305件中 11 - 20件表示
  • ふりむけば愛

    ふりむけば愛から見た三浦友和三浦友和

    『ふりむけば愛』(ふりむけば あい)は、1978年製作の日本映画(東宝)。山口百恵・三浦友和の主演コンビ8作目で、リメイクや原作を持たないコンビ初のオリジナル作品である。監督はCM撮影を通じて師事していた大林宣彦。海外ロケ(サンフランシスコ)やコンビ初のベッドシーンも話題になった。公開時の惹句は、「愛はいつも偶然から生まれる。杏子が哲夫に出逢ったように――奔放な愛の嵐に打ちひしがれながらも、求め合い育み合う哀しみのラブストーリー」である。ふりむけば愛 フレッシュアイペディアより)

  • 霊南坂教会

    霊南坂教会から見た三浦友和三浦友和

    霊南坂教会(れいなんざかきょうかい)は元日本基督組合教会の中心的な教会。現在は、日本基督教団の著名な教会。三浦友和と山口百恵が結婚式を挙げた教会として有名。初期の頃は、東京第一基督教会と呼ばれた。霊南坂教会 フレッシュアイペディアより)

  • 泥だらけの純情

    泥だらけの純情から見た三浦友和三浦友和

    『泥だらけの純情』(どろだらけのじゅんじょう)は、藤原審爾の1962年に発表された短篇小説。1963年に吉永小百合と浜田光夫主演、1977年に山口百恵と三浦友和主演で映画化され、1991年にテレビドラマ化されている。泥だらけの純情 フレッシュアイペディアより)

  • COVERS (RCサクセションのアルバム)

    COVERS (RCサクセションのアルバム)から見た三浦友和三浦友和

    洋楽のカバーアルバムとして釘打たれ、全曲、洋楽のヒット曲に日本語詞をつけた内容。ゲストとして山口冨士夫、三浦友和、泉谷しげる、更に桑竹居助の偽名にてサザンオールスターズの桑田佳祐らが参加している。COVERS (RCサクセションのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た三浦友和三浦友和

    出演:深田恭子、野波麻帆、窪塚洋介、西田ひかる、仁科亜季子、伊武雅刀、うつみ宮土理、三浦友和、大滝秀治 他2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見た三浦友和三浦友和

    2010年1月現在、提供曲は400曲を超えている。提供先は女性歌手が多いが、アイドル系(河合奈保子、斉藤由貴、西村知美、松田聖子、山口百恵、等)、シンガーソングライター系(小椋佳、さだまさし、やしきたかじん、等)、歌謡曲系(伊東ゆかり、西郷輝彦、高橋真梨子、布施明、等)、演歌系(五木ひろし、島倉千代子、森進一、等)と、多方面に亘る。三浦友和、桃井かおり、倉橋ルイ子、平井菜水は、全収録曲が来生たかおの手によるアルバムを発表している。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • 宇津井健

    宇津井健から見た三浦友和三浦友和

    2014年4月20日にテレビ朝日で放送された『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』において、エンディング場面で追悼のテロップが流された。5月1日、ホテルオークラ東京でお別れの会が開かれ、水谷豊、三浦友和ら1000人が出席した。宇津井健 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・ラブ (映画)

    ホワイト・ラブ (映画)から見た三浦友和三浦友和

    『ホワイト・ラブ -White Love-』は、1979年製作の日本映画。東宝配給。山口百恵・三浦友和の主演コンビ10作目を記念した作品である。それを記念して、ストーリーの原案は一般からの公募で中川美知子によるものに決定した。監督は小谷承靖。コンビとしては前年の『ふりむけば愛』以来となる2度目の日本国外ロケ(スペイン)を敢行した。公開時のキャッチコピーは、「愛は、いつもバラ色に染まりながらいくつもの涙と混ざりあっていつか、白くかわってゆく――」である。ホワイト・ラブ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • スーパーポリス

    スーパーポリスから見た三浦友和三浦友和

    現役のテレビ局のレポーターや警察学校をクビになった若者などがメンバーという、日本の刑事ドラマ史上異例の設定が特色であった。出演者は、『Gメン'75』で主演した丹波哲郎を筆頭に、『太陽にほえろ!』以来の刑事ドラマ出演となった小野寺昭、『西部警察PART-II』で沖田刑事を演じた三浦友和、若手には『科学戦隊ダイナマン』ダイナブルー役・卯木浩二や『宇宙刑事シャイダー』アニー役・森永奈緒美を抜擢するなど、幅広い人選がなされた。第6話よりOPタイトルに「それは、?自由な魂と強い意志とやさしい愛の仲間たち?」とのテロップが挿入された。スーパーポリス フレッシュアイペディアより)

  • 西河克己

    西河克己から見た三浦友和三浦友和

    「西河克己といえば吉永小百合もの」といわれるくらい、1960年代に入ると『若い人』(主演:石原裕次郎、吉永小百合)、『青い山脈』(主演:吉永小百合)、『伊豆の踊子』(主演:吉永小百合)、『エデンの海』(主演:高橋英樹、和泉雅子)、『帰郷』(主演:吉永小百合)などの作品でその才能を遺憾なく発揮し、日本映画の全盛期を飾った。中でも『伊豆の踊子』、『絶唱』(主演:舟木一夫)はいずれもリメイク作品であるが、ともに前作を大きく上回ってヒットし、西河監督の地位を揺るぎのないものにした、まさに代表作といえる。日活がロマンポルノ路線に転換する以前、1969年(昭和44年)の『夜の牝 年上の女』(主演:野川由美子)を最後にテレビ界に籍を移す。その後、1974年(昭和49年)の『伊豆の踊子』(主演:山口百恵)のリメイクで映画界に復帰し、山口百恵・三浦友和の共演で『潮騒』(1975年)、『絶唱』(1975年)、『エデンの海』(1976年)のリメイク作品や、『春琴抄』(1976年)、『どんぐりっ子』(主演:森昌子、1976年)を監督した。西河克己 フレッシュアイペディアより)

305件中 11 - 20件表示

「三浦友和」のニューストピックワード