248件中 91 - 100件表示
  • 筏釣り

    筏釣りから見た三浦半島三浦半島

    関東地区には房総半島、三浦半島に数件あるのみで中部、西日本にて盛んなようである。。筏釣り フレッシュアイペディアより)

  • 湘南鷹取

    湘南鷹取から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の東京湾側に位置し、本来湘南と呼ばれる地域ではないが、そのイメージのよさから地名に採用されたという由来のほか、湘南電気鉄道から採用の由来という意見もあり、真実は不明である。湘南鷹取 フレッシュアイペディアより)

  • 初声村

    初声村から見た三浦半島三浦半島

    初声村は現在の三浦半島南西部に位置し、北は横須賀市、東は三浦市南下浦地域(旧三浦郡南下浦町)西は相模湾に面し、南は三浦市三崎地域(旧三浦郡三崎町)に面している。初声町高円坊 - 初声町和田 - 初声町下宮田 - 初声町入江 - 初声町三戸の5地区に分かれており、現在の合計人口は10,910人。(2009年9月現在)初声村 フレッシュアイペディアより)

  • A Y.M.O. FILM PROPAGANDA

    A Y.M.O. FILM PROPAGANDAから見た三浦半島三浦半島

    1月15日 三浦半島 油壷(坂本龍一)A Y.M.O. FILM PROPAGANDA フレッシュアイペディアより)

  • 礼砲

    礼砲から見た三浦半島三浦半島

    日本国を訪問する友好国の軍艦が東京湾を訪問する際には、3門のMk 22 3インチ砲が設置されている三浦半島先端の観音崎警備所の礼砲台にて、水道通過時に礼砲が実施されている。海上自衛隊の自衛艦が外国を訪問する際にも礼砲が実施されている。礼砲 フレッシュアイペディアより)

  • 三木卓

    三木卓から見た三浦半島三浦半島

    1980年代からは三浦半島のリゾートマンション(横須賀市芦名)に住み、小説を書くようになる(「海辺で」)。1984年に児童文学『ぽたぽた』で野間児童文芸賞、1986年に小説『馭者の秋』で平林たい子文学賞、1989年に小説『小噺集』で芸術選奨文部大臣賞する。三木卓 フレッシュアイペディアより)

  • クマゼミ

    クマゼミから見た三浦半島三浦半島

    クマゼミは大昔の温暖期(縄文時代など)には南関東の広域で棲息していたが、寒冷期(弥生時代以降)になって南関東の大部分でクマゼミが死滅し、冬でも比較的温暖な房総半島南部や三浦半島南端のみ(特に城ヶ島)に生き残るだけとなったと言われている。これは、温暖期に北海道の広域でミンミンゼミが棲息していたが寒冷期になって、冬でも比較的温暖な道南や地熱の高い屈斜路湖の和琴半島のみに生き残ったのと同じ原理である。そして、再び現在の温暖期になり、南関東の広範囲でクマゼミが棲息可能地域となった。さらに近年の急速な温暖化とあいまって、クマゼミの北上・東進が目立っている。特に茅ヶ崎・平塚や横須賀市南部、あるいは北陸の金沢では最前線に近い地域となっている。クマゼミ フレッシュアイペディアより)

  • 真鶴岬

    真鶴岬から見た三浦半島三浦半島

    真鶴岬(まなづるみさき)は、神奈川県足柄下郡真鶴町にある岬である。神奈川県南西部、真鶴半島先端に位置し、相模灘に向けて突き出す。当地と三浦半島南端沖に浮かぶ城ヶ島を結ぶ線より北側の海域が相模湾と呼ばれ、南側は相模灘と呼ばれている。真鶴岬 フレッシュアイペディアより)

  • 水軍

    水軍から見た三浦半島三浦半島

    また、安芸の小早川氏、伊予の越智氏や河野氏、三浦半島の三浦氏、津軽の安東氏などは、陸の武士であると同時に支配下の沿海土豪からなる水軍を擁した海賊衆でもあった。水軍 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所

    東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の西南端の三崎に所在する。油壺湾と諸磯湾の入口にあたり、豊かな生物相を有しており、この付近で採集可能な動物種は500種を超えるという。東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所 フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード