248件中 81 - 90件表示
  • 神奈川県道24号横須賀逗子線

    神奈川県道24号横須賀逗子線から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の付け根付近を横断し、東京湾側と相模湾側を連絡する主要道路である。逗子市内「銀座通入口」交差点 - 「田越橋」交差点間は神奈川県道311号鎌倉葉山線と重複する。神奈川県道24号横須賀逗子線 フレッシュアイペディアより)

  • 長柄桜山古墳群

    長柄桜山古墳群から見た三浦半島三浦半島

    長柄桜山古墳群のそばには大きな平野はないが、一号墳から東京湾、二号墳から相模湾の眺望が開けるという点や、ヤマトタケルの伝説にもあるように、古代、三浦半島から房総半島方面への海上交通路が開けていたと考えられることからも、三浦半島の長柄桜山古墳群は畿内方面から相模を通り、上総など房総方面へ向かう道筋を望む場所であり、そのような場所に古墳群が造営されたことに大きな意味があると見られている。また同じ神奈川県内の相模川河口近くの砂丘地帯という、生産の拠点としてはふさわしくないものの、交通の要衝に長柄桜山古墳群の少し前に造営されたと見られる平塚市の真土大塚山古墳との類似性が注目される。長柄桜山古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の重要湿地500

    日本の重要湿地500から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島の湾・入江干潟および沿岸(小田和湾、諸磯湾、油壷湾、小網代湾、江奈湾、大浦海岸、城ヶ島、剱崎、三浦海岸、観音崎など)日本の重要湿地500 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦丘陵

    三浦丘陵から見た三浦半島三浦半島

    三浦丘陵(みうらきゅうりょう)は、三浦半島を南北に連なる丘陵である。北側で多摩丘陵と地形的につながっている。最高標高は241m(大楠山)と低く、東京・横浜方面からは横須賀線や京急各線を利用して手軽に登ることができるハイキングコースとなっている。三浦丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 川越市の歴史

    川越市の歴史から見た三浦半島三浦半島

    長崎港でフェートン号事件などが起こり列強が日本に迫ると、文政3年(1820年)、武蔵国一の大藩である川越藩は会津藩に代わって相州警固役を命ぜられ、三浦半島が川越藩領となり、川越藩は浦の郷陣屋などを設け三崎・大津・観音崎・走水などに藩兵を駐屯させ砲台を置いた。弘化4年(1847年)、幕府は「御固四家」制を敷き、川越藩(三浦半島)、彦根藩(湘南)、会津藩・忍藩(房総半島)という海防体制になる。黒船が来航したのは浦賀・三崎など川越藩の管轄地であり、モリソン号事件、アメリカ艦隊のビッドル来航やペリー来航など開国という歴史のうねりに、川越藩は常に最前線で関係した(内池武者右衛門など参照)。ペリー上陸では川越藩兵500人が久里浜でペリーを警護し、藩主・松平典則は詳細な報告書を幕府に提出した。嘉永6年(1853年)に川越藩は内海防衛に回り、品川台場(第1台場)の建設・防衛を川越藩が担い、川越でも藩の鋳物を請け負っていた小川家がカノン砲を鋳造した。また高輪に陣屋を構えた。江戸で「当今江戸無類の上手」と謳われた藤枝英義はこの時期に活躍した川越藩の刀匠である。これら武備増強は川越にとって財政的重荷となったが、川越藩は外国の事情に最も通暁した藩の1つであり、内陸都市にも拘わらず時代の変化を読む先取の風土が生まれた。鈴木商店創業者の鈴木岩治郎などそうした川越人の起業家精神の一例である。川越市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 南下浦町

    南下浦町から見た三浦半島三浦半島

    三浦半島南東部に位置し、北は横須賀市北下浦、西は三浦市初声町地域(旧三浦郡初声村)と三浦市三崎地域(旧三浦郡三崎町)、東は浦賀水道(金田湾)に面し、南は太平洋に面している。南下浦町上宮田、南下浦町菊名、南下浦町金田、南下浦町松輪、南下浦町毘沙門の5地区に分かれており、合計人口は16,864人。(2009年9月現在)南下浦町 フレッシュアイペディアより)

  • 音吉

    音吉から見た三浦半島三浦半島

    7月30日、同船が三浦半島の城ヶ島の南方に達したとき予期せぬ砲撃にさらされる。これがモリソン号事件である。当時、日本にはイギリスを始めとする外国船が頻繁に来航しており、これらの中には無許可での上陸や暴行事件を引き起こすものもあり、特にフェートン号事件以降、江戸幕府は異国船打払令を発令し、日本沿岸に接近する外国船は、見つけ次第に砲撃して追い返すという強硬姿勢をとっていた。モリソン号もイギリスの軍艦と誤認されて砲撃されたのである。後にモリソン号は軍艦ではなく非武装の商船であり、さらに日本人漂流民をわざわざ送り届けに来たことが分かると、この事件に触発されて渡辺崋山、高野長英らが幕府の政策を批判する著書を記し、幕府によって逮捕される蛮社の獄が起こる。音吉 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道26号横須賀三崎線

    神奈川県道26号横須賀三崎線から見た三浦半島三浦半島

    横須賀市街で国道16号から別れ南西方向に向かい、三浦半島東部から中央部の丘陵地を越えて半島西部(相模湾側)に抜け、国道134号との重複区間にて南下し、三浦市の中心部である三崎の市街へと至る。全線に亘り2車線の道路である。神奈川県道26号横須賀三崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 天神島

    天神島から見た三浦半島三浦半島

    島ではあるが陸地(三浦半島)から小さな水路を隔てただけであるため「天神橋」を使い簡単に渡ることが出来る。島は一部の住宅とハーバー(佐島マリーナ)がある他は殆ど森林などが生い茂っている。天神島 フレッシュアイペディアより)

  • 関東ふれあいの道

    関東ふれあいの道から見た三浦半島三浦半島

    関東ふれあいの道(かんとうふれあいのみち)とは、環境省の長距離自然歩道構想に基づき関東地方1都6県が整備している自然歩道のことである。別名を首都圏自然歩道(しゅとけんしぜんほどう)という。東京都八王子市高尾山麓にある国道20号沿いの「梅の木平」を起終点に、関東地方の東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県の順に1周し、自然歩道の総延長は1,799kmにおよぶ。以前は総延長が1,655kmであったが、2007年から2009年にかけて栃木県茂木町内の既設路線から分岐北上し、那珂川沿いを経て、東北自然歩道の福島県白河市に至るルート134kmが整備され追加された。 沿道には、高尾山、奥多摩、妙義山、筑波山、九十九里浜、三浦半島、丹沢などがあり、美しい自然や田園風景、歴史や文化遺産にふれあうことができるようになっている。各コースの起点は駅やバス停としていることが多いが、中にはバス路線が廃止されているコースもあり踏破には注意を要する。関東ふれあいの道 フレッシュアイペディアより)

248件中 81 - 90件表示

「三浦半島のできごと」のニューストピックワード