260件中 11 - 20件表示
  • スーパーポリス

    スーパーポリスから見た三浦友和三浦友和

    現役のテレビ局のレポーターや警察学校をクビになった若者などがメンバーという日本の刑事ドラマ史上異例の設定が特色であった。出演者は「土曜9時の顔」丹波哲郎を筆頭に、『太陽にほえろ!』以来の刑事ドラマ出演となった小野寺昭、『西部警察PART-II』で沖田刑事を演じた三浦友和、若手には『科学戦隊ダイナマン』ダイナブルー役・卯木浩二や『宇宙刑事シャイダー』アニー役・森永奈緒美を抜擢するなど幅広い人選がなされた。第6話よりOPタイトルに「それは、?自由な魂と強い意志とやさしい愛の仲間たち?」とのテロップが挿入された。スーパーポリス フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見た三浦友和三浦友和

    2010年1月現在、提供曲は400曲を超えている。提供先は女性歌手が多いが、アイドル系(河合奈保子、斉藤由貴、西村知美、松田聖子、山口百恵、等)、シンガーソングライター系(小椋佳、さだまさし、やしきたかじん、等)、歌謡曲系(伊東ゆかり、西郷輝彦、高橋真梨子、布施明、等)、演歌系(五木ひろし、島倉千代子、森進一、等)と、多方面に亘る。三浦友和、桃井かおり、倉橋ルイ子、平井菜水は、全収録曲が来生たかおの手によるアルバムを発表している。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のテレビ (日本)

    1978年のテレビ (日本)から見た三浦友和三浦友和

    あすなろの詩(出演:池内淳子、三浦友和、夏目雅子、杉村春子 他)1978年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • テレビ探偵団

    テレビ探偵団から見た三浦友和三浦友和

    第004回(1986年11月09日) - 三浦友和テレビ探偵団 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕事人V・風雲竜虎編

    必殺仕事人V・風雲竜虎編から見た三浦友和三浦友和

    前作『旋風編』が異例の打ち切りとなった直後の作品であり、主題歌などいくつかの要素はそのまま引き継がれている。当時大河ドラマ『独眼竜政宗』に出演し、長男(元・Peaky SALTのヴォーカル・ユウ)の幼稚園入園などで芸能界を騒がせていた三浦友和や、三枚目として『テレビ三面記事 ウィークエンダー』に出演していた桂朝丸(現・2代目桂ざこば)を起用するなどして視聴率の好転が図られた。視聴率はやや持ち直したが、この放送中に次作『剣劇人』をもって15年続いた必殺シリーズのレギュラー放送を終了させることが決定した。必殺仕事人V・風雲竜虎編 フレッシュアイペディアより)

  • 純情きらり

    純情きらりから見た三浦友和三浦友和

    昭和初期、7歳になる有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元「山長」で味噌桶に落ちてしまう。4歳のときに母親・マサ(竹下景子)を病気で亡くしてからというもの、父親・源一郎(三浦友和)に男手ひとつで育てられていた。母親がいない桜子を可哀想に思った周囲の人々は、源一郎に再婚話を持ち込むが、桜子が亡くなった母親を恋しく思う姿を目の辺りにし、再婚を思いとどまるのだった。純情きらり フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た三浦友和三浦友和

    新人賞 三浦友和『伊豆の踊子』ほかブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 石原裕次郎

    石原裕次郎から見た三浦友和三浦友和

    気遣いのできる優しい性格と豪快な人柄から石原プロモーション所属の俳優達からはもちろん、『西部警察』で共演した三浦友和および柴俊夫らからも『石原社長』と呼ばれていた。さらに石原プロが倒産の危機のときには家のない社員全員に家を建ててプレゼントとしたことがある。また、現在でも石原プロのイベントなどで名物となっている炊き出しは、彼が考案したものである。石原裕次郎 フレッシュアイペディアより)

  • エデンの海 (1976年の映画)

    エデンの海 (1976年の映画)から見た三浦友和三浦友和

    山口百恵文芸シリーズ第4弾で、共演は南條豊。ちなみに百恵の主演映画では唯一三浦友和以外の俳優が相手役になった。しかし南條は百恵・三浦双方のファンから総スカンを喰らってしまった。エデンの海 (1976年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た三浦友和三浦友和

    男優助演賞 三浦友和『江戸城大乱』『仔鹿物語』『無能の人』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

260件中 11 - 20件表示

「三浦友和」のニューストピックワード