349件中 51 - 60件表示
  • 第56回ベルリン国際映画祭

    第56回ベルリン国際映画祭から見た三池崇史三池崇史

    コンペティション部門には日本映画は入っていなかったが、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督の『インビジブル・ウェーブ』は浅野忠信主演である。パノラマ部門で三池崇史監督の『46億年の恋』と、SABUの『疾走』が上映された。また、フォーラム部門では舩橋淳監督の『Big River』、藤原敏史の『僕らはもう帰れない』、園子温の『Strange Circus 奇妙なサーカス』が上映となった。加えて、中川信夫監督の9作品が特集上映された。第56回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 中岡京平

    中岡京平から見た三池崇史三池崇史

    「パートタイム探偵」(2002年、女と愛とミステリー、監督:三池崇史、主演:松坂慶子)中岡京平 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回ベルリン国際映画祭

    第54回ベルリン国際映画祭から見た三池崇史三池崇史

    コンペティション部門に日本映画は出品されなかった。パノラマ部門において、荒戸源次郎の『赤目四十八瀧心中未遂』、石橋義正の『The Fuccon Family ザ・フーコン・ファミリー』、行定勲の『きょうのできごと a day on the planet』が、フォーラム部門で三池崇史の『着信アリ』とSABUの『ハードラックヒーロー』、清水宏の『簪』『港の日本娘』『歌女おぼえ書』、森崎東の『ニワトリはハダシだ』、青年映画部門で荻上直子の『バーバー吉野』が上映された。第54回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回ヴェネツィア国際映画祭

    第61回ヴェネツィア国際映画祭から見た三池崇史三池崇史

    『IZO』:三池崇史(日本)第61回ヴェネツィア国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 片山瞳

    片山瞳から見た三池崇史三池崇史

    喰女 (2014年 三池崇史監督)片山瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 桜庭あつこ

    桜庭あつこから見た三池崇史三池崇史

    シルバー "SILVER"(三池崇史監督) 1999年9月21日桜庭あつこ フレッシュアイペディアより)

  • 野田幸男

    野田幸男から見た三池崇史三池崇史

    この他に、千葉真一主演の『やくざ刑事シリーズ』、日香泰合作映画『激殺! 邪道拳』や、『0課の女 赤い手錠』、『ザ・カラテ』などのアクション映画の監督も務めている。劇場映画では千葉主演作品である1977年の日香合作映画『ゴルゴ13 九竜の首』が最後の監督作品となったが、その後はテレビへ活躍の場を移し、『ザ★ゴリラ7』、『特捜最前線』、『大激闘マッドポリス'80』などを演出した。この時期に野田に師事していた一人に三池崇史がいる。野田幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 第12回東京国際映画祭

    第12回東京国際映画祭から見た三池崇史三池崇史

    スペシャル・メンション: 『DEAD OR ALIVE 犯罪者』(監督:三池崇史第12回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 天手千聖

    天手千聖から見た三池崇史三池崇史

    新・仁義の墓場(2003年、大映・東映ビデオ、監督:三池崇史)リポーター 役天手千聖 フレッシュアイペディアより)

  • フィルム・ノワール

    フィルム・ノワールから見た三池崇史三池崇史

    日本映画でフィルム・ノワール的な作品を手がけている監督としては、黒澤明、鈴木清順、篠田正浩、岡本喜八、深作欣二、石井輝男、鈴木英夫、北野武、石井隆、野村芳太郎、森一生、川尻善昭、三池崇史、押井守などが挙げられる。フィルム・ノワール フレッシュアイペディアより)

349件中 51 - 60件表示

「三池崇史」のニューストピックワード