49件中 11 - 20件表示
  • 2006年の文学

    2006年の文学から見た三浦しをん三浦しをん

    直木賞 - 三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋)、森絵都『風に舞いあがるビニールシート』(文藝春秋)2006年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • ブクログ

    ブクログから見た三浦しおん三浦しをん

    文庫本大賞:「風が強く吹いている」三浦しおんブクログ フレッシュアイペディアより)

  • 只隈伸也

    只隈伸也から見た三浦しをん三浦しをん

    2006年に発売された三浦しをん著書の箱根駅伝をテーマとした小説作品『風が強く吹いている』(新潮社、2006年9月初版、ISBN 978-4104541041)では作品協力を行なった。本作の執筆にあたって、三浦しをんは常連校の取材を重ねたため、本作の巻末謝辞内に「大東文化大学陸上競技部監督 只隈伸也さん」、「大東文化大学陸上競技部のみなさん」、「大東文化大学陸上競技部部長 青葉昌幸さん」と列記されている。只隈伸也 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦佑之

    三浦佑之から見た三浦しをん三浦しをん

    直木賞作家・三浦しをんの父である。三浦佑之 フレッシュアイペディアより)

  • 海野そら太

    海野そら太から見た三浦しをん三浦しをん

    2007年に三浦しをん原作の「風が強く吹いている」を『週刊ヤングジャンプ』、のち『月刊ヤングジャンプ』に連載した。海野そら太 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本佳野

    宮本佳野から見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しをん『シュミじゃないんだ』宮本佳野 フレッシュアイペディアより)

  • カップリング (同人)

    カップリング (同人)から見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しをんによれば、リバーシブルにはカップリング (同人) フレッシュアイペディアより)

  • SICKS

    SICKSから見た三浦しをん三浦しをん

    「FOR SEASON-野生の証明」のツアー中に初披露され、アルバム発売前の「メカラ ウロコ・7」でも披露された。吉井にとって『JAM』と並ぶほど特別な強い思い入れがあると語り、「裏JAM」と呼んでいるという。1番ではドラムを止めてサビに入るなど、過去にはやらなかったアレンジを試み、吉井自身「すごい自信になった曲ができた」と自負する。2010年3月に出版された三浦しをんの『天国旅行』はこの曲のタイトルからつけられ、本書の巻頭には歌詞が引用されている。SICKS フレッシュアイペディアより)

  • 橋本紡

    橋本紡から見た三浦しをん三浦しをん

    2008年よりコバルト・ノベル大賞、ロマン大賞の選考委員を、三浦しをん、古川日出男らと務める。橋本紡 フレッシュアイペディアより)

  • 大森 立嗣

    大森立嗣から見た三浦しをん三浦しをん

    高校生までは映画にほとんど興味がなかったが、大学で偶然入った映画サークル『8ミリ同好会』に所属したことから映画に興味を持ち始め、自主映画を作り始める。大学卒業後は俳優として活動し、その後荒井晴彦監督、阪本順治監督、井筒和幸監督、ホンマタカシの短編映画など様々な作品で助監督を務める。2001年(平成13年)、自らプロデュースし、出演した『波』(奥原浩志監督)で第31回ロッテルダム映画祭最優秀アジア映画賞“NETPAC AWARD”を受賞。2003年(平成15年)、『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎監督)の制作・公開に携わる。2005年(平成17年)、荒戸源次郎のプロデュースにより、花村萬月の芥川賞受賞作を原作に『ゲルマニウムの夜』で初監督。東京国立博物館の敷地内に特設映画館「一角座」にて、約半年に渡りロングラン上映。2010年(平成22年)、監督第二作目 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(松田翔太、高良健吾、安藤サクラ主演)が公開。なお同作品で2010年度(第51回)日本映画監督協会新人賞受賞。2011年(平成23年)、『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん原作、瑛太、松田龍平主演)が公開。大森立嗣 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード