100件中 41 - 50件表示
  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た堤千代

    2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た石川淳

    名前の由来 - 両親が、当時の世田谷の家の庭の紫苑の花から名付けた。ただし、後に母から石川淳『紫苑物語』が好きという意味もあったと聞いた。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た大森寿美男

    風が強く吹いている(2009年10月31日公開、配給:松竹、監督:大森寿美男、主演:小出恵介、林遣都)三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た阿部知二

    物心がついたころから、本を読むのが好きで、絵本や家の本棚にあった母が読んでいたらしい古い「少年少女のための日本文学宝玉集」阿部知二 他編(上・下)宝文館を愛読していた。小学生のころは、学校や区立の図書館で気になった本を手当たり次第に読んでいた。中学から高校時代は、泉鏡花、坂口安吾、丸山健二を愛読していたが、高校のころ村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、興奮して習作のハードボイルド調の小説を初めて書くが、大学時代に再読して稚拙のため没にする。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た中井英夫

    凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ(2004年9月 河出書房新社)「残酷な力に抗うために」三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た就職活動

    横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その活動中、早川書房の入社試験で、三浦の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が、三浦に執筆の才を見出した。村上の勧めを受けて三浦は、同年11月から、「Boiled Eggs Online」のサイトにおいて、ウィークリー読書エッセイ『しをんのしおり』の連載を始めた。同年末に村上は早川書房を退社し、著作権エージェント「ボイルドエッグズ」を設立し、三浦にも作家に転進するよう勧めた。出版社、編集プロダクションの面接を約20社受けるも、折柄の就職氷河期もあって全滅する。そのまま1999年(平成11年)3月に大学を卒業。友人の紹介で外資系出版社の事務のアルバイトをするが、同社の本国から英語で頻繁にかかってくる電話に対応できず約3か月で辞める。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た手塚治虫文化賞

    2004年(平成16年)から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年(平成20年)から太宰治賞の選考委員、2009年(平成21年)から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年(平成24年)からR-18文学賞の選考委員を務めている。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た早稲田大学

    横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その活動中、早川書房の入社試験で、三浦の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が、三浦に執筆の才を見出した。村上の勧めを受けて三浦は、同年11月から、「Boiled Eggs Online」のサイトにおいて、ウィークリー読書エッセイ『しをんのしおり』の連載を始めた。同年末に村上は早川書房を退社し、著作権エージェント「ボイルドエッグズ」を設立し、三浦にも作家に転進するよう勧めた。出版社、編集プロダクションの面接を約20社受けるも、折柄の就職氷河期もあって全滅する。そのまま1999年(平成11年)3月に大学を卒業。友人の紹介で外資系出版社の事務のアルバイトをするが、同社の本国から英語で頻繁にかかってくる電話に対応できず約3か月で辞める。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た本屋大賞

    2012年(平成24年)、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年(平成27年)、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

  • 三浦しをん

    三浦しをんから見た就職氷河期

    横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その活動中、早川書房の入社試験で、三浦の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が、三浦に執筆の才を見出した。村上の勧めを受けて三浦は、同年11月から、「Boiled Eggs Online」のサイトにおいて、ウィークリー読書エッセイ『しをんのしおり』の連載を始めた。同年末に村上は早川書房を退社し、著作権エージェント「ボイルドエッグズ」を設立し、三浦にも作家に転進するよう勧めた。出版社、編集プロダクションの面接を約20社受けるも、折柄の就職氷河期もあって全滅する。そのまま1999年(平成11年)3月に大学を卒業。友人の紹介で外資系出版社の事務のアルバイトをするが、同社の本国から英語で頻繁にかかってくる電話に対応できず約3か月で辞める。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。三浦しをん フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「三浦しをん」のニューストピックワード