82件中 31 - 40件表示
  • 小説家(ライター)になろう講座

    小説家(ライター)になろう講座から見た三浦しをん三浦しをん

    講師は主にプロの小説家であるが、文芸評論家や編集者が招かれることもある。小説家としては石田衣良、大沢在昌、村山由佳、平山夢明、三浦しをんなどさまざまなジャンルの書き手をカバーしており、評論家としては世話人の池上の他、杉江松恋などが講師をつとめている。本講座の生徒であった柚月裕子や深町秋生など、プロの小説家としてデビューした後に講師として招かれた者もいる。小説家(ライター)になろう講座 フレッシュアイペディアより)

  • 宮木あや子

    宮木あや子から見た三浦しをん三浦しをん

    神奈川県生まれ、東京都武蔵野エリア在住。13歳の時に小説を書きたいと感じ、15歳で小説家を志す。2006年、江戸時代を舞台にした小説『花宵道中』で第5回R-18文学賞大賞と読者賞を受賞しデビュー。デビュー時のプロフィールには「IT関連会社勤務」とあった。着道楽と海外旅行を趣味とし、三浦しをん、恩田陸、嶽本野ばらが好きなことを明かしている。宮木あや子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤比呂美

    伊藤比呂美から見た三浦しをん三浦しをん

    『能・狂言/説経節/曾根崎心中/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集10、2016・10、河出書房新社)能・狂言は岡田利規訳、曾根崎心中はいとうせいこう訳、菅原伝授手習鑑は三浦しをん訳、義経千本桜はいしいしんじ訳、仮名手本忠臣蔵は松井今朝子訳伊藤比呂美 フレッシュアイペディアより)

  • SICKS

    SICKSから見た三浦しをん三浦しをん

    「FOR SEASON-野生の証明」のツアー中に初披露され、アルバム発売前の「メカラ ウロコ・7」でも披露された。吉井にとって「JAM」と並ぶほど特別な強い思い入れがあると語り、「裏JAM」と呼んでいるという。1番ではドラムを止めてサビに入るなど、過去にはやらなかったアレンジを試み、吉井自身「すごい自信になった曲ができた」と自負する。2010年3月に出版された三浦しをんの『天国旅行』はこの曲のタイトルからつけられ、本書の巻頭には歌詞が引用されている。2013年に行われた『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票で5位を獲得した。SICKS フレッシュアイペディアより)

  • 著作権エージェント

    著作権エージェントから見た三浦しをん三浦しをん

    なおボイルドエッグズの契約第一号となった三浦しをんが日本で初めて代理人を仲介してデビューした作家である。他には万城目学や滝本竜彦などが、同様なルートでデビューを果たした。著作権エージェント フレッシュアイペディアより)

  • 村上達朗

    村上達朗から見た三浦しをん三浦しをん

    最初にエージェント契約を行なったのは、三浦しをん。早川書房での入社試験の際、当時編集者で担当面接者であった村上は、入社試験作文から執筆の才を見出した。三浦は面接で落とされたが、村上はボイルドエッグズ立ち上げのために退社後も三浦に作家に転進するよう勧めていた。村上達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本佳野

    宮本佳野から見た三浦しをん三浦しをん

    三浦しをん『シュミじゃないんだ』宮本佳野 フレッシュアイペディアより)

  • 只隈伸也

    只隈伸也から見た三浦しをん三浦しをん

    2006年に発売された三浦しをん著書の箱根駅伝をテーマとした小説作品『風が強く吹いている』(新潮社、2006年9月初版、ISBN 978-4104541041)では作品協力を行なった。本作の執筆にあたって、三浦しをんは常連校の取材を重ねたため、本作の巻末謝辞内に「大東文化大学陸上競技部監督 只隈伸也さん」、「大東文化大学陸上競技部のみなさん」、「大東文化大学陸上競技部部長 青葉昌幸さん」と列記されている。只隈伸也 フレッシュアイペディアより)

  • 金のティアラ大賞

    金のティアラ大賞から見た三浦しをん三浦しをん

    秋本治、いくえみ綾、一条ゆかり、神尾葉子、河原和音、くらもちふさこ、椎名軽穂、種村有菜、中原アヤ、ななじ眺、槇村さとる、森本梢子、矢沢あい、各誌編集長、松尾スズキ、三浦しをん金のティアラ大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小説宝石新人賞

    小説宝石新人賞から見た三浦しをん三浦しをん

    第4,5回 - 藤沢周、三浦しをん小説宝石新人賞 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード