69件中 31 - 40件表示
  • 神崎健二

    神崎健二から見た三浦弘行三浦弘行

    1998年度のC級1組順位戦では、勝てば昇級という最終局で負けて8勝2敗となり、B級2組昇級を逸する。このときの昇級者は、9勝1敗の三浦弘行と深浦康市であった(深浦が逆転昇級)。神崎健二 フレッシュアイペディアより)

  • 村山慈明

    村山慈明から見た三浦弘行三浦弘行

    2011年度、第52期王位戦でリーグ入り。佐藤康光、三浦弘行に勝つなど第4回戦まで無敗で単独トップに立ったが、最終の第5回戦で羽生善治(1敗)に負けて並ばれる。プレーオフでも羽生に敗れ挑戦者決定戦進出を逃したものの、陥落しやすいリーグとして知られる王位リーグでの残留は果たした。翌第53期は2勝3敗で陥落。翌第54期は予選からの再出発となったものの、そこを再び勝ち抜き3年連続でリーグ入りを果たした(最終局で佐々木慎に1勝を挙げたのみで陥落)。村山慈明 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡英作

    富岡英作から見た三浦弘行三浦弘行

    2007年度、第20期竜王ランキング戦2組の準決勝(2007年4月20日)で三浦弘行を破り、1組に初昇級。富岡英作 フレッシュアイペディアより)

  • 明和県央高等学校

    明和県央高等学校から見た三浦弘行三浦弘行

    三浦弘行(将棋棋士/第7期)明和県央高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼殺し (将棋)

    鬼殺し (将棋)から見た三浦弘行三浦弘行

    近年では2017年 第3期叡王戦 九段予選?藤井猛対三浦弘行で藤井猛が採用し、勝利した。鬼殺し (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚祐紀

    飯塚祐紀から見た三浦弘行三浦弘行

    第23期(1997年度)棋王戦でベスト4。敗者復活戦に回ったが郷田真隆に敗れ、挑戦者決定二番勝負進出はならなかった。同棋戦では、第27期(2001年度)でも青野照市、島朗らを破ってベスト8。さらに、第28期(2002年度)でも三浦弘行に勝ちベスト8。飯塚祐紀 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一基

    木村一基から見た三浦弘行三浦弘行

    2005年、竜王戦の挑戦者決定三番勝負において2-0で三浦弘行を破り、ついにタイトル初挑戦。挑戦を決めた対局の後、盤の前に一人残り、涙を流した。しかし、七番勝負は渡辺明竜王に0-4で敗れる。木村一基 フレッシュアイペディアより)

  • 永瀬拓矢

    永瀬拓矢から見た三浦弘行三浦弘行

    第39期棋王戦の挑戦者決定トーナメントでは準決勝で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がって挑戦者決定二番勝負に進出。しかし、準決勝でも対戦した三浦弘行に1勝1敗で敗れ、挑戦はならなかった。永瀬拓矢 フレッシュアイペディアより)

  • 第29期竜王戦

    第29期竜王戦から見た三浦弘行三浦弘行

    決勝トーナメントでは三浦弘行九段が優勝し挑戦者に決まったが、将棋ソフト不正使用疑惑が発生し、決勝で敗れた丸山忠久九段が代替の挑戦者となった。第29期竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り8五飛

    横歩取り8五飛から見た三浦弘行三浦弘行

    2009年のタイトル戦で羽生が△8五飛戦法を連採して、先手が新たな対応策を迫られる状況となり、戦法の新しいステージでの進化が進み始めている。羽生に三浦弘行が挑んだ2010年の名人戦では、4局中3局が横歩取りになり、うち2局で△8五飛と引く形になった。第一局では羽生が、第二局は三浦が△8五飛側を持ったが、どちらも羽生が勝ち、8五飛戦法という視点から見れば1勝1敗という結果であった。横歩取り8五飛 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「三浦弘行」のニューストピックワード