前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示
  • 神奈川県

    神奈川県から見た三浦半島三浦半島

    県東部の横浜市、川崎市は、都市化・工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を形成する。県西部は緑豊かな丹沢山地から足柄山地、箱根山が連なり、酒匂川が流れる足柄平野には小田原城の城下町・小田原市が開ける。県中央部は相模原市、海老名市などの平野部で都市化・工業化が進んでおり、相模川が流れ平塚市から相模湾に注ぐ。県南東部は、海沿いに茅ヶ崎市、藤沢市が開け、鎌倉幕府がおかれた鎌倉市から、明治以来の軍港都市・横須賀市がある三浦半島にかけて、三浦丘陵が連なる。神奈川県 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た三浦半島三浦半島

    日本最大の平野「関東平野」が中央に広がり、北西側は山岳地帯、東南側は太平洋に面する。関東の東部には房総半島(千葉県)、南部には三浦半島(神奈川県)が太平洋に突き出しており、房総半島と三浦半島の間に東京湾、三浦半島と真鶴半島の間に相模湾を形成する。また、地理的な一体性は薄いが旧伊豆国である東京都島嶼部も東京都の管轄下にあるため、行政的には関東地方である。なお関東地方には山梨県を含むケースもあるが、ここでは取り上げない。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋山の戦い

    石橋山の戦いから見た三浦半島三浦半島

    目代である山木兼隆を倒しても頼朝の兵力のみで伊豆1国を掌握するにはほど遠く、平家方の攻撃は時間の問題であった。頼朝は相模国三浦半島に本拠を置き大きな勢力を有する三浦一族を頼みとしていたが、遠路のためになかなか参着してこなかった。8月20日、頼朝はわずかな兵で伊豆を出て、土肥実平の所領の相模国土肥郷(神奈川県湯河原町)まで進出。これに対して、平家方の大庭景親が俣野景久、渋谷重国、海老名季員、熊谷直実ら3000余騎を率いて迎撃に向かった。石橋山の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀市

    横須賀市から見た三浦半島三浦半島

    横須賀市(よこすかし)は、神奈川県南東部の三浦半島に位置する都市である。東京湾と相模湾に面する国際港湾都市。中核市に指定されている。横須賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南電気鉄道

    湘南電気鉄道から見た三浦半島三浦半島

    湘南電気鉄道(しょうなんでんきてつどう)は、大正末期に設立され、昭和初期に横浜から三浦半島地域への輸送を行っていた日本の電気鉄道会社である。湘南電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 大楠山

    大楠山から見た三浦半島三浦半島

    大楠山(おおぐすやま)とは、横須賀市西部にある海抜241.3mの山である。三浦丘陵の一角をなし、三浦半島最高峰として知られる。関東100名山の第100番目でもある。大楠山 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀水道

    浦賀水道から見た三浦半島三浦半島

    浦賀水道(うらがすいどう)は、三浦半島と房総半島に挟まれた海峡である。太平洋と東京湾とをつないでいる。広義では東京湾の一部とされることもある。浦賀水道 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉

    鎌倉から見た三浦半島三浦半島

    鎌倉(かまくら)は、現在の神奈川県鎌倉市の中心部に当たる地域。源頼朝によって鎌倉幕府が置かれた都市であり、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面している。古くは鎌府(れんぷ)とも呼ばれた。鎌倉 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た三浦半島三浦半島

    東京地区の電車特定区間(E電)の路線・運転系統の一つであり、東京都心と、鎌倉市や逗子市・横須賀市などの三浦半島内の各都市とを結ぶ。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 京浜急行バス

    京浜急行バスから見た三浦半島三浦半島

    路線バスの営業範囲は、東京都南東部から神奈川県東部の三浦半島にまでわたり、品川・横浜などと全国各地を結ぶ高速バスや、アクアライン経由路線、羽田空港のアクセスを担うリムジン路線も数多く運行している。京浜急行バス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード