248件中 31 - 40件表示
  • 海上交通安全法別表に掲げる航路

    海上交通安全法別表に掲げる航路から見た三浦半島三浦半島

    所在海域は東京湾中ノ瀬の南方から久里浜湾沖に至る海域。航路の幅約1,400m、長さ約14.8km(8.1海里)。「航路の中央より右側を航行する」と規定されている(第11条1項)。概略南北方向の航路なので、東の房総半島側が湾に入る北向き、西の三浦半島側が南向きの航路となる。海上交通安全法別表に掲げる航路 フレッシュアイペディアより)

  • 夜嵐おきぬ

    夜嵐おきぬから見た三浦半島三浦半島

    1844年あるいは弘化年間前後の時代に、三浦半島城ヶ島の漁師・佐次郎の娘として生まれたらしい。彼女は16歳のときに両親と死別し、伯父に引き取られ江戸に出て芸妓になることになり「時尾張屋」において「鎌倉小春」と名乗りその美貌から江戸中の評判を取る。夜嵐おきぬ フレッシュアイペディアより)

  • 武山

    武山から見た三浦半島三浦半島

    武山(たけやま)とは、横須賀市南部に位置する海抜200mの山である。三浦半島中央部に位置する三浦丘陵の一角をなす。武山 フレッシュアイペディアより)

  • 埒免古墳

    埒免古墳から見た三浦半島三浦半島

    関東地方のほぼ全域で前方後円墳の築造が活発化する6世紀後半になると、相模でも部分的に前方後円墳が復活するが、三浦半島東部の大津古墳群を除くと前方後円墳の復活は一時的なもので、大津古墳群を含めて最大でも墳丘長が50メートル以下という小型のものであった。そして相模では一時的な前方後円墳復活後には主に円墳が造営された。しかし古墳の規模の貧弱さとは異なり、銀装の装飾大刀や金銅製馬具といった埒免古墳の副葬品でも見られるように、副葬品については関東地方の他地域と比較してさほど見劣りするわけではない。埒免古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 笹下

    笹下から見た三浦半島三浦半島

    発掘された石器から、縄文時代より先住民族が暮らしていたと考えられている。天文年間(1500年代前期?中期)には領主の間宮豊前守信元が、現在の笹下四丁目に篠笥城(ささげじょう。のちに笹下城と記されるようになった)を築城した。篠笥城は陣屋のような作りで、天守閣は設けられなかった。寛文年間(1500年代中期?後期)に、関村・雑色村・松本村に分かれた。関村は現在の笹下二丁目を中心とした地域、雑色村は四~七丁目および三丁目の南側、松本村は一丁目北側と港南の一部に概ね相当するが、飛地や入会地が多く、境ははっきりしていない。新編武蔵風土記稿によると、江戸時代中期には関村では34戸、雑色村42戸、松本村64戸が暮らしていたと記されている。東京・横浜と三浦半島を結ぶ街道沿いにあり、明治時代には郡役所や警察署、登記所、料亭などがおかれ、久良岐郡の行政や商業の中心地となったが、横浜市編入により郡役所が閉庁し、警察署の統廃合に加え根岸湾沿いに国道ができると店舗が減少し、元の農村に戻っていった。明治中期ごろからは花卉の販売を行う農家が多かった。笹下 フレッシュアイペディアより)

  • トロと旅する

    トロと旅するから見た三浦半島三浦半島

    三浦半島・三崎(1月28日〜2月1日)トロと旅する フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷県

    熊谷県から見た三浦半島三浦半島

    幕末、川越藩領の前橋を中心とする上野国の主力産品であった生糸は、三浦半島にも藩領を持っていた川越藩の藩士・速水堅曹、深沢雄象らによって横浜港から輸出され莫大な利益を生み、越前松平家の長い念願が叶って1867年(慶応3年)、前橋城の築城が達成された。時の川越藩主・松平直克は再び立藩された前橋藩の藩主として前橋に移封された。速水堅曹らも随行して前橋藩士となり、日本最大の輸出品であり最大の外貨稼ぎであった生糸の生産を前橋で近代化させた。熊谷県 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野天然温泉

    佐野天然温泉から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島では市街地やその周辺に温泉が点在しているが、佐野天然温泉もそのひとつである。三浦義明の末裔である永島家が代々居を構えた三崎街道沿いの地にある。「黒門」と称される長屋門が残され、往時を偲ばせる。佐野天然温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 諸磯の隆起海岸

    諸磯の隆起海岸から見た三浦半島三浦半島

    諸磯の隆起海岸は神奈川県の三浦半島に位置している。諸磯の隆起海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 夏島貝塚

    夏島貝塚から見た三浦半島三浦半島

    貝塚のある夏島は元来東京湾に浮かぶ島だったが、大正時代に周辺が埋立てられ、三浦半島から突出した半島の一部となっている。「夏島」という名称の由来は周辺に降雪があっても島に雪が積もらないことからといわれる。埋立地は平坦な土地だが、かつて島だった部分は高台として残っている。夏島第一貝塚は標高 48 m の島部頂上に位置し、面積は約 150 m² である。また第二貝塚は島部の中央にあり規模は小さい。貝塚には地殻変動により形成された断層も見られる。夏島貝塚 フレッシュアイペディアより)

248件中 31 - 40件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード