52件中 31 - 40件表示
  • ジャイケルマクソン

    ジャイケルマクソンから見た三浦皇成三浦皇成

    この企画中は、番組中常時表示される「ジャイケルマクソン」のロゴが「ジャイケルフィクション」となっていた。なお、ほしのは私生活でも、当番組が終了してから約1年後(2011年12月)に三浦皇成との結婚披露宴を挙げている。ジャイケルマクソン フレッシュアイペディアより)

  • エイシンフラッシュ

    エイシンフラッシュから見た三浦皇成三浦皇成

    有馬記念はレース当日にミルコ・デムーロが尿管結石により三浦皇成への急な乗り替わりがあったが、最後の直線で抜け出し勝ちそうな脚色も見せたものの残り約50mで交わされ4着に敗れた。エイシンフラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • サクラバクシンオー

    サクラバクシンオーから見た三浦皇成三浦皇成

    『優駿』が2012年に行った「距離別最強馬」アンケートでは、全6つのカテゴリーの中で唯一過半数の得票率を記録し、「1200メートル」でバクシンオーが1位となった。合わせてホースマンを対象行われたアンケートでは、17人のうち池江泰郎、池江泰寿、河内洋、国枝栄、小島太、四位洋文、鹿戸雄一、清水英克、田中勝春、中舘英二、松田国英、三浦皇成、矢作芳人の13名が1200メートルでバクシンオーを選定し、ほかアナウンサーの杉本清、評論家の井崎脩五郎が同様の投票をした。このうち三浦と矢作は産駒に占めるスプリンターの多さにも言及している。産駒がデビューした1998年から、死の翌年である2012年7月までに産駒が中央競馬の1200メートル戦で挙げた勝利数は655に上り、同期間で2位のフジキセキ(312勝)に2倍以上の差を付けている。サクラバクシンオー フレッシュアイペディアより)

  • ジョーカプチーノ

    ジョーカプチーノから見た三浦皇成三浦皇成

    競走馬デビュー戦は9月13日に札幌競馬場で行われたダートのメイクデビュー札幌で、武豊が騎乗して単勝1.5倍の1番人気に支持された。レースではスタートから逃げ進んだが2番人気のナムラカイシュウに抜かれ、同馬のレコードタイムの前に3馬身半差で敗れて2着だった。レース後も北海道に滞在、2戦目となる9月27日の未勝利戦では三浦皇成に乗り替わり単勝1.1倍の圧倒的1番人気に支持されたが、馬体重をマイナス14kgと大きく減らし4着という結果に終わった。ジョーカプチーノ フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見た三浦皇成三浦皇成

    8歳を迎えた2009年の初戦は4度目の出走となる日経賞で、デビュー2年目の三浦皇成を鞍上に迎えたが結果は11着であった。続く天皇賞・春では幸英明とのコンビで出走。道中は4番手でレースを進めるも3コーナー付近で後退し、16着に敗れた。宝塚記念では津村明秀とのコンビで大逃げを試みるものの粘り切れず13着と大敗した。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た三浦皇成三浦皇成

    2008年度(第24期)三浦皇成競馬学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上村洋行

    上村洋行から見た三浦皇成三浦皇成

    2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊、蛯名正義、角田晃一、藤田伸二、福永祐一、武幸四郎、秋山真一郎、池添謙一、北村宏司、藤岡佑介、川田将雅、鮫島良太、三浦皇成らがいるが、競馬学校騎手過程8期生以降に適用された「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である。上村洋行 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た三浦皇成三浦皇成

    12月19日 - 三浦皇成(東京都、競馬)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 落馬

    落馬から見た三浦皇成三浦皇成

    2010年1月11日の中山競馬場において、第4競走・3歳新馬でノボプロジェクトが第4コーナーで急に外側へ斜行したことの影響で出走16頭中9頭が落馬した。1つのレースでの落馬頭数としては中央競馬史上最多。ノボプロジェクトは1位入線も失格となり、騎乗していた三浦皇成は進路妨害が認められ、4日間の騎乗停止となった。落馬した9頭に異状はなかったが、内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の重傷を負うなど騎手6人が負傷や検査によりその後のレースの騎手変更を余儀なくされた(詳細については9頭落馬事故を参照)。なお、地方競馬では1979年2月に園田競馬場で出走11頭中8頭が落馬する事故が発生している。落馬 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スポーツ

    東京スポーツから見た三浦皇成三浦皇成

    三浦皇成(JRA現役騎手) - 2008年から2016年8月まで、毎週金曜の競馬面で「三浦皇成 スマイル競馬」を連載していた。しかし、2016年8月の落馬事故以降、翌年の2017年8月に復帰するまで約1年間の長期休載が続いていた。復帰後の2017年8月からは、「帰ってきた三浦皇成」とタイトルを変えて連載再開し、現在連載中。東京スポーツ フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード