52件中 41 - 50件表示
  • 亀田大毅

    亀田大毅から見た三浦皇成三浦皇成

    競馬ファンであり、自身の思い入れのある競走馬はダイワスカーレットと言う。また、元プロ野球選手で同じく競馬ファンの大道典嘉や騎手の三浦皇成などと親交がある。亀田大毅 フレッシュアイペディアより)

  • エクセリング

    エクセリングから見た三浦皇成三浦皇成

    三浦皇成‐騎手(業務提携)エクセリング フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本競馬

    2012年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    三浦皇成(JRA中山、3月4日)2012年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本競馬

    2013年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    三浦皇成(JRA函館、8月24日)2013年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本競馬

    2015年の日本競馬から見た三浦皇成三浦皇成

    19日 - 浦和競馬第9競走で、御神本訓史(大井)が騎乗していた馬の故障(指骨骨折)のあおりを受けて落馬。精密検査の結果骨盤及び坐骨骨折が判明し、2月22日のフェブラリーステークスで騎乗予定だったサトノタイガー(浦和)は三浦皇成(美浦)に乗り替わりとなった。2015年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ディアドムス

    ディアドムスから見た三浦皇成三浦皇成

    デビューは6月21日の東京競馬場の芝1600mの2歳新馬戦。後方から追い込むも8着に敗れる。2戦目芝1800でも、10着に敗れる。3戦目の8月23日の札幌の2歳未勝利戦(ダ1700m)を2着に5馬身つけて初勝利を飾った。なお、このときの勝ち時計は、札幌ダート1700mの2歳コースレコードであった。秋に入り、10月18日のプラタナス賞は5着に敗れるも、11月6日の北海道2歳優駿は好位追走から鋭く伸びると最後は後続に4馬身差をつけて重賞初制覇を果たす。そして12月の全日本2歳優駿は6番手追走からゴール前でタップザットとともに抜け出して最後はタップザットに1/2馬身差つけてJpnI初制覇を果たすとともに、鞍上の三浦皇成にとっても初のGI級競走初制覇となった。ディアドムス フレッシュアイペディアより)

  • ピカルの定理

    ピカルの定理から見た三浦皇成三浦皇成

    第1回は三浦皇成と対決。600m勝負で、ハンデキャップとして吉村は5秒先にスタートできる。しかし、敗北したため泣きの再戦としてハンデを7秒にして挑戦し、勝利することができた。ピカルの定理 フレッシュアイペディアより)

  • 武豊

    武豊から見た三浦皇成三浦皇成

    初勝利は、3月7日1回阪神3日第3競走のダイナビショップ。最終的に69勝で1年目を終えた(この記録は2008年に三浦皇成によって21年ぶりに更新された)。武豊 フレッシュアイペディアより)

  • 9頭落馬事故

    9頭落馬事故から見た三浦皇成三浦皇成

    2010年1月11日に中山競馬場で行われた第4レース(メイクデビュー中山・3歳新馬戦、ダート1800メートル)は16頭立てで行われ、三浦皇成騎乗のノボプロジェクトが先頭に立ち、2番手を勝浦正樹騎乗のフォルメンが追走する展開でレース終盤を迎えた。9頭落馬事故 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルフロスト

    マイネルフロストから見た三浦皇成三浦皇成

    2013年6月9日、東京競馬場芝1800mのメイクデビュー戦で三浦皇成を鞍上にデビュー。5番人気ながらデビュー戦勝利を果たす。続くコスモス賞も勝利し札幌2歳ステークスに出走。1番人気に推されたものの後方の競馬となり5着に破れ初黒星を喫した。マイネルフロスト フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「三浦皇成」のニューストピックワード