327件中 41 - 50件表示
  • 葉山

    葉山から見た三浦半島三浦半島

    葉山町 - 神奈川県三浦郡、三浦半島西部にある町(はやままち)。葉山 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南ハイランド

    湘南ハイランドから見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の南東側に位置し、北に東京湾東に浦賀水道西に遠く相模湾や富士山、水平線越しに房総半島や伊豆大島なども眺望する。高台に設置され、域内にはテニスコートや縦50メートルのプールを設備するハイランドスポーツセンターなどがあり、広い街区(分譲当時は1区画200平方メートル以上のみ)で閑静な住宅街を形成する。域内への流入出路で自動車通行可能箇所が少ないうえ、朝などは一方通行になる箇所も多く、慢性的な渋滞が課題となっている。湘南ハイランド フレッシュアイペディアより)

  • 玉縄

    玉縄から見た三浦半島三浦半島

    永正9年(1512年)、北条早雲により現在の城廻に玉縄城が築城される。当初は三浦半島の三浦氏を攻略するために建築されたが、堅牢な城であり、永正15年(1518年)の上杉朝興、大永6年(1526年)の里見実堯、永禄4年(1561年)の上杉謙信の攻撃を撃退している。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐で徳川家康軍に包囲され、籠城の末に開城した。玉縄 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦義意

    三浦義意から見た三浦半島三浦半島

    父から相模国三崎城(新井城とも。現在の神奈川県三浦市)を与えられ、永正7年(1510年)頃、家督を譲られる。「八十五人力の勇士」の異名を持ち、足利政氏や上杉朝良に従って北条早雲と戦うが、永正10年(1513年)頃には岡崎城(現在の平塚市)・住吉城(現在の逗子市)を北条氏によって奪われて三浦半島に押し込められた。三浦義意 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道24号横須賀逗子線

    神奈川県道24号横須賀逗子線から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の付け根付近を横断し、東京湾側と相模湾側を連絡する主要道路である。逗子市内「銀座通入口」交差点 - 「田越橋」交差点間は神奈川県道311号鎌倉葉山線と重複する。神奈川県道24号横須賀逗子線 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道214号武上宮田線

    神奈川県道214号武上宮田線から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県道214号武上宮田線(かながわけんどう214ごう たけかみみやだせん)は、神奈川県横須賀市と三浦市を結ぶ一般県道。三浦半島南部の相模湾側と浦賀水道側を繋ぐ道となっている。神奈川県道214号武上宮田線 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道215号上宮田金田三崎港線

    神奈川県道215号上宮田金田三崎港線から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県道215号上宮田金田三崎港線(かながわけんどう215ごう かみみやだかねだみさきこうせん)は、神奈川県三浦市を起点・終点とする一般県道。三浦半島南東部の海岸沿いを走る。神奈川県道215号上宮田金田三崎港線 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本頼元

    岡本頼元から見た三浦半島三浦半島

    はじめ里見氏に仕え、元亀2年(1571年)に里見軍が三浦半島に攻め込んだ時にこれに従って戦功を挙げて里見義弘から感状と御召料具足を与えられる。里見義頼の家督継承に協力したが、天正16年(1588年)の岡本城火災の責任を問われて一時追放された。後に復帰し、足軽小頭として100石を与えられた。岡本頼元 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀道

    浦賀道から見た三浦半島三浦半島

    浦賀道(うらがみち)は、浦賀へと到る東海道の脇往還(街道)である。保土ヶ谷宿と戸塚宿より延びる2本の道があり、三浦半島各地へ向かうための交通路として利用されていた。浦賀街道とも呼ばれる。浦賀道 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢道

    金沢道から見た三浦半島三浦半島

    平安時代以前の東海道は、鎌倉から金沢・六浦を経て三浦半島から房総半島へ渡っていた。金沢道 フレッシュアイペディアより)

327件中 41 - 50件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード