前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • ボイルドエッグズ

    ボイルドエッグズから見た三浦しをん三浦しをん

    最初にエージェント契約を行なったのは、三浦しをん。三浦は、早川書房での入社試験の際、担当面接者であった編集者・村上に、入社試験作文から執筆の才を見出され、村上が早川書房を退社後に作家に転進するよう勧められた。ボイルドエッグズ フレッシュアイペディアより)

  • やおい

    やおいから見た三浦しをん三浦しをん

    やおい系作品では、男性キャラクター同士の恋愛・性的関係が描かれる一方で、女性キャラクターは作品から排除される傾向にある。漫画家・評論家の榎本ナリコはこれについて、女性読者にとって意中の男性キャラクターが自分以外の女性と結ばれることを防いで失恋に保留をかけることができるというメリットがあると説明している。小説家の三浦しをんは自身のエッセイの中で、ボーイズラブ漫画に登場する女性キャラクターは、男性キャラクターを傍観するだけであったりレズビアンであるなど「男性キャラクターと恋仲になる可能性の無い女性」に限られるとしている。また、ボーイズラブ漫画の中で恋愛する主体としての女性の心理が描かれた珍しい作品として紺野けい子の『愛の言霊』を挙げている。やおい フレッシュアイペディアより)

  • まほろ駅前多田便利軒

    まほろ駅前多田便利軒から見た三浦しをん三浦しをん

    『まほろ駅前多田便利軒』(まほろえきまえただべんりけん)は、文藝春秋より出版されている三浦しをんによる日本の小説作品。およびそれを原作とした漫画、映画作品、テレビドラマ。第135回直木三十五賞受賞作品。まほろ駅前多田便利軒 フレッシュアイペディアより)

  • 太宰治賞

    太宰治賞から見た三浦しをん三浦しをん

    選考委員は加藤典洋・小川洋子・荒川洋治・三浦しをんの4名(かつて委員だった高井有一・柴田翔は退任)。締め切りは12月10日。太宰治賞 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しおん

    三浦しおんから見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しおん フレッシュアイペディアより)

  • 山本重也

    山本重也から見た三浦しをん 三浦しをん

    三浦しをん 著「星くずドライブ」など読み切り連載(小説新潮掲載)山本重也 フレッシュアイペディアより)

  • まほろ市

    まほろ市から見た三浦しをん三浦しをん

    東京都下にあるとされている架空の都市、まほろ市を舞台とした三浦しをん作の小説。文藝春秋刊。第135回直木賞受賞作。東京都町田市がモデルとされている。まほろ市 フレッシュアイペディアより)

  • 高原書店

    高原書店から見た三浦しをん三浦しをん

    目録を兼ねた冊子も刊行し、店内の美術サロンを地元美術家に発表の場として提供。八木義徳、遠藤周作、桜田常久など地元作家とも交流があり、直木賞受賞の三浦しをんは、大学卒業後、しばらくここでアルバイトをしていた。三浦しをん原作の「まほろ駅前多田便利軒」が映画化され、舞台である町田駅前は一時期、その話題で持ちきりであった。小田急線町田駅から高原書店までの道を「まほろ横丁」と名づけ、高原陽子を中心に商店や飲食店が販促活動を熱心に行っている。参加店で配布している「まほろ横丁map」は映画の主演の2人が写っている。高原書店 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人横浜雙葉学園

    学校法人横浜雙葉学園から見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しをん - 作家--直木賞受賞作家学校法人横浜雙葉学園 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ヤングジャンプ

    月刊ヤングジャンプから見た三浦しをん三浦しをん

    風が強く吹いている(原作:三浦しをん、漫画:海野そら太、本誌より移籍、2008年9月号 - 2009年12月号)月刊ヤングジャンプ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード