40件中 21 - 30件表示
  • 横歩取り8五飛

    横歩取り8五飛から見た三浦弘行三浦弘行

    2009年のタイトル戦で羽生が△8五飛戦法を連採して、先手が新たな対応策を迫られる状況となり、戦法の新しいステージでの進化が進み始めている。羽生に三浦弘行が挑んだ2010年の名人戦では、4局中3局が横歩取りになり、うち2局で△8五飛と引く形になった。第一局では羽生が、第二局は三浦が△8五飛側を持ったが、どちらも羽生が勝ち、8五飛戦法という視点から見れば1勝1敗という結果であった。横歩取り8五飛 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り

    横歩取りから見た三浦弘行三浦弘行

    場合によっては飛車角の総交換になってしまうなど、もっとも激しい変化になりやすい選択肢であり、一気に終盤まで進む可能性がある。トップ棋士同士の対局でも、過去にわずか40数手で決着がつくこともあった(例えば、1997年の島朗 - 村山聖戦では、47手で島の勝利)。プロの間でほとんど採用されない戦法だったが、2004年より三浦弘行がA級順位戦などの重要な対局で積極的に採用し勝利を収めており、2005年の名人戦第5戦(羽生善治対森内俊之)でも森内が採用した。△8八角成▲同銀△7六飛と移行する。▲7七銀△7四飛と引くと、▲同飛で飛車・角行総交換の筋に入ることになる。横歩取り フレッシュアイペディアより)

  • GPS将棋

    GPS将棋から見た三浦弘行三浦弘行

    2013年4月20日 - 第2回電王戦で三浦弘行八段と対戦予定(670台のクラスタリング予定)GPS将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島栄治

    飯島栄治から見た三浦弘行三浦弘行

    第58回(2008年度)NHK杯戦で本戦出場し、三浦弘行らを破って3回戦(ベスト16)に進出(羽生善治に敗れる)。飯島栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 糸谷哲郎

    糸谷哲郎から見た三浦弘行三浦弘行

    初のネット公式棋戦である大和証券杯ネット将棋・最強戦の第1回(2007年(平成19年))に出場。前年の新人王戦優勝により参加資格を得た。結果は、1回戦で三浦弘行の前に敗退。糸谷哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 先崎学

    先崎学から見た三浦弘行三浦弘行

    第52回(2002年度)NHK杯戦で準優勝(優勝者は三浦弘行)。先崎学 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た三浦弘行三浦弘行

    第66期A級順位戦の最終一斉対局・対三浦弘行戦(2008年3月3日)は、佐藤康光が負け、自身が勝った場合のみA級残留という状況で迎えた。対局は千日手指し直しとなった。指し直し局開始までの小休憩の間、モニター映像には、早めに着座して丁寧に盤を磨く久保の様子が映った。この姿を見た解説役の深浦康市(順位戦で数々の辛酸をなめた)は、少し震えた声で「ぐっと来ますね」という言葉を漏らした。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一基

    木村一基から見た三浦弘行三浦弘行

    2005年、竜王戦の挑戦者決定三番勝負において2-0で三浦弘行を破り、ついにタイトル初挑戦。挑戦を決めた対局の後、盤の前に一人残り、涙を流した。しかし、七番勝負は渡辺明竜王に0-4で敗れる。木村一基 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立中央高等学校

    群馬県立中央高等学校から見た三浦弘行三浦弘行

    三浦弘行(将棋棋士/第27期生)群馬県立中央高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津主税

    阿久津主税から見た三浦弘行三浦弘行

    第21期(2008年度)竜王戦3組で優勝し、本戦初出場。久保利明を相手に1勝を挙げる(2戦目で1組2位の木村一基に敗れる)。翌期は2組から降級したが第23期(2010年度)で再び3組優勝。本戦では2組2位の三浦弘行と1組2位の松尾歩に勝つが、3戦目で1組3位の羽生善治に千日手差し直しの末に敗れて挑戦者決定三番勝負進出を逃す。阿久津主税 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「三浦弘行」のニューストピックワード