248件中 61 - 70件表示
  • 油壺湾

    油壺湾から見た三浦半島三浦半島

    油壺湾(あぶらつぼわん)は、三浦半島の南西部に位置し、相模湾に面する湾。北側の網代崎と南側の名向崎に挟まれたリアス式海岸の入り江で、幅100-150m、奥行700mと東西に細長い。行政区域としては神奈川県三浦市三崎町に属する。油壺湾 フレッシュアイペディアより)

  • 峠恵子

    峠恵子から見た三浦半島三浦半島

    2001年(平成13年)- ニューギニア探検隊の一員として全長12m弱のヨットで三浦半島から出航。45日間かけてニューギニア島のインドネシア領イリアンジャヤ州に到達。オセアニアで2番目に高いトリコーラ山(4750m)北壁の最高部600mを世界で初めて登攀し登頂する。また旧日本兵の遺骨捜索や、フクロオオカミ捜索などで約一年間のジャングル生活を送る。峠恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南国際村

    湘南国際村から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島中央部を縦断する三浦丘陵に位置しており、山林を切り開いて造成された。域内は、居住エリア、公共施設エリア、研究・開発施設エリア、サービス施設エリアに分かれており、区画整理も行われている。相模湾の向こうに江ノ島や富士山を望む。湘南国際村 フレッシュアイペディアより)

  • 油壺

    油壺から見た三浦半島三浦半島

    油壺(あぶらつぼ)とは、神奈川県三浦半島に存在する湾(油壷湾)とその付近(三浦市三崎町小網代の一部)を指す地名。古くから観光地や別荘地として有名。油壺 フレッシュアイペディアより)

  • 剣埼 (給油艦)

    剣埼 (給油艦)から見た三浦半島三浦半島

    剣埼(つるぎざき)は、日本海軍の給油艦。艦名は三浦半島東南端の「剣埼」による。剣埼 (給油艦) フレッシュアイペディアより)

  • 洲埼灯台

    洲埼灯台から見た三浦半島三浦半島

    洲埼灯台は、三浦半島最南端の東端にある剱埼灯台(つるぎざきとうだい)と共に東京湾へ出入りする船舶の目印となっており、同灯台とを結んだ線をもって東京湾の境界をなす。なお、房総半島の最南端にあるのは野島埼灯台で、三浦半島の南端の西端には城ヶ島灯台がある。洲埼灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 内裏塚古墳群

    内裏塚古墳群から見た三浦半島三浦半島

    また6世紀後半に前方後円墳の築造が盛んとなる現象は、上野、下野、常陸、武蔵、下総といった関東地方各地で見られる現象で、上総でも金鈴塚古墳に代表される祇園・長須賀古墳群、山武市にある大堤権現塚古墳に代表される大堤・蕪木古墳群といった、墳丘長100メートルを越える規模の前方後円墳を盟主墳とした古墳群が造営される。6世紀後半は全国的に見ると前方後円墳の築造は下火になりつつあり、築造が終了した地域もあるが、関東地方のみこれまでみられないほど盛んに前方後円墳が造営され続けていた。これはヤマト王権が王権を支える経済的、軍事的基盤として当時の関東地方を重視していたことの現れと見られている。内裏塚古墳群の場合、隣の祇園・長須賀古墳群の盟主墳の被葬者と同じく、三浦半島から房総半島へ向かう交通の要衝を押さえることにより勢力を強め、同時期の関東各地の有力首長の一員としてヤマト王権に重要視されるようになったと考えられる。またヤマト王権で重視されるようになっていく中で、内裏塚古墳の盟主墳に葬られた首長は王権との直接的な関係を結ぶようになり、その結果として首長権の固定化が進み、内裏塚古墳群の被葬者は、やがて国造となっていったものと想定される。内裏塚古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 九条塚古墳

    九条塚古墳から見た三浦半島三浦半島

    内裏塚古墳群の被葬者は、やがて須恵国造になっていく系列の首長であると考えられている。九条塚古墳の被葬者は、隣の祇園・長須賀古墳群の盟主墳の被葬者と同じく、三浦半島から房総半島へ向かう交通の要衝を押さえることにより勢力を強め、同時期の関東各地の有力首長の一員としてヤマト王権に重要視されるようになったと考えられる。またヤマト王権で重視されるようになっていく中で、内裏塚古墳の盟主墳に葬られた首長は王権との直接的な関係を結ぶようになり、その結果として首長権の固定化が進み、やがて国造となっていったものと想定される。その一方で内裏塚古墳群にほど近い富津の海岸で産出される砂岩が、埼玉古墳群の将軍山古墳の石室に用いられるなど、関東地方の有力首長との交流も進めていたことがわかる。九条塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • みうら湯

    みうら湯から見た三浦半島三浦半島

    当初は日本で初めての海洋深層水を使用したスーパー銭湯として開業。海洋深層水は、同じ京浜急行電鉄(京急)グループの三浦ディーエスダブリュが三浦半島沖の相模湾水深330m付近から取水していた。また、2005年3月24日から天然温泉も導入した。三浦ディーエスダブリュの事業廃止に伴い、2008年9月末をもって海洋深層水温浴を終了し、同年10月以降は天然温泉および上水を使用している。みうら湯 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦時高

    三浦時高から見た三浦半島三浦半島

    永享10年(1438年)、持氏は関東管領・上杉憲実討伐のために武蔵高安寺に入り、時高は鎌倉府の留守を命じられた。ところが、室町幕府6代将軍・足利義教が持氏討伐を命じると、そのまま幕府軍迎撃のために箱根山に向かった持氏を横目に時高は上杉氏と結んで叛旗を翻し、三浦半島から軍を引き入れて鎌倉を占領して足利持氏・義久父子を自害に追い込んだ(永享の乱)。三浦時高 フレッシュアイペディアより)

248件中 61 - 70件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード