドショーのコメンテーターや民間の選挙啓発団体「選挙に行こう勢!」共同代表なども務めた。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たNHKのど自慢

    父は『NHKのど自慢』を発案したNHKの音楽番組のディレクターで音楽評論家の三枝健剛こと三枝嘉雄。成彰自身も7歳のときに『NHKのど自慢』に出演。3歳下の弟はNHKのドラマ演出家・映画監督の三枝健起。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たピアノ

    兵庫県西宮市に生まれ、生後間もなく東京都に移り、千葉県や神奈川県を転々として育つ。1946年頃からピアノを習い始め、1951年、桐朋学園の子供のための音楽教室に入り、入野義朗に作曲を師事。和光学園小学校・中学校・高校を経て、1962年、一浪して東京藝術大学音楽学部作曲科入学。1年後輩に作曲家の池辺晋一郎がいた。1965年、作曲科在学中に安宅賞を受賞。1966年、同作曲科を首席で卒業。1971年に同大学院修了。1987年から東京音楽大学客員教授。1989年、「三枝成章」だと出世しない画数だと姓名判断でいわれたことから芸名を「三枝成彰」に改める。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見た宮本武蔵 (NHK新大型時代劇)

    1984年NHKの新大型時代劇『宮本武蔵』でのオープニングテーマは吹奏楽曲にアレンジされ『Overture "FIVE RINGS"』として1985年の第33回全日本吹奏楽コンクールの課題曲の1つとして採用されている。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たCNNデイウォッチ

    1980年代半ばからは、『11PM』『CNNデイウォッチ』など、テレビ司会者、キャスター、コメンテーターとして表舞台に露出するようになり、タレントとして活躍の幅を広げた。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たエクスペリメンタリズムの音楽

    三枝は、人の心に届かない実験音楽を作り続けることにある種の葛藤を抱えながらも、音楽界全体が既存のパラダイムを否定することだけにとらわれていたために、調性のある美しい音楽が発表できなかったと振り返る。だからこそ、これからは人間の心情に訴える第二次の「ロマン派」の時代である(新ロマン主義)と確信し、甘美な旋律をもつオペラを数多く作曲している。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たNHK全国学校音楽コンクール

    合唱曲で有名なのは、1981年文化庁芸術祭優秀賞受賞作品「川よとわに美しく」や、2003年NHK全国学校音楽コンクール高校の部課題曲「あしたはどこから」など。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝成彰

    三枝成彰から見たパラダイム

    三枝は、人の心に届かない実験音楽を作り続けることにある種の葛藤を抱えながらも、音楽界全体が既存のパラダイムを否定することだけにとらわれていたために、調性のある美しい音楽が発表できなかったと振り返る。だからこそ、これからは人間の心情に訴える第二次の「ロマン派」の時代である(新ロマン主義)と確信し、甘美な旋律をもつオペラを数多く作曲している。三枝成彰 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示