前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • まほろ駅前多田便利軒

    まほろ駅前多田便利軒から見た三浦しをん三浦しをん

    『まほろ駅前多田便利軒』(まほろえきまえただべんりけん)は、三浦しをんによる日本の小説。第135回直木三十五賞受賞作品。文藝春秋より出版されている。また、それを原作とした漫画、映画、テレビドラマも作られている。まほろ駅前多田便利軒 フレッシュアイペディアより)

  • やおい

    やおいから見た三浦しをん三浦しをん

    4の意味は、漫画家で同人活動も長くしていたよしながふみが、同人誌業界でよく聞く使い方であると述べており、作家の三浦しをんも同じ意味で使うと述べている。最後まで平行線を保ちながらたまに交わる関係性であり、最初反発しあっているがだんだん好きになるという関係は含まれないという。よしながと三浦は、やおいの本質は「孤独と連帯」で、男性同士なら何でもやおいというわけではないと述べている。またよしながは、こういった関係性のキャラの間柄を妄想して二次創作でセックスさせることもやおいと言うから、世間はやおいと言うものを混同してしまっているが、性愛を含む関係性はやおいではないとしている。やおい フレッシュアイペディアより)

  • ボイルドエッグズ

    ボイルドエッグズから見た三浦しをん三浦しをん

    最初にエージェント契約を行なったのは、三浦しをん。三浦は、早川書房での入社試験の際、担当面接者であった編集者・村上に、入社試験作文から執筆の才を見出され、村上が早川書房を退社後に作家に転進するよう勧められた。ボイルドエッグズ フレッシュアイペディアより)

  • 腐女子

    腐女子から見た三浦しをん三浦しをん

    腐女子という存在は様々に分析されてきた。初期の分析は、なぜやおい・BLジャンルを愛好するのかという動機が観点だった。この観点での分析は、BL作家でもある中島梓(栗本薫)『コミュニケーション不全症候群』(1995年)が最初であり、当事者の視点に立った議論が展開された。やおい・BLジャンルを愛好するのは「男女差別の中で抑圧された女性性が自傷的行為に走らせているからだ」という理解が中心で、「女性が女性という性であること自体に対しての強い不適応感」や、「女性は選別される性として、他者からの承認によってしか自己肯定感を得ることができなかった」ということが問題視された。しかし、永久保陽子『やおい小説論』(2005年)以降は、抑圧からの逃避というより、女性によるジェンダーの娯楽化であると理解され、動機よりも作品で「なに」が描かれているかという観点にシフトしてきている。近年では、直木賞作家の三浦しをん、NHKアナウンサーの有働由美子、女優の二階堂ふみなど、BL愛読者であることを公言する女性著名人も増えた。腐女子 フレッシュアイペディアより)

  • 秋吉敦貴

    秋吉敦貴から見た三浦しをん三浦しをん

    茨城県生まれ。職を転々としながら、小説の執筆に取り組む。2015年、「明け方の家」(「ルーさん」より改題)で新潮社が主催する第14回女による女のためのR-18文学賞(大賞・友近賞)を受賞する(読者賞は、小林早代子の「くたばれ地下アイドル」)。選考委員の三浦しをんは、「荒削りな部分はあるが、とても情熱が感じられる作品」と評価している。好きな作家として、太宰治、アリス・マンロー、三浦しをん、古川日出男を挙げている。趣味は料理、園芸、水がきれいな場所に行くこと。茨城県在住。秋吉敦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 神去なあなあ日常

    神去なあなあ日常から見た三浦しをん三浦しをん

    『神去なあなあ日常』(かむさりなあなあにちじょう、The easy life in KAMUSARI )は、三浦しをんによる日本の青春小説。『本とも』にて2007年7月号から2008年7月号まで連載され、加筆修正の後、2009年に徳間書店より刊行された。本屋大賞で第4位。2012年に続編『神去なあなあ夜話』が刊行され、発行部数はシリーズ累計で35万部を超える。神去なあなあ日常 フレッシュアイペディアより)

  • 海野そら太

    海野そら太から見た三浦しをん三浦しをん

    2007年に三浦しをん原作の「風が強く吹いている」を『週刊ヤングジャンプ』、のち『月刊ヤングジャンプ』に連載した。海野そら太 フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張賞

    松本清張賞から見た三浦しをん三浦しをん

    2016年現在の選考委員は石田衣良、角田光代、中島京子、葉室麟、三浦しをんの5名。松本清張賞 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズラブ

    ボーイズラブから見た三浦しをん三浦しをん

    作家の三浦しをんによると、重厚なストーリー展開を持った「女の子向け男同士の恋愛」小説がハードカバーで発売され始めた頃、書店で「耽美」という名称が見られるようになった。その後、このジャンルの専門雑誌が多く創刊され、小説はノベルズサイズや文庫サイズになり、専門のコミックスのレーベルができ、その頃「ボーイズラブ」という名称を見かけるようになったという。三浦は、「ボーイズラブ」は、それまで書店で「耽美」と呼ばれていた女の子向けの男性同士の恋愛ものを、出版社がよりポップで手に取りやすいイメージにしたいと考えて作り出した名称のようで、「耽美」と「ボーイズラブ」は元々同じものを指しており、書店と出版社の立場(思惑)の違いで呼び名が違ってしまっただけだろうと述べている。三浦は、「耽美」と「ボーイズラブ」は乱暴にくくれば同じものを指す名称だが、絵柄や文体にも「耽美」っぽい、「ボーイズラブ」っぽいという違いはあり、内容については、登場人物がゲイである自分をなかなか受け入れられないなど、悩みや迷いが大きくなるほど「耽美」っぽくなり、男同士の恋愛に迷いもない明るい学園物などは「ボーイズラブ」っぽいと述べている。ボーイズラブ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しおん

    三浦しおんから見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しおん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード