327件中 31 - 40件表示
  • 神奈川県道216号油壷線

    神奈川県道216号油壷線から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県道216号油壷線(かながわけんどう216ごう あぶらつぼせん)は、神奈川県三浦市を通る一般県道。相模湾に面した油壺地域から三浦半島内陸部を走る神奈川県道26号横須賀三崎線に至るルートである。沿線の地域名は「油壺」であるが、道路の名称は異体字である「油壷」が使われる。神奈川県道216号油壷線 フレッシュアイペディアより)

  • テッポウエビモドキ

    テッポウエビモドキから見た三浦半島三浦半島

    日本ではもう一種、エクボテッポウエビモドキ B. gelasinifer Nomura et Komai, 2000 が発見されている。頭胸甲長4-7mm、体長20mmほどの小型種である。鉗脚の可動指が下側にあるのはテッポウエビモドキと共通しているが、顆粒はない。これまでに本州南岸の浜名湖、三浦半島、房総半島からのみ記録されている。テッポウエビモドキ フレッシュアイペディアより)

  • 火と汐

    火と汐から見た三浦半島三浦半島

    秘密の旅行ゆえ、事情を告げるわけにもいかず、困惑したまま晋吉は東京へ戻った。8月18日の新聞記事に晋吉は驚く。美弥子の夫・芝村の乗るヨットが、油壺に帰着する途中、三浦半島沖合で、ワイルドジャイブを起こし、同乗者の上田伍郎が死亡したという。美弥子のことを言えぬまま、入院した芝村に見舞いの電話をかける晋吉。ところが、美弥子の死体が晋吉の自宅近くで発見され、芝村と顔見知りだった晋吉は、警察に参考人として呼ばれてしまう……。火と汐 フレッシュアイペディアより)

  • 九条塚古墳

    九条塚古墳から見た三浦半島三浦半島

    内裏塚古墳群の被葬者は、やがて須恵国造になっていく系列の首長であると考えられている。九条塚古墳の被葬者は、隣の祇園・長須賀古墳群の盟主墳の被葬者と同じく、三浦半島から房総半島へ向かう交通の要衝を押さえることにより勢力を強め、同時期の関東各地の有力首長の一員としてヤマト王権に重要視されるようになったと考えられる。またヤマト王権で重視されるようになっていく中で、内裏塚古墳の盟主墳に葬られた首長は王権との直接的な関係を結ぶようになり、その結果として首長権の固定化が進み、やがて国造となっていったものと想定される。その一方で内裏塚古墳群にほど近い富津の海岸で産出される砂岩が、埼玉古墳群の将軍山古墳の石室に用いられるなど、関東地方の有力首長との交流も進めていたことがわかる。九条塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • スベスベマンジュウガニ

    スベスベマンジュウガニから見た三浦半島三浦半島

    本種は有毒ガニであり食べられない。これまでにこのカニから検出された毒成分には、麻痺性貝毒(PSP)の成分のゴニオトキシン、サキシトキシン、ネオサキシトキシン、テトロドトキシン(フグ毒、TTX)があり、生息地によって成分の構成比、毒量が大きく異なる。分布北限近くの神奈川県三浦半島のものはフグ毒を主成分とし、沖縄などの亜熱帯のものは、個体によって麻痺性貝毒を主成分とするものとフグ毒を主成分とするものがあり、中間域ともいえる徳島県淺川湾のものでは、1個体が両毒を合わせもっているとの報告がある(西尾、1991年)。これらの毒は基本的には餌に由来すると推測されており、生息環境によって餌にする生物が異なることが毒の成分や量の違いの原因だと考えられている。体内での合成や、共生微生物の存在などについてはまだわかっていない。沖縄県石垣島のリーフで採集された標本の場合、筋肉中に1000 MU/g以上の毒を含んでいた例もあり、充分に致死量の毒を含んでいると言える。スベスベマンジュウガニ フレッシュアイペディアより)

  • 八菅山いこいの森

    八菅山いこいの森から見た三浦半島三浦半島

    中津川の西側に位置する八菅山いこいの森は、自然環境に恵まれた森林を保全し、自然とふれあえるよう開設されたもので、由緒ある八菅神社や、樹齢300年とも言われる老杉、アカマツなどの樹木や他の植物も多く、野鳥のさえずりを聞くことも出来る。225mの八菅山の頂上付近には展望台があり、愛川町のみならず天候にもよるが東京・横浜、三浦半島まで十分に見渡せる雄大なパノラマの景観が魅力。愛川町新町発足30周年を記念して整備されたもので、約30種類のアスレチックのあるハイキングコースはややハードながら散策に適していて、かながわの公園50選にも選定されている。八菅山いこいの森 フレッシュアイペディアより)

  • 名越切通

    名越切通から見た三浦半島三浦半島

    切通を含む名越路(名越坂とも)は、より南側にある小坪路とともに、かつては鎌倉から三浦半島へ連絡する数少ない陸路であった。地域名ともなっている「名越」の名は、この道が峻険で「難越」(なこし)と呼ばれたことに由来すると言われる。名越切通 フレッシュアイペディアより)

  • ユニオネックス

    ユニオネックスから見た三浦半島三浦半島

    なお、三浦半島などにおいて使われる呼称「横三」(よこさん)とは横須賀と三浦を合わせて指す語である。三浦半島参照。ユニオネックス フレッシュアイペディアより)

  • 立石公園 (横須賀市)

    立石公園 (横須賀市)から見た三浦半島三浦半島

    立石(たていし)とは、三浦半島の秋谷海岸に突き出した高さ12m、周囲約30mの自然に出来た巨岩のこと。背後の相模湾はもちろん、条件がそろえば丹沢や富士山も見渡せるこの土地は古くから景勝地として知られる。歌川広重が「相州三浦秋屋の里」を描いたことでも有名。立石公園 (横須賀市) フレッシュアイペディアより)

  • 久里浜商店街

    久里浜商店街から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の産品を扱い地産地消を推進するアンテナショップの開店。久里浜商店街 フレッシュアイペディアより)

327件中 31 - 40件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード