248件中 71 - 80件表示
  • 三浦義意

    三浦義意から見た三浦半島三浦半島

    父から相模国三崎城(新井城とも。現在の神奈川県三浦市)を与えられ、永正7年(1510年)頃、家督を譲られる。「八十五人力の勇士」の異名を持ち、足利政氏や上杉朝良に従って北条早雲と戦うが、永正10年(1513年)頃には岡崎城(現在の平塚市)・住吉城(現在の逗子市)を北条氏によって奪われて三浦半島に押し込められた。三浦義意 フレッシュアイペディアより)

  • ぶっコギ!

    ぶっコギ!から見た三浦半島三浦半島

    1stシーズン:舞台は三浦半島ぶっコギ! フレッシュアイペディアより)

  • アシタバ

    アシタバから見た三浦半島三浦半島

    アシタバ(明日葉、Angelica keiskei)はセリ科シシウド属の植物。日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生する。伊豆諸島・伊豆半島・三浦半島および房総半島の個体は、古くから自生している個体であるが、紀伊半島の個体は近年紀伊大島に移植された株である。種小名は、明治時代の植物学者伊藤圭介(1803年 - 1901年)への献名。アシタバ フレッシュアイペディアより)

  • 房相一和

    房相一和から見た三浦半島三浦半島

    北条氏と房総半島との関わりを示す最古の記録は、永正13年(1516年)に北条早雲(伊勢盛時)が、真里谷城の武田氏と小弓城の原氏との争いに関与して上総国に攻め込んだのが最初とされている(「藻原寺文書」)。この年は北条氏が三浦氏を滅ぼして三浦半島を制圧し、東京湾(内海/江戸湾)を挟んで房総半島と対峙するようになった年でもあった。一方、里見氏では里見義通・義豊親子が当主として安房国を平定した時期に相当し、永正12年(1515年)には義通の弟の実堯を妙本寺に配置して、ここを本拠として上総国に進出を開始していた。両者の勢力圏が重なり合うようになったのは、上杉氏の城であった武蔵国江戸城が北条氏に占領され、同氏による東京湾支配の動きが活発化してからのことと考えられている。房相一和 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀

    浦賀から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の東部に位置し、東京湾の湾口部、浦賀水道に面する。南南東から北北西へと深く海が切れ込み、浦賀港として利用されている。湾の入り口には住民の便のため市道の一部として東西を結ぶ「浦賀の渡船」が運行されている。浦賀 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦大根

    三浦大根から見た三浦半島三浦半島

    三浦大根(みうらだいこん)は、神奈川県の三浦半島特産のダイコンの品種である。三浦大根 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道215号上宮田金田三崎港線

    神奈川県道215号上宮田金田三崎港線から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県道215号上宮田金田三崎港線(かながわけんどう215ごう かみみやだかねだみさきこうせん)は、神奈川県三浦市を起点・終点とする一般県道。三浦半島南東部の海岸沿いを走る。神奈川県道215号上宮田金田三崎港線 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道216号油壷線

    神奈川県道216号油壷線から見た三浦半島三浦半島

    神奈川県道216号油壷線(かながわけんどう216ごう あぶらつぼせん)は、神奈川県三浦市を通る一般県道。相模湾に面した油壺地域から三浦半島内陸部を走る神奈川県道26号横須賀三崎線に至るルートである。沿線の地域名は「油壺」であるが、道路の名称は異体字である「油壷」が使われる。神奈川県道216号油壷線 フレッシュアイペディアより)

  • アオイ科

    アオイ科から見た三浦半島三浦半島

    熱帯地方に多く、日本の本土に本来自生するものは数種(三浦半島以南の海岸に生えるハマボウのほか、南西諸島にさらに数種)で、そのほか帰化植物が数種ある。アオイ科 フレッシュアイペディアより)

  • みんなが出るテレビ

    みんなが出るテレビから見た三浦半島三浦半島

    よこよこ一直線!目からウロコの三浦半島(Yokohama Walkerのスタッフが出演)みんなが出るテレビ フレッシュアイペディアより)

248件中 71 - 80件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード