前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • コンピュータ将棋

    コンピュータ将棋から見た三浦弘行三浦弘行

    第2回将棋電王戦第5局の総括インタビューで三浦弘行は「事前の研究で、GPSの弱点には気づきませんでしたか?」と質問されて「明らかな癖などは見つかりませんでした。でも逆に、それでよかったと思っています。もし見つかっていれば、そこを衝くべきかどうか思い悩んだでしょうから。弱点を衝いて勝ったとしても、それで勝ったといえるのかというところがありますので。ただ団体戦だから、本当はやりたくなくてもそうすべきだという考え方もありますし・・・難しいところです」と答えている。コンピュータ将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年度の将棋界

    2016年度の将棋界から見た三浦弘行三浦弘行

    10日 - 三浦弘行九段が将棋ソフト不正使用疑惑をかけられる。2016年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津主税

    阿久津主税から見た三浦弘行三浦弘行

    第21期(2008年度)竜王戦3組で優勝し、本戦初出場。久保利明を相手に1勝を挙げる(2戦目で1組2位の木村一基に敗れる)。翌期は2組から降級したが第23期(2010年度)で再び3組優勝。本戦では2組2位の三浦弘行と1組2位の松尾歩に勝つが、3戦目で1組3位の羽生善治に千日手差し直しの末に敗れて挑戦者決定三番勝負進出を逃す。阿久津主税 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山忠久

    丸山忠久から見た三浦弘行三浦弘行

    2016年、第29期竜王戦挑戦者決定戦において、三浦弘行九段に敗れるものの、三浦九段が出場停止となり、繰り上げで竜王戦七番勝負に出場。渡辺明竜王との七番勝負は、両者3勝3敗で最終局までもつれ込む。12月21日、22日に新潟県南魚沼市の 「温泉御宿 龍言」で行なわれた第7局で、丸山は果敢に攻めるも惜敗。3勝4敗で竜王獲得は成らなかった。丸山忠久 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正和 (棋士)

    渡辺正和 (棋士)から見た三浦弘行三浦弘行

    第52期王位戦で、予選決勝で中村修に勝利し初のリーグ入りを果たす。勢いに乗ってその後も勝ち星を重ね、2011年1月19日の竜王戦6組ランキング戦2回戦の対伊藤博文戦で勝利した時点で、フリークラスから順位戦C級2組への昇級条件の1つ(良いとこ取り30局以上で勝率6割5分以上)を満たし、昇級を果たした。その昇級決定後に始まった王位リーグでは、残留はならなかったがA級棋士の三浦弘行から勝ち星を挙げた。渡辺正和 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 西村一義

    西村一義から見た三浦弘行三浦弘行

    弟子に藤井猛、三浦弘行、阿部健治郎、星野良生、および、女流棋士の山田久美、藤田綾、北尾まどかがいる。藤井と三浦は2001年にA級へ同時昇級、タイトルも獲得する活躍をしている。また、藤井と三浦と星野は升田幸三賞を受賞している。西村一義 フレッシュアイペディアより)

  • 屋敷伸之

    屋敷伸之から見た三浦弘行三浦弘行

    第68期(1997年度)棋聖戦において三浦弘行棋聖に挑戦し、3勝1敗で奪取。3度目の棋聖位に就く(次期の防衛戦(第69期・1998年度)では郷田真隆の挑戦を受け、0勝3敗で失冠)。これでタイトル通算3期となる。当時七段の屋敷は、あとは八段昇段すれば自動的に九段の資格を得られることとなった。屋敷伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋ソフト不正使用疑惑

    将棋ソフト不正使用疑惑から見た三浦弘行三浦弘行

    三浦弘行九段(第29期竜王戦挑戦者)が、将棋ソフトを使用して対局中にカンニングを行ったのではないかと疑われ、三浦が休場の意向を示したにも関わらず、期限までに休場届を出さなかったことを理由に、直前に迫っていた竜王戦を含む12月31日までの公式戦出場停止となったが、後の第三者委員会の判断では、不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと結論付けられた。将棋ソフト不正使用疑惑 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た三浦弘行三浦弘行

    2011年1月6日、第36期棋王戦挑戦者決定戦第2局において広瀬章人王位に勝利。敗者ゾーンからの2連勝で久保への挑戦権を獲得したが、1勝3敗で奪取はならなかった。2月17日、第60期王将戦リーグ残留決定戦では三浦弘行を破り、王将リーグ初残留を決めた。7月、第59期王座戦挑戦者決定戦で久保利明を破って挑戦権を得て、9月27日、3-0のストレートで19連覇中の羽生王座を下し初の王座位を獲得。初めての複数冠となり、規定により序列1位となる。また、第19期銀河戦において糸谷哲郎を下して4年ぶり3回目の優勝。12月2日、第24期竜王戦で丸山忠久を4-1で下し、竜王戦8連覇を達成した。そして、渡辺が勝利した第24期竜王戦第4局で名局賞を受賞した。一方で第32回JT将棋日本シリーズで決勝戦に進出するも、羽生に敗れ準優勝。第61期王将戦リーグでは4-2で残留。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 将棋マガジン

    将棋マガジンから見た三浦弘行三浦弘行

    羽生善治の七冠独占による将棋ブームで世間に将棋ファンが増えていた頃、1996年10月号をもって謎の発行終了をする。最終号は、奇しくも羽生の七冠の一角を三浦弘行が崩したことを伝えるものであった。将棋マガジン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「三浦弘行」のニューストピックワード