327件中 61 - 70件表示
  • 能面殺人事件

    能面殺人事件から見た三浦半島三浦半島

    終戦直後の昭和21年、三浦半島の名家・千鶴井家に居候する柳光一は、父親の旧友である石狩検事と再会した夜、屋敷の2階の窓から顔を突き出して笑う鬼女を目撃する。鬼女は、千鶴井家に秘蔵されている、能楽師・宝生源之丞の呪詛を宿したと言われる悪霊の般若の面だった。犯罪の前兆を感じた石狩検事は光一に頼んで屋敷の主人の千鶴井泰次郎に面会し、鬼女を目撃したことを話す。翌日、石狩検事は光一に、これから起こるであろう事件の解明に役立つよう、気が付いた事柄をすべて手記に残すよう依頼する。能面殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀

    浦賀から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の東部に位置し、東京湾の湾口部、浦賀水道に面する。南南東から北北西へと深く海が切れ込み、浦賀港として利用されている。湾の入り口には住民の便のため市道の一部として東西を結ぶ「浦賀の渡船」が運行されている。浦賀 フレッシュアイペディアより)

  • 田浦 (横須賀市)

    田浦 (横須賀市)から見た三浦半島三浦半島

    田浦は山が海に迫り平地が狭い地域である。その平地部分を東京、横浜方面と横須賀中央など三浦半島各地を連絡するための横須賀線や京急本線、国道16号が横切る。その幹線付近(下町)に元からの市街地があったが、やがて人口増加などの影響で谷戸や山腹まで住宅地が広がった。田浦 (横須賀市) フレッシュアイペディアより)

  • どこでもいっしょ

    どこでもいっしょから見た三浦半島三浦半島

    2001年11月29日に発売された、PlayStation 2用ゲーム。実写で再現された港町をトロと一緒に散策、様々な人に出会ったりしながら、トロと会話して想い出作りを行なっていく。モデルとなった街が三浦半島近辺であり、主要路線である京浜急行電鉄とコラボレーション企画を行っている(後述)。どこでもいっしょ フレッシュアイペディアより)

  • 平作川

    平作川から見た三浦半島三浦半島

    平作川(ひらさくがわ)は、神奈川県横須賀市を流れる二級河川。三浦半島最長の河川である。二級水系平作川の本流にあたるが、二級河川や準用河川に指定された支流はない。流域は市街化が進んでおり、支流には暗渠化された区間も見られる。平作川 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木経高

    佐々木経高から見た三浦半島三浦半島

    寿永元年(1182年)10月17日、生後二ヶ月余りの頼朝嫡子である源頼家が産所から将軍邸へと入る際の輿を担ぎ、翌々年6月23日には皇族の落胤を称し咎められた女を阿波で預かる。文治3年(1187年)11月11日、朝廷に馬を貢ぐ使者を務め、建久元年(1190年)11月11日、大納言に就任した頼朝の石清水八幡宮への参拝に随行する。建久3年(1192年)7月26日に、頼朝は征夷大将軍に任ぜられ鎌倉幕府を開き、同年9月17日までに経高は中務丞に任ぜられている。建久4年(1193年)9月7日には後白河法皇の崩御後に荒廃していた御所の宿直を命じられ、建久5年(1194年)12月26日の永福寺供養、翌年3月12日の東大寺供養、8月1日の三浦三崎遊覧、8月8日の相模日向山参詣、翌々年5月20日の天王寺参詣では兄弟らと共に頼朝の将軍家に随行する。佐々木経高 フレッシュアイペディアより)

  • 相模トラフ巨大地震

    相模トラフ巨大地震から見た三浦半島三浦半島

    正応6年4月13日(1293年5月20日)- 石橋(1991)は、鎌倉に大震災をもたらした永仁地震(鎌倉大地震)が相模トラフのプレート境界型巨大地震であった可能性を指摘している。三浦半島の小網代湾では、この時期に対比される可能性のある津波堆積物が見出されている。また、同時期の隆起による離水によって形成された岩井低地の浜堤列が見出されている。相模トラフ巨大地震 フレッシュアイペディアより)

  • リゾートマンション

    リゾートマンションから見た三浦半島三浦半島

    海沿い - 三浦半島、湘南、外房、伊豆半島(主に湯河原から下田にかけての東伊豆)リゾートマンション フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道26号横須賀三崎線

    神奈川県道26号横須賀三崎線から見た三浦半島三浦半島

    横須賀市街で国道16号から別れ南西方向に向かい、三浦半島東部から中央部の丘陵地を越えて半島西部(相模湾側)に抜け、国道134号との重複区間にて南下し、三浦市の中心部である三崎の市街へと至る。全線に亘り2車線の道路である。神奈川県道26号横須賀三崎線 フレッシュアイペディアより)

  • カールハインツ・ベーム

    カールハインツ・ベームから見た三浦半島三浦半島

    1963年の『Du rififi à Tokyo』(日本未公開。ジャック・ドレー監督)では岸惠子、EHエリック(クレジットでは岡田英次となっている。理由は不明)らと共演。そして、この映画の撮影のため来日。スタジオでの撮影のほか、東京都内(御茶ノ水、歌舞伎町、銀座、第一生命ビル、新宿コマ劇場など)や三浦半島でロケが行われた。カールハインツ・ベーム フレッシュアイペディアより)

327件中 61 - 70件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード