144件中 21 - 30件表示
  • 三池崇史

    三池崇史から見た中部日本放送

    ウルトラマンマックス(2005年、中部日本放送)兼特技監督、第15話・第16話三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たギャガ

    極道戦国志 不動(1996年10月12日公開、ギャガ・コミュニケーションズ配給)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た恩地日出夫

    大阪府八尾市で生まれる。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事。1991年のVシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディ、バイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、米『TIME』誌上よりこれから活躍が期待される非英語圏の監督としてジョン・ウーと並び10位に選出。作品はクエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど海外の監督にも影響を与える(『殺し屋1』など)。またオマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たイーライ・ロス

    大阪府八尾市で生まれる。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事。1991年のVシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディ、バイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、米『TIME』誌上よりこれから活躍が期待される非英語圏の監督としてジョン・ウーと並び10位に選出。作品はクエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど海外の監督にも影響を与える(『殺し屋1』など)。またオマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た今村昌平

    大阪府八尾市で生まれる。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事。1991年のVシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディ、バイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、米『TIME』誌上よりこれから活躍が期待される非英語圏の監督としてジョン・ウーと並び10位に選出。作品はクエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど海外の監督にも影響を与える(『殺し屋1』など)。またオマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た名古屋テレビ放送

    SABU 〜さぶ〜(2002年、名古屋テレビ)※再編集され劇場公開三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た日活

    天国から来た男たち(2001年6月16日公開、日活配給)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た志村錠児

    映画『劇場版 どうぶつの森』(2006年12月16日公開、東宝配給、志村錠児監督) 声の出演・ラコスケ役三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たデヴィッド・クローネンバーグ

    好きな映画監督は黒澤明、五社英雄、デヴィッド・リンチ、ポール・バーホーベン、デヴィッド・クローネンバーグ。好きな映画は『燃えよドラゴン』、『スターシップ・トゥルーパーズ』、『雲霧仁左衛門』、『闇の狩人』、『七人の侍』、『座頭市シリーズ(特に1962年の第1作目)』など。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た野田幸男

    大阪府八尾市で生まれる。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事。1991年のVシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディ、バイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、米『TIME』誌上よりこれから活躍が期待される非英語圏の監督としてジョン・ウーと並び10位に選出。作品はクエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど海外の監督にも影響を与える(『殺し屋1』など)。またオマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「三池崇史」のニューストピックワード