47件中 21 - 30件表示
  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見た三浦皇成三浦皇成

    暫く間を空けて8月9日の関屋記念に出走。新潟の長い直線で脚を溜め、一度は抜け出したキャプテントゥーレ(2008年皐月賞馬)を捉えると、武豊騎乗のヒカルオオゾラの追撃を抑えて1位入線。騎乗した三浦皇成に重賞2勝目をもたらした。)スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • 植野貴也

    植野貴也から見た三浦皇成三浦皇成

    騎手デビュー初日となった3月5日のゆきやなぎ賞でバンブーユージンに騎乗し、初勝利を特別戦で飾る。3戦目の特別競走勝利はJRA新記録(後に三浦皇成も達成している)であった。植野貴也 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見た三浦皇成三浦皇成

    宝塚記念後は放牧に出され、9月26日に帰厩した。帰厩後は秋の初戦となる毎日王冠に向けて調整。そして新たに鞍上に三浦皇成を迎え、毎日王冠に出走。得意の1800m戦だったが、見せ場無く11着に終わった。その後、アルゼンチン共和国杯に向けて調整が進められたが10月31日に左前脚屈腱炎を発症し、11月4日に引退し、北海道恵庭市のすずらん乗馬クラブで乗馬になる事が馬主側から発表された。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • フィフスペトル

    フィフスペトルから見た三浦皇成三浦皇成

    ノーザンファーム空港牧場での育成調教を終え、5月31日に加藤征弘厩舎へ入厩したが、デビュー戦を函館競馬場で迎えるため、1ヶ月後に再び長距離移動して函館に入った。そして7月12日に行われたメイクデビュー函館では三浦皇成が騎乗して単勝2.7倍の1番人気に支持され、2着馬に2馬身半差をつけて初勝利を挙げた。この勝利はキングカメハメハ産駒のメイクデビュー初勝利となった。次走はラベンダー賞に出走登録を行っていたが回避し、重賞競走初挑戦となる函館2歳ステークスに出走した。レースでは最後の直線で抜け出していたナムラミーティアを交わし2馬身半差をつけて重賞競走初勝利を挙げた。この勝利は同時に、鞍上の三浦皇成とキングカメハメハ産駒にとっても重賞競走初勝利となった。しかしレース後、左前脚に外傷を負っていたことが判明し、8月16日にノーザンファーム空港牧場へ放牧に出されて療養することになった。療養後、11月15日の京王杯2歳ステークスに1番人気に支持されて出走したが、レースでは逃げ切ったゲットフルマークスに敗れて2着だった。続くJpnI初挑戦となった朝日杯フューチュリティステークスでは、新たにクリストフ・ルメールを鞍上に迎えて出走し、レースでは中団待機から直線で一気に差しにいったが、最内の経済コースを通ったセイウンワンダーをアタマ差でかわすことができずに敗れて2着だった。そしてレース後は山元トレーニングセンターへ放牧に出された。フィフスペトル フレッシュアイペディアより)

  • ジャイケルマクソン

    ジャイケルマクソンから見た三浦皇成三浦皇成

    この企画中は、番組中常時表示される「ジャイケルマクソン」のロゴが「ジャイケルフィクション」となっていた。なお、ほしのは私生活でも、当番組が終了してから約1年後(2011年12月)に三浦皇成との結婚披露宴を挙げている。ジャイケルマクソン フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た三浦皇成三浦皇成

    秋競馬の緒戦は京都大賞典。5番人気に推されたものの、7着に敗れた。その後、11月29日のジャパンカップでは後方からレースを進めるも直線で伸びあぐねて8着に終わった。続く有馬記念では松岡が騎乗停止になったため、三浦皇成に乗り替わりとなった。レースでは後方から追い上げてくるものの5着に敗れた。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • 落馬

    落馬から見た三浦皇成三浦皇成

    2010年1月11日の中山競馬場において、第4競走・3歳新馬でノボプロジェクトが第4コーナーで急に外側へ斜行したことの影響で出走16頭中9頭が落馬した。1つのレースでの落馬頭数としては中央競馬史上最多。ノボプロジェクトは1位入線も失格となり、騎乗していた三浦皇成は進路妨害が認められ、4日間の騎乗停止となった。落馬した9頭に異状はなかったが、内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の重傷を負うなど騎手6人が負傷や検査によりその後のレースの騎手変更を余儀なくされた(詳細については9頭落馬事故を参照)。なお、地方競馬では1979年2月に園田競馬場で出走11頭中8頭が落馬する事故が発生している。落馬 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤工真

    伊藤工真から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には大江原圭とアニマル・ベジテイション・カレッジ時代からの同期である三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で騎手免許を交付された。デビューの同期には前述の2人に加え内田博幸と鷹野宏史がいる。デビュー時からの所属は美浦・古賀史生厩舎。3月1日に中山競馬場で行われた第1競走で中央競馬初騎乗を迎え、自厩舎のトウショウブリーズに騎乗して11番人気で9着だった。なお、1着となったのは中央移籍後初騎乗で同期デビューの内田博幸だった。10月26日に東京競馬場で行われた第1競走でサザンスターディに騎乗し、89戦目で初勝利を挙げた。伊藤工真 フレッシュアイペディアより)

  • 川島正太郎

    川島正太郎から見た三浦皇成三浦皇成

    現在は父・川島正行を「師匠」と呼んでおり、JRA騎手の三浦皇成とは交流があり、「ライバル関係と言われたい」と語っている。川島正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • エイシンフラッシュ

    エイシンフラッシュから見た三浦皇成三浦皇成

    有馬記念はレース当日にミルコ・デムーロが尿管結石により三浦皇成への急な乗り替わりがあったが、勝ちそうな脚色も見せたものの4着に敗れた。エイシンフラッシュ フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード