前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    7日 -【JRA】第1回東京競馬第3日目第4競走(サラ系3歳混合未勝利戦、ダート1800m、16頭立て)で、2008年にデビューした三浦皇成が1着となり、通算100勝を達成した。デビューから11ヵ月7日での達成は1988年に達成した武豊の13か月16日を上回り、JRA史上最速記録を更新した。しかし、武が持つ史上最年少記録の更新には18日及ばなかった。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤 浩輝

    後藤浩輝から見た三浦皇成三浦皇成

    2009年の参加者は池添謙一、武豊、内田博幸、三浦皇成、鈴木淑子、井崎脩五郎であり、特に三浦は約1週間前の12月19日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、公の場で初めての飲酒となった。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    【JRA】 第3回中山競馬6日目第11競走(ラジオNIKKEI賞、サラ系3歳オープン、ハンデキャップ戦 芝1,800m、14頭立て)で、プランスデトワール(牡3歳、美浦:藤沢和雄厩舎)がスタート直後の第1コーナーで外へ逸走し、ショウナンパルフェ(牡3歳、美浦:二ノ宮敬宇厩舎、三浦皇成騎乗)とディアフォルティス(牡3歳、美浦:宗像義忠厩舎、村田一誠騎乗)の走路を妨害した。ディアフォルティスは落馬し競走中止となったほか、プランスデトワールも同じく競走中止となったが、馬は3週間の出走停止及び調教再審査、鞍上の横山典弘は「馬の制御が不十分だった」として騎乗停止1日(7月9日)の処分を受けた(ショウナンパルフェは第9位入線)。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 河野通文

    河野通文から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年8月より、自身と厩舎の公式ブログを開設。ブログでは比較的率直な言動が目立ち、例えば2009年3月にはフィフスペトルの弥生賞回避を巡り、同馬を管理する加藤征弘調教師が「三浦の調教ミスで回避を余儀なくされた」と当初メディアに発表したことに対して「三浦の調教は指示通りの内容だった」と反論(詳しくはフィフスペトルの記事を参照)。また美浦トレセンでの春闘に対しても「全く世相を理解していない」と組合側を批判したりもした。また当時の弟子の三浦との交際が報道されたタレント・ほしのあきに対しても激しく批判した。同時に三浦にもこの件を叱責した。河野通文 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田晴樹

    岡田晴樹から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年2月12日にJRA競馬学校を卒業し、3月1日デビューした三浦皇成騎手、伊藤工真騎手はアニマル・ベジテイション・カレッジ時代の先輩である。岡田晴樹 フレッシュアイペディアより)

  • 9頭落馬事故

    9頭落馬事故から見た三浦皇成三浦皇成

    2010年1月11日に中山競馬場で行われた第4レース(3歳新馬戦、ダート1800メートル)は16頭立てで行われ、三浦皇成騎乗のノボプロジェクトが先頭に立ち、2番手を勝浦正樹騎乗のフォルメンが追走する展開でレース終盤を迎えた。9頭落馬事故 フレッシュアイペディアより)

  • 上村洋行

    上村洋行から見た三浦皇成三浦皇成

    2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊、蛯名正義、角田晃一、藤田伸二、福永祐一、武幸四郎、秋山真一郎、池添謙一、北村宏司、藤岡佑介、川田将雅、鮫島良太、三浦皇成らがいるが「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である。上村洋行 フレッシュアイペディアより)

  • 有賀明美

    有賀明美から見た三浦皇成三浦皇成

    2011年12月:三浦皇成(騎手)、ほしのあき(タレント)有賀明美 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのウマ倶楽部

    みんなのウマ倶楽部から見た三浦皇成三浦皇成

    ほしのが命名した、ハシッテホシーノが出走レース毎に勝利すればほしのが何かを行うという企画。2008年10月12日の1戦目の2歳新馬戦(騎乗:三浦皇成)こそ2着という結果に終わったものの、2008年10月25日の2戦目の2歳未勝利戦(騎乗:松岡正海)で初勝利。勝利の際には公約としてほしのが水着姿になる事を宣言していた為、同年11月1日の放送で水着姿を披露。番組前半は白、後半は黒のビキニ姿で進行した。その後、2009年1月24日の放送内でおぎやはぎがほしのと木下のコスプレを提案し2人は承諾。その後、翌週1月31日の3戦目の3歳500万下(騎乗:松岡)で2連勝を飾った為、2人は番組終盤にコスプレ姿を披露した。その後の放送では、ハシッテホシーノがオークス出走権を獲得したため、ほしのが学校系コスプレを披露し、またその後の放送では、オークスで5着以内に入った場合、バニーガールコスプレをする予定だったが、ハシッテホシーノが目標の順位内に入っていなかったため、ほしのが乗馬服を披露した。ちなみに過去3回の露出系のコスプレの公約はおぎやはぎが提案するもののアンタッチャブルとの出演ローテーションの兼ね合い上、見ることが出来ていない。みんなのウマ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀武見

    加賀武見から見た三浦皇成三浦皇成

    1955年新堂捨蔵に弟子入り。しかし、翌年には一旦断念し、帰郷し青森牧場に勤務。後に阿部正太郎に牧場で見出されて再度厩舎に入り、1960年騎手となる。23歳でのデビューは当時としても遅いものだったが、デビュー1年目に58勝を挙げる。これは1987年に武豊に破られるまでの新人騎手最多勝記録であり、2008年に三浦皇成に破られるまで関東所属の新人騎手最多勝記録であった。加賀武見 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード