248件中 21 - 30件表示
  • 田中百畝

    田中百畝から見た三浦半島三浦半島

    教育者を志し1927年、東京商科大学(現:一橋大学)教員養成所を卒業。教職にあったが1932年、京浜電気鉄道(現:京浜急行電鉄)に入社。1939年同社常務、東京地下鉄専務、東京急行電鉄専務を経て、1946年京浜百貨店(現:京急ストア)社長に就任。戦後、京浜急行の東急からの分離独立運動に尽力。1948年京浜急行電鉄発足後の1950年、同社社長に就任。川崎鶴見臨港バスの買収、都営地下鉄との提携による都心乗り入れ、平和島温泉の建設、三浦半島の開発など沿線地域の開発に敏腕をふるい京急発展の礎を築いた。温厚篤実な性格で人望を集め多くの要職を務め1962年、運輸大臣賞、1964年には従四位勲三等旭日中綬章が贈られた。14年間、京急社長を務め在任中の1964年死去。田中百畝 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎城

    三崎城から見た三浦半島三浦半島

    戦国時代初期に三浦義同が伊勢盛時(北条早雲)に城を囲まれて3年にわたって篭城戦が繰り広がれたが、ついに陥落して相模三浦氏は滅亡した(新井城の戦い)。その後、盛時(早雲)によって大規模な改築が行われて安房の里見氏に対する備えとした。実際に新井・三崎の両城は何度か里見氏によって攻め落とされて三浦半島南部が里見領になった時期もある。後に盛時(早雲)の孫の北条氏康がこの地を奪還すると、息子の氏規を三崎城主とした。三崎城 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮の戦い

    鶴岡八幡宮の戦いから見た三浦半島三浦半島

    古河公方足利政氏の子で鶴岡八幡宮若宮別当(雪下殿)の地位にあった空然(後の足利義明)が、真里谷武田氏の支援を受けて下総国小弓城に入ったのは永正14年(1517年)から大永初年と推定されている。義明は兄の足利高基が父を追って古河公方の地位に就くと、兄からの自立を図るようになり、小弓公方と称した。小弓公方の元には南総の諸勢力が結集する形となり、里見氏・真里谷武田氏・臼井氏などがこれに応じた。一方、古河公方の元にも北総の諸勢力が結集する形となり、結城氏・庁南武田氏・千葉氏などがこれに応じた。小弓公方と古河公方の対立の最大の焦点は関東公方の正当な継承者に関する問題であったが、同時に房総地域、とりわけ下総国の支配権を巡る対立でもあった。小弓公方にとっては下総一国を掌握するには本佐倉城・関宿城を押さえて下総最北部にある古河公方の根拠である古河城を手に入れる必要があり、反対に古河公方にとっても下総一国を掌握するには本佐倉城・関宿城を足がかりにして下総国最南部にある小弓公方の根拠である小弓城を手に入れる必要があった。永正16年(1519年)には真里谷武田氏の椎津城に古河公方側の結城六郎らが攻めよせている。この六郎は後に結城氏と山川氏の間で行われた小山氏の継承戦争に勝利して小山氏の家督を継いだ人物であり、この戦いは房総半島だけではなく関東地方全体に拡大する可能性を秘めていた。そのような時に伊豆・相模を平定し、三浦半島にその姿を見せたのが北条(伊勢)氏であった。同氏と房総半島との関わりは初代伊勢盛時(北条早雲)在世中の永正13年(1516年)に遡るが、この時には真里谷氏・足利義明側での参戦であったとみられている。つまり、当初は後年のように小弓公方や里見氏と北条氏は敵対関係ではなかったのである。そして、当時の北条氏に対しては小弓公方・古河公方双方が自陣営に加えようと政治工作を行った。また、北条氏としても当時の鎌倉における宗教的な象徴であった雪下殿であった義明との関係維持は自己の相模支配の上でも有効とみなしていた。これに北条氏と対立する扇谷上杉氏・山内上杉氏を交えて複雑な外交関係が展開されることになった。鶴岡八幡宮の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 金鈴塚古墳

    金鈴塚古墳から見た三浦半島三浦半島

    これら前方後円墳の築造状況や副葬品の内容から、当時のヤマト王権内で関東地方が占める役割が増大していたことと、その中でも小櫃川流域の首長と見られる金鈴塚古墳の被葬者が占める地位の重要性が伺える。これはヤマトタケルの伝承にも伺えるように、古代、三浦半島から房総半島へ向かう海上交通路があり、その房総半島側の上陸点近くにある小櫃川流域の首長は、交通の要衝を押さえることによって重要な地位を占めるようになったと考えられている。金鈴塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南ハイランド

    湘南ハイランドから見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の南東側に位置し、北に東京湾東に浦賀水道西に遠く相模湾や富士山、水平線越しに房総半島や伊豆大島なども眺望する。高台に設置され、域内にはテニスコートや縦50mのプールを設備するハイランドスポーツセンターなどがあり、広い街区(分譲当時は一区画200?以上のみ)で閑静な住宅街を形成する。域内への流入出路で自動車通行可能箇所が少なく、朝などは一方通行になる箇所も多く慢性的な渋滞が課題となっている。湘南ハイランド フレッシュアイペディアより)

  • 大矢部温泉

    大矢部温泉から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島では市街地やその周辺に温泉が点在しているが、大矢部温泉も市街地に湧出する温泉のひとつである。大矢部温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城ヶ島灯台

    城ヶ島灯台から見た三浦半島三浦半島

    城ヶ島灯台(じょうがしまとうだい)とは、神奈川県南東部、三浦半島南端沖に浮かぶ城ヶ島西端の長津呂崎にある灯台。標高約 30 m の崖上に建ち、相模灘を照らす。周辺は太平洋を望む景勝地で、海岸の磯は観光客で賑う。日本で5番目に点灯した西洋式灯台で、現在の灯台は2代目のもの。城ヶ島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 名越 (鎌倉市)

    名越 (鎌倉市)から見た三浦半島三浦半島

    「名越」の地名は、かつての三浦方面への旧道(鎌倉・三浦往還〈三浦道〉:現在の県道311号、鎌倉期の大町大路にほぼ沿う)で、このあたりの坂及び切通しが難所で、「難越」(なこし)と呼ばれたことに由来すると言われる。文献上では、『吾妻鏡』中に、天福元年(1233年)の殺人事件に言及した記述に「名越坂」の記述が見える。また、建永元年(1206年)に源実朝の「名越山」で雪見をした旨、承久元年(1219年)の鎌倉の大火が名越山の際まで及んだ旨の記述がある。よって、鎌倉時代の極初期には、「名越」の地名の表記は成立していたと思われる。名越 (鎌倉市) フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀共済病院

    横須賀共済病院から見た三浦半島三浦半島

    1906年(明治39年)に横須賀海軍工廠職員の診療を目的として開設。第二次世界大戦後、職域病院から一般市民に開放し、横須賀市、三浦半島における中核病院として数々の名称変更を重ね、現在に至る。横須賀共済病院 フレッシュアイペディアより)

  • 葉山層群

    葉山層群から見た三浦半島三浦半島

    葉山層群(はやまそうぐん)は、神奈川県三浦半島の中央部に帯状に分布する海成層で、2列の地塁を形成し三浦半島中央部を西北西から東南東方向に横断して分布する。葉山層群 フレッシュアイペディアより)

248件中 21 - 30件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード