前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • 三浦友和

    三浦友和から見たオリコン

    ほほえみの扉/ふりむけば愛(1978年11月1日) オリコン最高位11位三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た吉永小百合

    1984年の東映映画「天国の駅 HEAVEN STATION」では、主役の吉永小百合の運命を狂わせる悪徳警察官を演じ、それまで多かった好青年のイメージから脱却している。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た宇津井健

    二十歳の春、TBS『シークレット部隊』で芸能界デビューする。芸名の「友和」は、先輩の宇津井健が同ドラマプロデューサーの野添和子(現・大映テレビ顧問)の名前の「和」の字を取って命名したものである。長髪と汚れた服というイメージの当時の若者とは正反対の「こんな奴はいないだろう」(本人談)というような七三分けの真面目なガードマン役だった。このとき忌野清志郎に「七三分け?お前なんかもう友達じゃないよ」と言われるが、それでも忌野はドラマを見て、たった一言だけの三浦のセリフを何度も真似た。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た山口百恵

    1970年代に二枚目の俳優として10代に大変な人気があった。特に1970年代後半、山口百恵と共演した主演映画・ドラマが次々とヒットし、「百恵友和コンビ=ゴールデンコンビ」と呼ばれた。山口との共演映画は、すべて東宝配給ながらもホリプロ製作で撮影所、スタッフなどは日活系で固められているが、山口と離れて主演した映画は東宝撮影所でのものがほとんどで、専属契約こそ交わしていないものの、事実上、最後の東宝男優である。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た報知映画賞

    第10回報知映画賞助演男優賞三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た沈まぬ太陽

    沈まぬ太陽(2009年) - 行天四郎 役三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た日本たばこ産業

    日本専売公社(現:JT)キャビン ※当時たばこのCMに起用した際に、三浦のスタンスが俳優かアイドルか、国会で問題になったことがある。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見たサントリー

    サントリー 冷撰洋酒 (1993年)※加藤茶と親子という設定で共演。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た渡哲也

    『西部警察PART-II』で共演した渡哲也に惚れ込み、渡の出演する作品に自らノーギャラで出演要請するなど公私ともに渡を慕っている。百恵夫人が引退コンサートでステージ上に置いたマイクが長年にわたり自宅に保管してあったため渡に相談。その結果、渡の計らいで北海道小樽市ワーナー・マイカル・シネマズ小樽内にあった石原プロワールド・西部警察に展示され話題になった(現在は、同じく小樽市にある石原裕次郎記念館に展示されている)。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦友和

    三浦友和から見た三浦貴大

    妻は元歌手、女優の山口百恵(1980年11月19日結婚)、長男はシンガーソングライター、俳優の三浦祐太朗で、次男は俳優の三浦貴大。姉のひろ子もかつて牧陽子、三浦弘子の芸名で歌手・タレントとして活動しており、夫(義兄)はラリードライバーの篠塚建次郎。甥は俳優・タレントの絲木建太。姉の弘子が経営する清里のペンション『LaVERDURA(ラベル デューラ)』の立ち上げに尽力し、現在も、定期的に家族で静養に出かけている。三浦友和 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「三浦友和」のニューストピックワード