248件中 41 - 50件表示
  • 石渡恒夫

    石渡恒夫から見た三浦半島三浦半島

    京浜急行電鉄社長就任後は、2005年にお台場のメリディアンホテルを、鉄道事業以外の過去最大級の投資額400億円で買収するなどし、企業イメージ向上に努めるほか、三浦半島横須賀市を中心に20年ぶりの大型宅地造成の再開や、若者層の集客を狙った葉山マリーナの買収、京急油壺マリンパーク地区再開発など、少子高齢化による沿線の就労就学人口の減少予測にともなう鉄道事業の先細り予測への対応として、鉄道事業中心からの脱却を進める。一方、2009年にはホテルグランパシフィック・ル・ダイバへのホテル事業の集中のため、ホテルパシフィック東京の2010年9月末での営業休止を決定した。石渡恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 火と汐

    火と汐から見た三浦半島三浦半島

    目黒に住む33歳の劇作家・曾根晋吉は、芝村美弥子と、秘密で京都に宿泊していた。金属会社に勤める美弥子の夫は、神奈川県の油壺と三宅島を往復するヨットレースに参戦しており、8月17日の夫の油壺到着までに、美弥子は京都から油壺に戻る算段になっていた。8月16日の夜、晋吉は美弥子と、ホテルの屋上から、大文字焼を見物していたが、その最中、晋吉の気づかぬ間に、人混みの中で美弥子が消失する。彼女のスーツケースは部屋に残されたままであった。秘密の旅行ゆえ、事情を告げるわけにもいかず、困惑したまま晋吉は東京へ戻った。8月18日の新聞記事に晋吉は驚く。美弥子の夫・芝村の乗るヨットが、油壺に帰着する途中、三浦半島沖合で、ワイルドジャイブを起こし、同乗者の上田伍郎が死亡したという。美弥子のことを言えぬまま、入院した芝村に見舞いの電話をかける晋吉。ところが、美弥子の死体が晋吉の自宅近くで発見され、芝村と顔見知りだった晋吉は、警察に参考人として呼ばれてしまう……。火と汐 フレッシュアイペディアより)

  • みうら (輸送艦)

    みうら (輸送艦)から見た三浦半島三浦半島

    みうら(ローマ字:JS Miura, LST-4151)は、海上自衛隊の輸送艦。みうら型輸送艦の1番艦。艦名は三浦半島に由来する。みうら (輸送艦) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市中央卸売市場南部市場

    横浜市中央卸売市場南部市場から見た三浦半島三浦半島

    横浜市民を中心とする地域住民(湘南方面・三浦半島)のための流通拠点として「卸売市場法」に基づき開設・運営されている市場である。昭和48年(1973年)開場。横浜市中央卸売市場南部市場 フレッシュアイペディアより)

  • 富津岬

    富津岬から見た三浦半島三浦半島

    約6km離れた対岸の三浦半島観音崎とともに東京湾内湾と浦賀水道を区切る境界となっている。岬の北側では内湾の静かな波打ち際に干潟(富津干潟(ふっつひがた))を形成し、南側では外洋の荒波に対する防波堤の役割を果たしている。富津岬 フレッシュアイペディアより)

  • 京急武山線

    京急武山線から見た三浦半島三浦半島

    県道26号線は近年では車の交通量が増え、慢性的な渋滞が起こっているが、それを鉄道でカバーしようと言う機運は見られない。これは、三浦半島には活断層が走っていることが、近年の研究で分かり、新線を建設するリスクがあまりにも高いため、神奈川県や横須賀市などでは、仮に活断層が動いたとしても、すぐに応急補修ができて、リスクの少ないバイパス道路(三浦縦貫道路)が建設され開通した。京急武山線 フレッシュアイペディアより)

  • 片瀬東浜海水浴場

    片瀬東浜海水浴場から見た三浦半島三浦半島

    藤沢市南部の境川河口から東側の弧状の砂浜にあり、目前に江の島、左手には三浦半島が一望できる伝統的な人気海水浴場。江の島の島陰にあるので波が穏やかなことが特色である。川口村の村営海水浴場としては1915年(大正4年)に開設され、組合の設立は1929年(昭和4年)だが、西洋式の医療目的の海水浴の歴史は古く、1879年(明治12年)、エルヴィン・フォン・ベルツが海水浴場適地を探索し、片瀬は海水浴に適地として内務省に紹介したことがきっかけとされる。事実上日本で最初の海水浴場である可能性がある。片瀬東浜海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 平作川

    平作川から見た三浦半島三浦半島

    平作川(ひらさくがわ)は、神奈川県横須賀市を流れる二級河川。三浦半島最長の河川である。二級水系平作川の本流にあたるが、二級河川や準用河川に指定された支流はない。流域は市街化が進んでおり、支流には暗渠化された区間も見られる。平作川 フレッシュアイペディアより)

  • 剱埼灯台

    剱埼灯台から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島南東端に位置しており、浦賀水道・相模灘を照らす。剱崎から南南東に位置する館山市洲崎(洲埼灯台)までを結ぶ線が浦賀水道(東京湾)と太平洋の境界となっている。周辺は岩礁が発達し、対岸に房総半島を望む風光明媚な地である。剱埼灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 剱崎

    剱崎から見た三浦半島三浦半島

    剱崎(つるぎざきもしくはけんざき)は、神奈川県三浦市南下浦町松輪、三浦半島東南端に位置する岬。東京湾に出入りする航路における要所の一つである。このため1872年(明治5年)に剱埼灯台が造られ、現在も使用されている。剱崎 フレッシュアイペディアより)

248件中 41 - 50件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード