40件中 11 - 20件表示
  • 高崎一生

    高崎一生から見た三浦弘行三浦弘行

    第51期(2010年度)王位戦で、森雞二、島朗、阿久津主税、窪田義行を破り、予選通過。リーグでは戸辺誠、三浦弘行に勝利するが、羽生善治らに敗れ2勝3敗に終わる。高崎一生 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎健二

    神崎健二から見た三浦弘行三浦弘行

    1998年度のC級1組順位戦では、勝てば昇級という最終局で負けて8勝2敗となり、B級2組昇級を逸する。このときの昇級者は、9勝1敗の三浦弘行と深浦康市であった(深浦が逆転昇級)。神崎健二 フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂幸雄

    宮坂幸雄から見た三浦弘行三浦弘行

    第10期(1997年度)竜王戦5組の昇級者決定戦決勝で、2ヶ月前まで棋聖だった三浦弘行に勝ち、4組へ復帰。宮坂幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た三浦弘行三浦弘行

    ●香田晋 - ○三浦弘行八段 …第68期名人戦第3局(2010年5月6日-7日) 羽生善治(勝ち)vs三浦弘行の投了図から大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 脇システム

    脇システムから見た三浦弘行三浦弘行

    非常に研究の進んだ戦法として知られ、棋士によっては詰みまで研究されているとも言われる。そのため三浦弘行などの研究熱心な棋士が得意としている。また、藤井猛により片矢倉(天野矢倉)との相性が良いことが発見された。脇システム フレッシュアイペディアより)

  • 西村一義

    西村一義から見た三浦弘行三浦弘行

    弟子に藤井猛、三浦弘行、阿部健治郎、および、女流棋士の山田久美、藤田綾、北尾まどかがいる。藤井と三浦は2001年にA級へ同時昇級、タイトルも獲得する活躍をしている。西村一義 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正和

    吉田正和から見た三浦弘行三浦弘行

    第52期王位戦で、予選決勝で中村修に勝利し初のリーグ入りを果たす。勢いに乗ってその後も勝ち星を重ね、2011年1月19日の竜王戦6組ランキング戦2回戦の対伊藤博文戦で勝利した時点で、フリークラスから順位戦C級2組への昇級条件の1つ(良いとこ取り30局以上で勝率6割5分以上)を満たし、昇級を果たした。その昇級決定後に始まった王位リーグでは、残留はならなかったがA級棋士の三浦弘行から勝ち星を挙げた。吉田正和 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡英作

    富岡英作から見た三浦弘行三浦弘行

    2007年度、第20期竜王ランキング戦2組の準決勝(2007年4月20日)で三浦弘行を破り、1組に初昇級。富岡英作 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生世代

    羽生世代から見た三浦弘行三浦弘行

    三浦弘行(1974年2月13日) - 1996年度の棋聖戦で初タイトル(相手は羽生)。2001年にA級昇級。羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム囲い

    ミレニアム囲いから見た三浦弘行三浦弘行

    プロ棋戦では三浦弘行が用い始め、角と桂馬によって玉を狙われることが少ないため藤井システムに対する有力な戦法として定着することとなった。ミレニアム囲い フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「三浦弘行」のニューストピックワード