305件中 31 - 40件表示
  • 赤いシリーズ

    赤いシリーズから見た三浦友和三浦友和

    例えば、山口百恵が主役もしくは準主役を務めた作品。第2作『赤い疑惑』では白血病で余命幾ばくもない薄幸な少女が前面に押し出され、異母兄妹による恋愛に悩む姿も描かれている。第3作『赤い運命』では検事の生き別れの娘が殺人犯の娘と間違えて引き取られ殺人事件に巻き込まれ、第4作『赤い衝撃』ではスプリンターが銃撃により半身不随になる、第6作『赤い絆』では赤線(売春街)で生まれた少女が偏見と向き合う、等と、少女には常に逆境が用意されている。その支えとなるのが、恋人や家族である。三浦友和は『赤い疑惑』、『赤い衝撃』、最終作(テレビスペシャル)『赤い死線』で恋人役を演じており、はまり役となっていた。赤いシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 森村誠一サスペンスシリーズ

    森村誠一サスペンスシリーズから見た三浦友和三浦友和

    第1作は根津甚八、2003年の第2作から2008年の第7作までは三浦友和が主演の川合祐介を演じている。森村誠一サスペンスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭 (テレビドラマ)

    五稜郭 (テレビドラマ)から見た三浦友和三浦友和

    戊辰戦争、特に箱館戦争を通して榎本武揚の半生を描いた作品である。主演里見浩太朗。田村高廣や三浦友和が特別出演している。五稜郭 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • サントリー

    サントリーから見た三浦友和三浦友和

    1993年に300mlボトルで発売。黒いラベルの淡麗辛口と白いラベルの超淡麗辛口の2種類が発売され、当時加藤茶と三浦友和が親子という設定で共演したCMも話題を呼んだ。この頃サントリーは「ウイスキーは冷蔵庫へ」のキャッチフレーズで知られる「リザーブ&ウォーター」に代表されるように、あらかじめ水割りにした製品を製造し、その手軽さが受けたことで売り上げを伸ばし、ギフトCMもつくられたが、数年後には下火になり、その後製造中止に至っている。サントリー フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た三浦友和三浦友和

    出演歌手の恋愛相性をコンピュータで計算、理想の相手を選出・紹介する(と言う設定だが、山口百恵が行った時三浦友和が選出される等、事前の「仕込み」があったと思われる)コーナー。歌謡ドラマ同様に、番組初期を代表する人気コーナーであったが、三波伸介の司会抜擢直後に一時廃止(同コーナーに割り当てられていた時間を歌謡ドラマに充当しバラエティー色の強化を図った)。その後、1976年4月の井上順司会抜擢直後に歌謡ドラマが廃止されたことに伴い、心理学者の浅野八郎を監修に迎える形で趣向を新たにして復活したが、同年7月を放送400回を迎えたのを機に再び廃止(ここから歌謡バラエティー路線から正統の音楽番組路線への転換の機運が本格化した)。その後、『DELUXE』時代の1988年11月に放送20周年を迎えた際の特別企画として復刻版を行ったところ好評だったことから、その後、1989年まで不定期のコーナーとして一時復活した。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た三浦友和三浦友和

    助演男優賞 三浦友和(『転々』『松ヶ根乱射事件』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 石原裕次郎

    石原裕次郎から見た三浦友和三浦友和

    気遣いのできる優しい性格と豪快な人柄から石原プロモーション所属の俳優達からはもちろん、『西部警察』で共演した三浦友和および柴俊夫らからも『石原社長』と呼ばれていた。さらに石原プロが倒産の危機のときには家のない社員全員に家を建ててプレゼントとしたことがある。また、現在でも石原プロのイベントなどで名物となっている炊き出しは、裕次郎が考案したものである。石原裕次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦貴大

    三浦貴大から見た三浦友和三浦友和

    大学時代は精神保健福祉士を目指していたが、社会には様々なタイプの人間が存在することを知って、俳優になることを決める。大学卒業間際、父・三浦友和にそのことを報告すると、反対は一切なく、知り合いの『ALWAYS 三丁目の夕日』の阿部プロデューサーに相談してくれ、デビュー作が決まった(映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』)。同作での演技が評価され、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞および第35回報知映画賞新人賞を受賞する。三浦貴大 フレッシュアイペディアより)

  • MGC パイソン

    MGC パイソンから見た三浦友和三浦友和

    西部警察 - 舘ひろし(PPCカスタム4インチ)、三浦友和(4インチ)MGC パイソン フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た三浦友和三浦友和

    大映が1960年代が1970年代にかけて新東宝から大映に移籍した宇津井健主演のザ・ガードマンをロングヒットさせ、宇津井はその後も大映テレビの顔として活躍した。1970年代は「赤いシリーズ」で三浦友和、山口百恵のコンビが特に有名。「京都地検の女」と「京都迷宮案内」の主人公が同じドラマ同士で出演あり。石立鉄男も大映テレビの常連のスターであった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

305件中 31 - 40件表示

「三浦友和」のニューストピックワード