305件中 21 - 30件表示
  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た三浦友和三浦友和

    男優助演賞 三浦友和『江戸城大乱』『仔鹿物語』『無能の人』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た三浦友和三浦友和

    新人賞 三浦友和『伊豆の踊子』ほかブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群

    日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群から見た三浦友和三浦友和

    借金の取り立て屋である室田(三浦友和)と、その妻夕子(南果歩)のもとに、流れ者の一発屋である山倉(竹内力)が迷い込んでくる。そこに刑務所帰りの成田(永島敏行)が現れる。成田は室田の幼なじみであった…。日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本

    1980年の日本から見た三浦友和三浦友和

    3月7日 - 歌手の山口百恵が俳優の三浦友和との婚約を発表。1980年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜ミステリー9

    水曜ミステリー9から見た三浦友和三浦友和

    初回放送(リニューアル第1作目)は松本清張原作『渡された場面』(三浦友和主演)で、30分拡大放送となった。BSジャパンで2005年4月17日(日曜日)に先行放送、続いて地上波(TXN系列局・ぎふチャン・びわ湖放送)で同月20日(水曜日)に放送された。水曜ミステリー9 フレッシュアイペディアより)

  • はみだし弁護士・巽志郎

    はみだし弁護士・巽志郎から見た三浦友和三浦友和

    『はみだし弁護士・巽志郎』(はみだしべんごし・たつみしろう)は、1996年から2012年までテレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全12回。制作はABCと東阪企画。主演は三浦友和はみだし弁護士・巽志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い疑惑

    赤い疑惑から見た三浦友和三浦友和

    『赤い疑惑』(あかいぎわく)は、1975年10月3日から1976年4月16日までTBS系列で放送されたテレビドラマ。赤いシリーズ第2弾。平均視聴率23.4%、最高30.9%(関東地区)を記録した。主な出演者は宇津井健、山口百恵、三浦友和。山口百恵と三浦友和のドラマ初共演作。赤い疑惑 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ探偵団

    テレビ探偵団から見た三浦友和三浦友和

    三菱電機の一社提供番組であったため、懐かしのCMを流す「なつかCM」においては原則として他社の電化製品CMを流すことはなかったが、例外的に松下電器産業(現・パナソニック)提供の『ナショナルキッド』については、スポンサーのブランド名が入っているのにもかかわらず。また、三浦友和が出演していたパナソニック サイクルテックのCMも、。テレビ探偵団 フレッシュアイペディアより)

  • 大林宣彦

    大林宣彦から見た三浦友和三浦友和

    1歳のとき父が軍医として南方に出征したため、母方の実家、尾道の山の手で幼年期を過ごす。2歳でブリキの映写機のおもちゃに親しみ、6歳で35mmフィルムに手描きしてアニメーションを作った。映画監督は、映画を観て監督という職業を志すが、大林の場合は映画を観るより作ることから先に始まった。このとき作った『マヌケ先生』をもとにして後に三浦友和主演でテレビドラマ、映画が制作された。大林の映画作りは、尾道の旧い家の子供部屋の闇の中から、一人こつこつと始まる。少年期は特にアメリカ映画に強い影響を受けた。実家の持ち家の一つに新藤兼人が一時期住んでおり、毎週末通っていた映画館では“新藤おじさん”の隣で活動写真を見ていたこともあった。15歳のときに小津安二郎が『東京物語』を撮影する現場を見学。16歳の夏休みに福永武彦『草の花』を読み、感銘を受ける。いつかショパンのピアノ曲のような映画を作りたいと思い、それは30年後に『さびしんぼう』で実現する。高校時代は手塚治虫に憧れて漫画を描いたほか、ピアノを弾き、演劇活動をやり、同人誌を主宰して小説を書くなど、映画以外にも多彩な分野に芸術的関心を示した。大林宣彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のテレビ (日本)

    1975年のテレビ (日本)から見た三浦友和三浦友和

    フジテレビ系の歌謡番組『夜のヒットスタジオ』の司会を前年春より務めていた朝丘雪路がこの日の放送をもって降板(同時に1972年よりレギュラーとして番組に参加していた声優の野沢那智も降板)。翌4月7日放送分からは残った三波伸介、芳村真理のコンビ司会体制で放送を継続。尚、この日の放送は、4月5日に解散・引退の最終公演を控えていたザ・ピーナッツへの餞として「さよならザ・ピーナッツ」と題した特別企画が編成された回であり、以後、1976年のアグネス・チャン(留学に伴う芸能活動長期休止)、1978年の南沙織(学業専念に伴う芸能活動引退、翌年に写真家・篠山紀信と結婚)、1980年の山口百恵(俳優・三浦友和との結婚に伴う芸能活動引退)、1981年のピンク・レディー(解散、1990年代以降に数回期間限定で再結成)、石野真子(歌手・長渕剛との結婚による芸能活動引退、のち離婚により芸能界復帰)、1985年の高田みづえ(大相撲大関・若嶋津(当時)との結婚に伴う芸能活動引退)など、歌手の引退・解散・長期休業時における「さよなら企画」が同番組の名物企画として定着していくことに。1975年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

305件中 21 - 30件表示

「三浦友和」のニューストピックワード