327件中 71 - 80件表示
  • イシナギ

    イシナギから見た三浦半島三浦半島

    日本列島では古くから利用され、相模湾岸に立地する神奈川県小田原市の羽根尾遺跡では縄文時代前期の遺体が出土している。山梨県南巨摩郡富士川町の鰍沢河岸跡では江戸時代後期から明治期のマグロ・イルカなどの大型魚類・哺乳類をはじめとする多様な魚類・貝類が出土しており、主に駿河湾から産出された海産物が富士山麓の街道や富士川舟運を通じて移入されたと考えられている。鰍沢河岸からはアブラボウズとともにイシナギ属の遺体が出土しており、生息域の観点からオオクチイシナギであると考えられている。イシナギは伊豆や三浦半島において漁獲されており、専門漁法も存在していた。イシナギ フレッシュアイペディアより)

  • 走水神社 (横須賀市)

    走水神社 (横須賀市)から見た三浦半島三浦半島

    走水神社(はしりみずじんじゃ)は、神奈川県横須賀市走水にある神社である。三浦半島の東端近く、東京湾にほど近い場所に位置する。走水神社 (横須賀市) フレッシュアイペディアより)

  • アオイ科

    アオイ科から見た三浦半島三浦半島

    熱帯地方に多く、日本の本土に本来自生するものは数種(三浦半島以南の海岸に生えるハマボウのほか、南西諸島にさらに数種)で、そのほか帰化植物が数種ある。アオイ科 フレッシュアイペディアより)

  • みうら湯

    みうら湯から見た三浦半島三浦半島

    日本で初めての海洋深層水を使用したスーパー銭湯として2003年6月24日に開業(現在は海洋深層水を使用していない、詳細は後述)。海洋深層水は、同じ京急グループの三浦ディーエスダブリュが三浦半島沖の相模湾水深330m付近から取水していた。また、2005年3月24日にリニューアルオープンし、天然温泉も導入した。「さっぱり湯」と「しっとり湯」の2種類の浴室(それぞれ男湯および女湯のどちらかに該当)があり、週ごとに男女の浴室を入れ替えている(毎週月曜に入れ替えを実施、後述のリニューアル後も2種類の浴室による週ごとの男女浴室入れ替えは継続されている)。みうら湯 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸湾

    江戸湾から見た三浦半島三浦半島

    日本武尊の東征において「馳水海」、あるいは景行天皇東国巡狩では「淡水門」と呼んだ例がある。だが、これらの名は東京湾の入り口の水道、もしくは三浦半島から見て「馳水海」、房総半島から見て「淡水門」呼んだ水門(みなと)を指したものである。以降の対岸交通では東海道の古道として中世文書に記されている。江戸湾 フレッシュアイペディアより)

  • かまくらと三浦半島の古木・名木50選

    かまくらと三浦半島の古木・名木50選から見た三浦半島三浦半島

    かまくらと三浦半島の古木・名木50選とは、神奈川県の鎌倉市と三浦半島の古木と名木から決定された50選。かまくらと三浦半島の古木・名木50選 フレッシュアイペディアより)

  • カワハギ

    カワハギから見た三浦半島三浦半島

    カワハギを専門に船から釣る様になったのは神奈川県三浦半島で、餌取りが非常に上手く、なかなか釣る事ができない事からゲーム性が高い釣りである事が広まりカワハギ釣り専門の釣りクラブ(カワハギ釣り研究会)が複数設立されるなど、人気の対象魚となった。カワハギ フレッシュアイペディアより)

  • 箱根火山の形成史

    箱根火山の形成史から見た三浦半島三浦半島

    東京軽石層による噴火では、東京軽石と呼ばれるデイサイト、流紋岩質の軽石が降下した。軽石の層は東京付近でも約20センチに達した。その後、デイサイト質の大規模な火砕流が発生し、火砕流は西側は富士宮市周辺、東側は相模湾を渡って三浦半島にまで達するなど、高度の高い場所を除くと箱根火山から半径約50キロの範囲を火砕流が埋め尽くし、最後に安山岩質のスコリア流が派生した。この時の噴火の噴出物の総体積は、5-10立方キロメートルになる。箱根火山の形成史 フレッシュアイペディアより)

  • 名越 (鎌倉市)

    名越 (鎌倉市)から見た三浦半島三浦半島

    「名越」の地名は、かつての三浦方面への旧道(鎌倉・三浦往還〈三浦道〉:現在の県道311号、鎌倉期の大町大路にほぼ沿う)で、このあたりの坂及び切通しが難所で、「難越」(なこし)と呼ばれたことに由来すると言われる。文献上では、『吾妻鏡』中に、天福元年(1233年)の殺人事件に言及した記述に「名越坂」の記述が見える。また、元久3年/建永元年(1206年)に源実朝の「名越山の辺」で雪見をした旨、承久元年(1219年)の鎌倉の大火が名越山の際まで及んだ旨の記述がある。よって、鎌倉時代の極初期には、「名越」の地名の表記は成立していたと思われる。名越 (鎌倉市) フレッシュアイペディアより)

  • 富津岬

    富津岬から見た三浦半島三浦半島

    約6km離れた対岸の三浦半島観音崎とともに東京湾内湾と浦賀水道を区切る境界となっている。岬の北側では内湾の静かな波打ち際に干潟(富津干潟(ふっつひがた))を形成し、南側では外洋の荒波に対する防波堤の役割を果たしている。富津岬 フレッシュアイペディアより)

327件中 71 - 80件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード