248件中 51 - 60件表示
  • 鎌倉大地震

    鎌倉大地震から見た三浦半島三浦半島

    2008年、東京大学地震研究所では、三浦半島小網代湾の堆積物に着目、分析を進めた結果、鎌倉大地震により発生した大津波の痕跡を見いだしている。鎌倉大地震 フレッシュアイペディアより)

  • 内池武者右衛門

    内池武者右衛門から見た三浦半島三浦半島

    江戸幕府は文政3年(1820年)、会津藩に代わって川越藩に三浦半島東部の警備を命じ、川越藩は相模国三浦郡に1万5千石の領地を構え藩兵を駐屯させていた。天保13年(1842年)には江戸湾の警備が強化され、川越藩は浦郷から三崎にいたる三浦半島東南岸一帯の担当となり、厳戒態勢が命じられた。内池武者右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本城

    杉本城から見た三浦半島三浦半島

    相模国における杉本城は、三浦氏の棟梁 三浦義明の庶子で杉本氏の祖 杉本義宗が三浦半島を出て鎌倉郡杉本郷に居を構えて築城した。同地は三浦氏の勢力下で六浦道を抑える要衝であった。義宗は三浦氏の勢力が及ぶ安房国に水軍率いて出陣し、長狭常伴と合戦に及び待ち構えていた長狭勢からの矢傷が原因で杉本城内で亡くなるが、その後、義宗長子 和田義盛は三浦郡和田郷に拠点を構え、義宗の次男、義茂が入城し、杉本の家督と城を守った。杉本城 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎駅

    三崎駅から見た三浦半島三浦半島

    元々は湘南電気鉄道時代に三浦半島一周路線の駅として計画されていた。しかし、この計画は戦後頓挫し、油壺駅の先に計画されていた当駅と京急逗子線の新逗子駅(計画当初は逗子海岸駅)を結ぶ三浦半島西部線は幻に終わった。三崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルクスバリ (軽巡洋艦)

    ウィルクスバリ (軽巡洋艦)から見た三浦半島三浦半島

    ウィルクスバリは占領任務に従事した。9月12日から14日まで相模湾の小網代港に停泊し、三浦半島の油壺および久里浜の小型潜航艇基地の武装解除を行う。その後14日に東京湾で給油および補給のため停泊し、続いて女川湾に移動、15日から17日まで停泊する。ウィルクスバリは別の武装解除任務に従事し、勝浦湾で占領支援任務を行った後、9月24日に東京湾に戻った。ウィルクスバリ (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ハマユウ

    ハマユウから見た三浦半島三浦半島

    東アジアから南アジアにかけて温暖な地域に分布する。日本では三浦半島・房総半島南部以南で自生している。ハマユウの分布北限は黒潮の影響を受けて南方から侵入する生物の典型的な分布域とも考えられ、ほぼ同様の分布を示す生物がいくつもあげられる。このことから、小清水卓二は1930年にこれを一つの分布境界線と見なし、ハマオモト線と呼んだ。この線の西端は敦賀湾、東端は千葉県の銚子となり、年平均気温の等温線を描くと14℃の線とほぼ一致する。ほぼ同等のものに本州南岸線というのもある。ハマユウ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦義明

    三浦義明から見た三浦半島三浦半島

    世襲の官である三浦介を号して天治年間(1124年 - 1126年)国務に参画し、三浦半島一帯に勢力を扶植する。多くの子女に恵まれた。中村宗平の義兄にあたる。三浦義明 フレッシュアイペディアより)

  • 里見義豊

    里見義豊から見た三浦半島三浦半島

    永正15年(1518年)、父・義通が危篤となると家督を継ぐ。だが、義通の弟実堯が義豊15歳になるまでは陣代(後見人)として家督を預かることになった。この頃、対岸の三浦半島に進出してきた北条氏に対抗するため、大永6年(1526年)に品川・鎌倉に実堯とともに攻撃して当主としての器量を示した。だが、15歳を過ぎても実堯は実権を義豊に返還しなかった。また、重臣正木通綱(時綱)が実堯と接近して家中で大きな発言力を持ち始めた事に他の重臣の不満も高まった。このため、天文2年義豊は稲村城の実堯と正木通綱を襲撃して殺害する(通綱は脱出したものの傷の悪化で病没したという説もある)。だが、実堯の長男里見義堯は「仇討ち」と称して、通綱の遺児である正木時茂とともに叛旗を翻す。義豊が義堯を破ると、義堯も反撃して義豊を一時上総国内に追い払うなど戦いは一進一退だった。だが、翌年に入り義豊は武田氏の真里谷恕鑑(信清)らの協力を得て安房国に復帰したものの、犬掛の合戦で大敗して自害に追い込まれてしまった。享年21と伝えられている(天文の内訌)。里見義豊 フレッシュアイペディアより)

  • 海南神社

    海南神社から見た三浦半島三浦半島

    清和天皇の治世、皇位継承争いに絡んで讒訴を蒙り左遷された藤原資盈が貞観6年(864年)、任地の筑紫国へ赴く途中で暴風によって三浦半島に漂着、当地の長に推戴された。その後資盈は房総の海賊を平定し、また福祉に努めたため地元民から崇敬され、貞観8年(866年)に資盈が没すると、地元民は祠を建てて祀った。天元5年(982年)になると、現在の地に社殿が建立され、三浦郡の総社となった。海南神社 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀共済病院分院

    横須賀共済病院分院から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県三浦半島の中核都市である横須賀市北端の船越町に位置し、逗子市沼間地区に接している。海軍横須賀造船所は1886年(明治19年)船越新田に兵器製造工場を船越新田に開設し、1903年(明治36年)に海軍工廠造兵部となった。水雷や機銃、無線、電気、砲熕工場などがあった。横須賀共済病院分院 フレッシュアイペディアより)

248件中 51 - 60件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード