前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 後藤浩輝

    後藤浩輝から見た三浦皇成三浦皇成

    4月5日、中山競馬場に献花台が設けられ、最終レース終了後にパドックで「メモリアルセレモニー」を開催。師匠である伊藤正徳調教師、同期の小林淳一元騎手、後輩で家族ぐるみでの交流があったという三浦皇成らが生前の思い出を語り、後藤の両親および妻の麻利絵が弔辞を述べた。最後には、2011年ショウワモダンで安田記念を勝利した際の写真パネルを、当日中山で騎乗したジョッキーにより引退式同様に胴上げし、ファンによる「後藤コール」によって締めくくられた。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • 河野通文

    河野通文から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年8月より、自身と厩舎の公式ブログを開設。ブログでは比較的率直な言動が目立ち、例えば2009年3月にはフィフスペトルの弥生賞回避を巡り、同馬を管理する加藤征弘調教師が「三浦の調教ミスで回避を余儀なくされた」と当初メディアに発表したことに対して「三浦の調教は指示通りの内容だった」と反論(詳しくはフィフスペトルの記事を参照)。また美浦トレセンでの春闘に対しても「全く世相を理解していない」と組合側を批判したりもした。また当時の弟子の三浦との交際が報道されたタレント・ほしのあきに対しても激しく批判した。同時に三浦にもこの件を叱責した。河野通文 フレッシュアイペディアより)

  • ほしの あき

    ほしのあきから見た三浦皇成三浦皇成

    現在は活動休止状態である。夫は騎手の三浦皇成ほしのあき フレッシュアイペディアより)

  • 岡田晴樹

    岡田晴樹から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年2月12日にJRA競馬学校を卒業し、3月1日デビューした三浦皇成騎手、伊藤工真騎手はアニマル・ベジテイション・カレッジ時代の先輩である。岡田晴樹 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイス

    アドマイスから見た三浦皇成三浦皇成

    産駒はブラックカフェとマドモアゼルドパリが中央競馬で6勝しており、2頭がオープン馬となっている。2006年に出産したハシッテホシーノはタレントのほしのあきが名付け親となり、のちに夫婦となるほしのと三浦皇成が出会うきっかけを作ったことでも話題となっている。アドマイス フレッシュアイペディアより)

  • UMAJIN

    UMAJINから見た三浦皇成三浦皇成

    当初はその名の通り馬券攻略を中心とした構成で、「ロマン的な記事を一切廃(す)」としていた。その後、2006年12月と2007年5月に増刊号としてグラビアマガジン『keiba』を発行。藤田伸二や三浦皇成、手塚貴久ら騎手・調教師の公式ブログを多数プロデュースするなど、競馬関係者との繋がりを強めていった。UMAJIN フレッシュアイペディアより)

  • フィフスペトル

    フィフスペトルから見た三浦皇成三浦皇成

    ノーザンファーム空港牧場での育成調教を終え、5月31日に加藤征弘厩舎へ入厩したが、デビュー戦を函館競馬場で迎えるため、1ヶ月後に再び長距離移動して函館に入った。そして7月12日に行われたメイクデビュー函館では三浦皇成が騎乗して単勝2.7倍の1番人気に支持され、2着馬に2馬身半差をつけて初勝利を挙げた。この勝利はキングカメハメハ産駒のメイクデビュー初勝利となった。次走はラベンダー賞に出走登録を行っていたが回避し、重賞競走初挑戦となる函館2歳ステークスに出走した。レースでは最後の直線で抜け出していたナムラミーティアを交わし2馬身半差をつけて重賞競走初勝利を挙げた。この勝利は同時に、鞍上の三浦とキングカメハメハ産駒にとっても重賞競走初勝利となった。しかしレース後、左前脚に外傷を負っていたことが判明し、8月16日にノーザンファーム空港牧場へ放牧に出されて療養することになった。療養後、11月15日の京王杯2歳ステークスに1番人気に支持されて出走したが、レースでは逃げ切ったゲットフルマークスに敗れて2着だった。続くJpnI初挑戦となった朝日杯フューチュリティステークスでは、新たにクリストフ・ルメールを鞍上に迎えて出走し、レースでは中団待機から直線で一気に差しにいったが、最内の経済コースを通ったセイウンワンダーをアタマ差でかわすことができずに敗れて2着だった。そしてレース後は山元トレーニングセンターへ放牧に出された。フィフスペトル フレッシュアイペディアより)

  • ゲットフルマークス

    ゲットフルマークスから見た三浦皇成三浦皇成

    8月23日、三浦皇成を鞍上に札幌競馬場でデビュー。逃げて3/4馬身差で勝利する。ゲットフルマークス フレッシュアイペディアより)

  • イクスキューズ

    イクスキューズから見た三浦皇成三浦皇成

    2008年の初戦は中山牝馬ステークスで10着。4月、藤澤和雄厩舎から鹿戸雄一厩舎に転厩。転厩後初のレースとなった都大路ステークスは7着に終わった。続くエプソムカップでは14着だった。休養を挟み、11月のオーロカップに出走し、5着となった。続くターコイズステークスでは三浦皇成に乗り替わったが8着だった。続くファイナルステークスでは10着だった。イクスキューズ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た三浦皇成三浦皇成

    秋競馬の緒戦は京都大賞典。5番人気に推されたものの、7着に敗れた。その後、11月29日のジャパンカップでは後方からレースを進めるも直線で伸びあぐねて8着に終わった。続く有馬記念では松岡が騎乗停止になったため、三浦皇成に乗り替わりとなった。レースでは後方から追い上げてくるものの5着に敗れた。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード