52件中 11 - 20件表示
  • アーリーロブスト

    アーリーロブストから見た三浦皇成三浦皇成

    初戦は1月18日の京成杯。鞍上は再び福永に戻った。2番人気に支持されたが、直線抜け出して重賞初勝利となった。その後、3月8日の弥生賞に出走し3番人気に支持されたがこれまでの先行するスタイルから後方待機に転換し、6着に敗れる。皐月賞は先行したものの16着に惨敗。東京優駿は主戦の福永がセイウンワンダーに騎乗するためダービー初騎乗となる三浦皇成に乗り替わったが、15着から2秒近く離された16着に終った。アーリーロブスト フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野宏史

    鷹野宏史から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年3月1日付で美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属騎手としてJRA騎手免許交付。デビュー同期に伊藤工真、大江原圭、三浦皇成の3人と、大井から移籍してきた内田博幸がいる。同日、中山競馬第3競走でハイブリッドスターに騎乗しJRA初騎乗(10着)、5月18日、新潟競馬第3競走でアンブロークンに騎乗しJRA移籍後初勝利を挙げた。鷹野宏史 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    英国遠征中の三浦皇成(美浦)がフォスラス競馬場で行われたトートスポートコムハンデキャップで1着となり、海外遠征初騎乗初勝利を達成。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ラブイズブーシェ

    ラブイズブーシェから見た三浦皇成三浦皇成

    2歳12月から半年の休養を取り6月の阪神最終週の芝2200mに岩田康誠で臨み、2番人気に推されるが3着。直後に函館へ渡り三浦皇成に鞍上を戻すも芝2000mの未勝利戦で同様に2番人気3着。中1週で札幌芝2000mの未勝利戦で今度は1番人気の評価を受け先行するも2着に敗れる。ここから5ヶ月の休養を取り12月の中京芝2000mの500万条件戦で格上挑戦することとなり、11番人気の低評価となるが古馬の1?2勝馬相手にラブイズブーシェ フレッシュアイペディアより)

  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見た三浦皇成三浦皇成

    暫く間を空けて8月9日の関屋記念に出走。新潟の長い直線で脚を溜め、一度は抜け出したキャプテントゥーレ(2008年皐月賞馬)を捉えると、武豊騎乗のヒカルオオゾラの追撃を抑えて1位入線。騎乗した三浦皇成に重賞2勝目をもたらした。)スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • マリアライト

    マリアライトから見た三浦皇成三浦皇成

    血統的背景から期待は大きかったものの体質がしっかりしていなかったため、2歳戦は見送られた。2014年1月11日に中山競馬場の3歳新馬戦でデビューし、勝利を挙げた。鞍上の三浦皇成は、「体がしっかりしてきたら楽しみ」と評した。その後の2戦、500万下、スイートピーステークスはともに敗れたが、6月に500万下条件で2勝目を飾る。その後の年内のレースでは3戦とも敗れたものの、6月の条件戦より手綱をとるようになった蛯名正義は、一戦ごとに馬がよくなっていくことを認めていた。マリアライト フレッシュアイペディアより)

  • 大江原圭

    大江原圭から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には伊藤工真と三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で栗東トレーニングセンター・作田誠二厩舎所属としてデビュー。父と伯父はともに騎手時代から美浦トレーニングセンターに所属していたが、美浦だと甘えてしまうかも知れないとの理由で敢えて栗東に所属した。デビューの同期には前述の2人に加え、大井競馬場から移籍してきた内田博幸と高知競馬場から移籍してきた鷹野宏史がいる。大江原圭 フレッシュアイペディアより)

  • 川島正太郎

    川島正太郎から見た三浦皇成三浦皇成

    父・川島正行を「師匠」と呼んでおり、JRA騎手の三浦皇成とは交流があり、「ライバル関係と言われたい」と語っている。川島正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのウマ倶楽部

    みんなのウマ倶楽部から見た三浦皇成三浦皇成

    ほしのが命名した、ハシッテホシーノが出走レース毎に勝利すればほしのが何かを行うという企画。2008年10月12日の1戦目の2歳新馬戦(騎乗:三浦皇成)こそ2着という結果に終わったものの、2008年10月25日の2戦目の2歳未勝利戦(騎乗:松岡正海)で初勝利。勝利の際には公約としてほしのが水着姿になる事を宣言していた為、同年11月1日の放送で水着姿を披露。番組前半は白、後半は黒のビキニ姿で進行した。その後、2009年1月24日の放送内でおぎやはぎがほしのと木下のコスプレを提案し2人は承諾。その後、翌週1月31日の3戦目の3歳500万下(騎乗:松岡)で2連勝を飾った為、2人は番組終盤にコスプレ姿を披露した。その後の放送では、ハシッテホシーノがオークス出走権を獲得したため、ほしのが学校系コスプレを披露し、またその後の放送では、オークスで5着以内に入った場合、バニーガールコスプレをする予定だったが、ハシッテホシーノが目標の順位内に入っていなかったため、ほしのが乗馬服を披露した。ちなみに過去3回の露出系のコスプレの公約はおぎやはぎが提案するもののアンタッチャブルとの出演ローテーションの兼ね合い上、見ることが出来ていない。みんなのウマ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • シャドウゲイト (競走馬)

    シャドウゲイト (競走馬)から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年の初戦は川崎記念に、クリストフ・ルメールの騎乗で出走。有力馬2頭が取り消し、出走頭数が10頭と少なくなったこともあって、最後は中団から伸び、初のダート競走ながら3着に入った。しかし続くダイオライト記念では9着と大敗した。その後の4月4日にシンガポール航空インターナショナルカップの選出馬となり招待を受諾したことが発表され、2年連続で同競走に出走することになった。しかし4月11日に衛生条件に関する協議の結果、出走不可能になったと発表され、連覇の道が途絶えた。これで馬インフルエンザの影響で遠征が中止されたのは2度目となった。目標を切り替え、5月5日のかしわ記念に出走するが5着に終わった。日本テレビ盃を回避した後、芝に戻ったオールカマーでは8着に敗れた。続く福島記念では三浦皇成に乗り替わって5着だった。シャドウゲイト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード