327件中 91 - 100件表示
  • 海南神社

    海南神社から見た三浦半島三浦半島

    清和天皇の治世、皇位継承争いに絡んで讒訴を蒙り左遷された藤原資盈が貞観6年(864年)、任地の筑紫国へ赴く途中で暴風によって三浦半島に漂着、当地の長に推戴された。その後資盈は房総の海賊を平定し、また福祉に努めたため地元民から崇敬され、貞観8年(866年)に資盈が没すると、地元民は祠を建てて祀った。天元5年(982年)になると、現在の地に社殿が建立され、三浦郡の総社となった。海南神社 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本城

    杉本城から見た三浦半島三浦半島

    相模国における杉本城は、三浦氏の棟梁である三浦義明の長子で杉本氏の祖 杉本義宗が三浦半島を出て鎌倉郡杉本郷に居を構えて築城した。同地は三浦氏の勢力下で六浦道を抑える要衝であった。義宗は三浦氏の勢力が及ぶ安房国に水軍率いて出陣し、長狭常伴と合戦に及び待ち構えていた長狭勢からの矢傷が原因で杉本城内で亡くなるが、その後、義宗の長子、和田義盛は三浦郡和田郷に拠点を構え、義宗の次男、義茂が入城し、杉本の家督と城を守った。杉本城 フレッシュアイペディアより)

  • 仄暗い水の底から

    仄暗い水の底からから見た三浦半島三浦半島

    三浦半島東端「観音崎」を散歩する老婆・佳代と孫娘・悠子の物語。「海に沈む森」につながるアイテムが登場し東京湾にまつわる物語のまとめ役となる。佳代はそのアイテムをその一家の元へ届けようとする。仄暗い水の底から フレッシュアイペディアより)

  • 衣笠 (重巡洋艦)

    衣笠 (重巡洋艦)から見た三浦半島三浦半島

    艦内神社は京都府の平野神社と、神奈川県横須賀市三浦半島の走水神社。衣笠竣工後の1927年(昭和3年)1月12日、衣笠副長は平野神社、走水神社、衣笠神社に奉納額用と絵葉書用の艦写真を送付しようとしている。衣笠 (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 葉山国際カンツリー倶楽部

    葉山国際カンツリー倶楽部から見た三浦半島三浦半島

    葉山国際カンツリー倶楽部(はやまこくさいカンツリーくらぶ)は、神奈川県南東、三浦半島中央部にあるゴルフ場である。大楠山付近の葉山町と横須賀市にまたがる山間部にコースが設置されている。所在地は三浦郡葉山町木古庭1043-1。葉山国際カンツリー倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 1月1日 (旧暦)

    1月1日 (旧暦)から見た三浦半島三浦半島

    明治2年(グレゴリオ暦1869年2月11日) - 三浦半島東端に日本初の洋式燈台・観音崎燈台が完成1月1日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 内裏塚古墳群

    内裏塚古墳群から見た三浦半島三浦半島

    また6世紀後半に前方後円墳の築造が盛んとなる現象は、上野、下野、常陸、武蔵、下総といった関東地方各地で見られる現象で、上総でも金鈴塚古墳に代表される祇園・長須賀古墳群、山武市にある大堤権現塚古墳に代表される大堤・蕪木古墳群といった、墳丘長100メートルを越える規模の前方後円墳を盟主墳とした古墳群が造営される。6世紀後半は全国的に見ると前方後円墳の築造は下火になりつつあり、築造が終了した地域もあるが、関東地方のみこれまでみられないほど盛んに前方後円墳が造営され続けていた。これはヤマト王権が王権を支える経済的、軍事的基盤として当時の関東地方を重視していたことの現れと見られている。内裏塚古墳群の場合、隣の祇園・長須賀古墳群の盟主墳の被葬者と同じく、三浦半島から房総半島へ向かう交通の要衝を押さえることにより勢力を強め、同時期の関東各地の有力首長の一員としてヤマト王権に重要視されるようになったと考えられる。またヤマト王権で重視されるようになっていく中で、内裏塚古墳の盟主墳に葬られた首長は王権との直接的な関係を結ぶようになり、その結果として首長権の固定化が進み、内裏塚古墳群の被葬者は、やがて国造となっていったものと想定される。内裏塚古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦丘陵

    三浦丘陵から見た三浦半島三浦半島

    三浦丘陵(みうらきゅうりょう)は、三浦半島を南北に連なる丘陵である。北側で多摩丘陵と地形的につながっている。最高標高は241m(大楠山)と低く、東京・横浜方面からは横須賀線や京急各線を利用して手軽に登ることができるハイキングコースとなっている。三浦丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 武山

    武山から見た三浦半島三浦半島

    武山(たけやま)とは、横須賀市南部に位置する海抜206.1mの山である。三浦半島中央部に位置する三浦丘陵の一角をなす。武山 フレッシュアイペディアより)

  • 久木 (逗子市)

    久木 (逗子市)から見た三浦半島三浦半島

    1883年(明治16年)には、久木村北部から小坪村を経て鎌倉に抜ける、浦賀道で最初のトンネルである小坪隧道と名越隧道が開通した。これは三浦半島の交通発展のための公的新道建設を訴えたものの容れられず、小坪村の高橋安行、久木村の松岡富道の2名が発起人となって基金を募り、民間の手で開削されたものだった。久木 (逗子市) フレッシュアイペディアより)

327件中 91 - 100件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード