82件中 11 - 20件表示
  • 月刊ヤングジャンプ

    月刊ヤングジャンプから見た三浦しをん三浦しをん

    風が強く吹いている(原作:三浦しをん、漫画:海野そら太、本誌より移籍、2008年9月号 - 2009年12月号)月刊ヤングジャンプ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン大賞

    ロマン大賞から見た三浦しをん三浦しをん

    2008?2009年度 大岡玲、桑原水菜、橋本紡、古川日出男、三浦しをんロマン大賞 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE書店!

    LOVE書店!から見た三浦しをん三浦しをん

    第19号:三浦しをんと、昼寝をしよう!LOVE書店! フレッシュアイペディアより)

  • 小説推理

    小説推理から見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しをん 「仏果を得ず」小説推理 フレッシュアイペディアより)

  • 岸本佐知子

    岸本佐知子から見た三浦しをん三浦しをん

    『『罪と罰』を読まない』三浦しをん, 吉田篤弘, 吉田浩美共著 文藝春秋 2015岸本佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 井鯉こま

    井鯉こまから見た三浦しをん三浦しをん

    神奈川県横浜市出身。東京外国語大学外国語学部を卒業する。2014年、「コンとアンジ」で筑摩書房と東京都三鷹市が共催する第30回太宰治賞を受賞する(選考委員:加藤典洋、小川洋子、荒川洋治、三浦しをん)。小川洋子は、「コンとアンジ」について「余計なことを書かないことによって、性別や国境、言葉の違いといった境界線をやすやすと飛び越え、ある種神話的な世界を作り上げている」と評価している。井鯉は、応募のきっかけについて、「子どもの夜泣きがなくなって自分の時間が持てるようになったこと」と語っている。中学生のときに太宰治作品を愛読していたという。井鯉こま フレッシュアイペディアより)

  • 岩城けい

    岩城けいから見た三浦しをん三浦しをん

    2013年5月、「さようなら、オレンジ」で第29回太宰治賞を受賞(受賞時ペンネームはKSイワキ)。選考委員は、加藤典洋、荒川洋治、小川洋子、三浦しをん。小説家デビューを果たす。なお、受賞時ペンネームのKSは、宝貝、カウリー・シェルの頭文字とされる。同年6月、同作を収録したムック本「太宰治賞2013」(筑摩書房編集部 編集 ISBN 978-4-480-80447-1)が刊行される。好評を呼び、異例の増刷となる。岩城けい フレッシュアイペディアより)

  • こなみ詔子

    こなみ詔子から見た三浦しをん三浦しをん

    ロマンス小説の七日間(著:三浦しをん、角川書店)こなみ詔子 フレッシュアイペディアより)

  • よしながふみ

    よしながふみから見た三浦しをん三浦しをん

    やまだないと・三浦しをん・羽海野チカ・萩尾望都・志村貴子らとの対談集。よしながふみ フレッシュアイペディアより)

  • 高原書店

    高原書店から見た三浦しをん三浦しをん

    目録を兼ねた冊子も刊行し、店内の美術サロンを地元美術家に発表の場として提供。八木義徳、遠藤周作、桜田常久など地元作家とも交流があり、直木賞受賞の三浦しをんは、大学卒業後、しばらくここでアルバイトをしていた。三浦しをん原作の「まほろ駅前多田便利軒」が映画化され、舞台である町田駅前は一時期、その話題で持ちきりであった。小田急線町田駅から高原書店までの道を「まほろ横丁」と名づけ、高原陽子を中心に商店や飲食店が販促活動を熱心に行っている。参加店で配布している「まほろ横丁map」は映画の主演の2人が写っている。高原書店 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード