327件中 11 - 20件表示
  • さわやか自然百景

    さわやか自然百景から見た三浦半島三浦半島

    6月 - 奥日光、富山湾、三浦半島、北海道・別寒辺牛湿原さわやか自然百景 フレッシュアイペディアより)

  • 伊能忠敬

    伊能忠敬から見た三浦半島三浦半島

    今回の測量から、歩測ではなく間縄を使って距離を測ることにした。一行は三浦半島を一周し、鎌倉では鶴岡八幡宮を参詣、さらに伊豆半島を南下して、5月13日に下田に到着した。伊豆半島の道は断崖絶壁で測量が難しく、海が荒れる中で船を出して縄を張って距離を求めたり、岩をよじのぼって方角を測ったりするなど、苦労を重ねた。荷物を運ぶのにも労を要したが、聞いた話によると、下田から先の伊豆半島西海岸はこれに輪をかけて大変だということなので、ここまで持ってきた大方位盤は江戸に送り返すことにした。伊能忠敬 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た三浦半島三浦半島

    東京湾沿いは埋立地が多く、浦賀水道の対岸に三浦半島がある。太平洋沿いは九十九里浜が面し、九十九里平野が広がる。半島南部には房総丘陵、半島中央部には上総丘陵と上総台地 、半島北部には下総台地があり、これらの台地や丘陵には縄文期の侵食によってできた谷底平野(谷津田)が見られる。一方で半島の北部から中部にかけて下総台地を囲む形で北西に江戸川低地、西に東京湾岸低地、北に利根川下流低地、東に九十九里沖積低地が分布する。千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • ダイコン

    ダイコンから見た三浦半島三浦半島

    日本には弥生時代には伝わっており、平安時代中期の『和名類聚抄』巻17菜蔬部には、園菜類として於保禰(おほね)が挙げられている。ちなみにハマダイコンまたはノダイコンと見られる古保禰(こほね)も栽培され、現在のカイワレダイコンとして用いられていた。江戸時代には関東の江戸近郊である板橋、練馬、浦和、三浦半島辺りが特産地となり、その中で練馬大根は特に有名であった。ダイコン フレッシュアイペディアより)

  • 京浜急行バス

    京浜急行バスから見た三浦半島三浦半島

    路線バスの営業範囲は、東京都南東部から神奈川県東部の三浦半島にまでわたり、品川・横浜などと全国各地を結ぶ高速バスや、アクアライン経由路線、羽田空港のアクセスを担うリムジン路線も数多く運行している。京浜急行バス フレッシュアイペディアより)

  • 葉山町

    葉山町から見た三浦半島三浦半島

    葉山町(はやままち)は、神奈川県の三浦半島西部に位置する町である。現在、三浦郡に属する唯一の自治体となっている。葉山町 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た三浦半島三浦半島

    横須賀線は、東京地区の電車特定区間(E電)の路線・運転系統の一つであり、東京都心と、鎌倉市や逗子市・横須賀市などの三浦半島内の各都市とを結ぶ路線である。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 東京湾

    東京湾から見た三浦半島三浦半島

    狭義には三浦半島の観音崎と房総半島の富津岬を結んだ線の北側(図のピンク色の範囲)、広義には三浦半島の剱崎と房総半島の洲崎を結んだ線より北側、すなわち浦賀水道(図の水色の範囲:外湾と呼ぶ場合がある)を含んだ海域を指す。狭義の海域について気象庁の津波予報区としては「東京湾内湾」と称する。東京湾 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀水道

    浦賀水道から見た三浦半島三浦半島

    浦賀水道(うらがすいどう)は、三浦半島と房総半島に挟まれた海峡である。太平洋と東京湾とをつないでいる。広義では東京湾の一部とされることもある。浦賀水道 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦時高

    三浦時高から見た三浦半島三浦半島

    永享10年(1438年)、持氏は関東管領・上杉憲実討伐のために武蔵高安寺に入り、時高は鎌倉府の留守を命じられた。ところが、室町幕府6代将軍・足利義教が持氏討伐を命じると、そのまま幕府軍迎撃のために箱根山に向かった持氏を横目に時高は上杉氏と結んで叛旗を翻し、三浦半島から軍を引き入れて鎌倉を占領して足利持氏・義久父子を自害に追い込んだ(永享の乱)。三浦時高 フレッシュアイペディアより)

327件中 11 - 20件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード