160件中 41 - 50件表示
  • 三池崇史

    三池崇史から見たデヴィッド・リンチ

    好きな映画監督は黒澤明、五社英雄、デヴィッド・リンチ、ポール・バーホーベン、デヴィッド・クローネンバーグ。好きな映画は『燃えよドラゴン』、『スターシップ・トゥルーパーズ』、『雲霧仁左衛門』、『闇の狩人』、『七人の侍』、『座頭市シリーズ(特に1962年の第1作目)』など。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た村川透

    幼少時代を三重県で過ごし、大阪工業大学高等学校時代はラグビーを行っていたが、入部した瞬間にレベルの違いを思い知って挫折。ラグビーを断念してバイクサーキットのライセンス取得に挑んだが、走りにくい状態で前を走る人間を抜く欲求が生まれなかったため、これも断念。大学へ内部進学できなくなっていた三池は横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に進学、横浜にあった今村昌平の私塾で映画を学ぶが、大師匠の大庭秀雄が最初の授業で書いた「脚本とは芸術である」という言葉に、自分が場違いであることに気付かされてこれも挫折。最終的に専門学校は卒業するがほとんど中退状態となり、横浜のディスコでアルバイトを行った。専門学校2年生の時に専門学校の先輩からテレビの仕事の手伝いを頼まれ、これを引き受けた。真面目に専門学校に行っている生徒は卒業制作を作っている時期ではあったため学校は先輩の依頼を一度断ったが、先輩が学校の先生に「まともに学校に行っていない生徒でもいいから紹介してくれ」と頼んだところ、その筆頭として三池の名前が挙がったというのが真相であり、学校の職員がアルバイト先のディスコまで来て依頼を持ちかけたという。卒業後、ディスコのアルバイトをそのままやっていくのはなんだからと、その先輩の手伝いを行うようになった。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔、井上梅次、村川透らの助監督を経て、1991年にビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディからバイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が期待される非英語圏の監督として、ジョン・ウーと並び10位に選出。クエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与えた(『殺し屋1』など)。また、オマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たスタジオパークからこんにちは

    トーク番組『スタジオパークからこんにちは』(2010年9月17日、NHK)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たゼブラーマン

    ゼブラーマン(2004年2月14日公開、東映配給)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た悪の教典

    悪の教典(2012年11月10日公開、東宝配給)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たNHK教育テレビ

    プチプチ・アニメ「ころがし屋のプン」(2016年3月21日、NHK Eテレ) - 主人公・プンの声も担当。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たロッテルダム国際映画祭

    三池のその映画制作スタイルは鮮烈な暴力描写を伴うため、しばしば論争を巻き起こすものの海外での評価は高い。2001年のトロント国際映画祭での『殺し屋1』の上映時には、エチケット袋を観客に配り、暴力描写が自分の持ち味であることをアピールした。海外での受賞は『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞。『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞。『カタクリ家の幸福』でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。『牛頭』で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞など多数。フランシス・コッポラやウェイ・ワンがアジア人監督作品をプロデュースする企画に日本から参加が発表されるなど、ハリウッドからの引き合いもあったが、長期間携わる上に他の仕事に関わることを禁じる契約がある依頼は自分の気質には合わないため、断っているという。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た逆転裁判

    逆転裁判(2012年2月11日公開、東宝配給)三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見たカンヌ国際映画祭

    幼少時代を三重県で過ごし、大阪工業大学高等学校時代はラグビーを行っていたが、入部した瞬間にレベルの違いを思い知って挫折。ラグビーを断念してバイクサーキットのライセンス取得に挑んだが、走りにくい状態で前を走る人間を抜く欲求が生まれなかったため、これも断念。大学へ内部進学できなくなっていた三池は横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に進学、横浜にあった今村昌平の私塾で映画を学ぶが、大師匠の大庭秀雄が最初の授業で書いた「脚本とは芸術である」という言葉に、自分が場違いであることに気付かされてこれも挫折。最終的に専門学校は卒業するがほとんど中退状態となり、横浜のディスコでアルバイトを行った。専門学校2年生の時に専門学校の先輩からテレビの仕事の手伝いを頼まれ、これを引き受けた。真面目に専門学校に行っている生徒は卒業制作を作っている時期ではあったため学校は先輩の依頼を一度断ったが、先輩が学校の先生に「まともに学校に行っていない生徒でもいいから紹介してくれ」と頼んだところ、その筆頭として三池の名前が挙がったというのが真相であり、学校の職員がアルバイト先のディスコまで来て依頼を持ちかけたという。卒業後、ディスコのアルバイトをそのままやっていくのはなんだからと、その先輩の手伝いを行うようになった。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔、井上梅次、村川透らの助監督を経て、1991年にビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディからバイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が期待される非英語圏の監督として、ジョン・ウーと並び10位に選出。クエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与えた(『殺し屋1』など)。また、オマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」と公言しており、多作である。三池崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 三池崇史

    三池崇史から見た大河ドラマ

    テレビドラマ『天地人』(2009年、NHK大河ドラマ) 刈安兵庫役三池崇史 フレッシュアイペディアより)

160件中 41 - 50件表示

「三池崇史」のニューストピックワード