前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 屋敷伸之

    屋敷伸之から見た三浦弘行三浦弘行

    第68期(1997年度)棋聖戦において三浦弘行棋聖に挑戦し、3勝1敗で奪取。3度目の棋聖位に就く(次期の防衛戦(第69期・1998年度)では郷田真隆の挑戦を受け、0勝3敗で失冠)。これでタイトル通算3期となる。当時七段の屋敷は、あとは八段昇段すれば自動的に九段の資格を得られることとなった。屋敷伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 高島弘光

    高島弘光から見た三浦弘行三浦弘行

    C級1組から陥落して迎えた第53期(1994年度)C級2組順位戦では、出だし2連敗から7勝3敗とし、53歳にして順位戦勝ち越しをする。ちなみに、この3敗のうちの2敗は、後にタイトルホルダーとなる三浦弘行と久保利明から喫したものである。高島弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 今泉健司

    今泉健司から見た三浦弘行三浦弘行

    1987年に奨励会関西入り。関西同期では四段入りしたものは居らず、関東同期では川上猛・三浦弘行・田村康介ら。1994年から三段リーグに在籍していたが、1999年に年齢制限により退会。奨励会時代の師匠は小林健二九段。今泉健司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀司

    佐藤秀司から見た三浦弘行三浦弘行

    第53期(1994年度)C級2組順位戦の昇級争いは、史上まれに見るハイレベルな戦いとなり、佐藤は9勝1敗の好成績ながらリーグ表で低順位(20位)のため、頭ハネで昇級3名の枠に入れなかった(深浦康市(9位)も同じく9勝1敗で頭ハネに泣いている)。このときの昇級者は、久保利明(24位、10勝0敗)、三浦弘行(6位、9勝1敗)、中川大輔(8位)。佐藤秀司 フレッシュアイペディアより)

  • 小林裕士

    小林裕士から見た三浦弘行三浦弘行

    第74期(2003年度)棋聖戦で、島朗、三浦弘行を破り、ベスト8進出。小林裕士 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部光瑠

    阿部光瑠から見た三浦弘行三浦弘行

    プロ1年目の2011年度は、第5回朝日杯将棋オープン戦では二次予選で三浦弘行、丸山忠久を連破、本戦1回戦では森内俊之名人に勝利してベスト8に進出し、大器の片鱗を見せたが、持ち時間の長い順位戦では苦戦し、初参加の第70期は前半の5連敗から後半4勝1敗と巻き返して、4勝6敗で辛くも降級点を回避した。阿部光瑠 フレッシュアイペディアより)

  • 中田功

    中田功から見た三浦弘行三浦弘行

    2010年、福岡市中央区で行われた名人戦(羽生善治対三浦弘行)の第4局で副立会人を務めた。NHK BS2にて、対局場と生家が歩いて行けるほどの近距離ということを明かし、「複雑な気持ちです」、「うれしいです」という2つの相反する感想を述べた。中田功 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚祐紀

    飯塚祐紀から見た三浦弘行三浦弘行

    第23期(1997年度)棋王戦でベスト4。敗者復活戦に回ったが郷田真隆に敗れ、挑戦者決定二番勝負進出はならなかった。同棋戦では、第27期(2001年度)でも青野照市、島朗らを破ってベスト8。さらに、第28期(2002年度)でも三浦弘行に勝ちベスト8。飯塚祐紀 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部健治郎

    阿部健治郎から見た三浦弘行三浦弘行

    プロ入りの時、尊敬する棋士について問われた際、藤井猛・三浦弘行・中座真を挙げている。このうち藤井と三浦の2名は同じ西村門の兄弟子であり、タイトル獲得経験者でもある。また、3名とも升田幸三賞受賞者である。阿部健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 村山慈明

    村山慈明から見た三浦弘行三浦弘行

    2011年度、第52期王位戦でリーグ入り。佐藤康光、三浦弘行に勝つなど第4回戦まで無敗で単独トップに立ったが、最終の第5回戦で羽生善治(1敗)に負けて並ばれる。プレーオフでも羽生に敗れ挑戦者決定戦進出を逃したものの、陥落しやすいリーグとして知られる王位リーグでの残留は果たした。村山慈明 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示