前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
327件中 1 - 10件表示
  • 神奈川県

    神奈川県から見た三浦半島三浦半島

    県東部の横浜市、川崎市は、都市化・工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を形成する。県西部は緑豊かな丹沢山地から足柄山地、箱根山が連なり、酒匂川が流れる足柄平野には小田原城の城下町・小田原市が開ける。県中央部は相模原市、海老名市などの平野部で都市化・工業化が進んでおり、相模川が流れ平塚市から相模湾に注ぐ。県南東部は、海沿いに茅ヶ崎市、藤沢市が開け、鎌倉幕府が置かれた鎌倉市から、明治以来の軍港都市・横須賀市がある三浦半島にかけて、三浦丘陵が連なる。神奈川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋山の戦い

    石橋山の戦いから見た三浦半島三浦半島

    目代である山木兼隆を倒しても頼朝の兵力のみで伊豆1国を掌握するにはほど遠く、平家方の攻撃は時間の問題であった。頼朝は相模国三浦半島に本拠を置き大きな勢力を有する三浦一族を頼みとしていたが、遠路のためになかなか参着してこなかった。8月20日、頼朝はわずかな兵で伊豆を出て、土肥実平の所領の相模国土肥郷(神奈川県湯河原町)まで進出。これに対して、平家方の大庭景親が俣野景久、渋谷重国、海老名季員、熊谷直実ら3000余騎を率いて迎撃に向かった。石橋山の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀市

    横須賀市から見た三浦半島三浦半島

    横須賀市(よこすかし)は神奈川県南東部の三浦半島に位置する都市である。中核市に指定されている。横須賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 大楠山

    大楠山から見た三浦半島三浦半島

    大楠山(おおぐすやま)とは、横須賀市西部にある海抜241.3mの山である。三浦丘陵の一角をなし、三浦半島最高峰として知られる。関東100名山の第100番目でもある。大楠山 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南電気鉄道

    湘南電気鉄道から見た三浦半島三浦半島

    湘南電気鉄道(しょうなんでんきてつどう)は、大正末期に設立され、昭和初期に横浜から三浦半島地域への輸送を行っていた日本の電気鉄道会社である。湘南電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉

    鎌倉から見た三浦半島三浦半島

    鎌倉(かまくら)は、現在の神奈川県鎌倉市の中心部に当たる地域。源頼朝を旗頭として、北条時政、北条義時らによって鎌倉幕府が置かれた都市であり、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面している。古くは鎌府(れんぷ)とも呼ばれた。三方を山に、一方を海に囲まれている。鎌倉 フレッシュアイペディアより)

  • 剱崎

    剱崎から見た三浦半島三浦半島

    剱崎(つるぎざき)(※表記、呼称については「」の項目参照)は、神奈川県三浦市南下浦町松輪、三浦半島東南端に位置する岬である。かながわの景勝50選に指定されている。剱崎 フレッシュアイペディアより)

  • ヨコハマ買い出し紀行

    ヨコハマ買い出し紀行から見た三浦半島三浦半島

    「お祭りのようだった世の中」がゆっくりと落ち着き、のちに「夕凪の時代」と呼ばれる近未来の日本(主に三浦半島を中心とした関東地方)を舞台に、「ロボットの人」である主人公初瀬野アルファとその周囲の人々の織りなす「てろてろ」とした時間を描いた作品。ヨコハマ買い出し紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の捕鯨

    日本の捕鯨から見た三浦半島三浦半島

    『鯨記』(1764年・明和元年著)によれば、大型のクジラに対しての突き取り式捕鯨(銛ではなく矛であった)が最初に行われたのは1570年頃の三河国であり6?8艘の船団で行われていたとされる。16世紀になると鯨肉を料理へ利用した例が文献に見られる。それらの例としては、1561年に三好義長が邸宅において足利義輝に鯨料理を用意したとする文献が残されている。この他には1591年に土佐国の長宗我部元親が豊臣秀吉に対して鯨一頭を献上したとの記述がある。これらはいずれも冬から春にかけてのことであったことから、この時季に日本列島沿いに北上する鯨を獲物とする常習的な捕鯨が開始されていたと見られる。三浦浄心が1614年(慶長15年)に著したとされる『慶長見聞集』によると、尾張と伊勢では鯨を突いていたが、関東では突くことはなかった。文禄期(1592?1596年)に尾張の鯨突きの間瀬助兵衛が相模三浦に来て、鯨の突き取り漁が三浦半島に伝わったことが記述されている。日本の捕鯨 フレッシュアイペディアより)

  • 石見 (戦艦)

    石見 (戦艦)から見た三浦半島三浦半島

    6月6日、日本海軍は「オリョール」を一等戦艦「石見」と改名した。その後、7月末から1907年11月にかけて呉海軍工廠で本格的な大修理と戦訓に基づいた改装を行い、1908年11月に艦隊へ編入させた艦である。1912年(大正元年)8月28日、一等海防艦に類別変更。1922年(大正11年)9月1日に除籍。1923年(大正12年)7月に航空攻撃の実艦的となり、城ヶ島(三浦半島)近海で沈没した。石見 (戦艦) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
327件中 1 - 10件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード