前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 国鉄タキ8000形貨車

    国鉄タキ8000形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成時の所有者は、日本水素工業、三菱化成工業、東洋高圧工業、三井物産、住友化学工業、三菱江戸川化学であった。国鉄タキ8000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 脱酸素剤

    脱酸素剤から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    1977年(昭和52年)頃に鉄系の脱酸素剤「エージレス」(AGELESS)が三菱瓦斯化学(現・三菱ガス化学)によって商品化されたが、食品への応用は同社と三全製菓(現・菓匠三全)の共同研究によりなされた。両社の3年に及ぶ研究により、臭いなどを吸着する消臭剤として活性炭を加えた脱酸素剤が完成し、金属探知機に検出されず、電子レンジに使用しても発火しにくいという特性も加わった。新型の脱酸素剤は菓匠三全の「仙台銘菓 萩の月」に初めて同包されたが、日持ちしない生菓子だった「萩の月」が保存料を使わずに賞味期限延長し、土産品や贈答品として販路を拡大するようになると、食品と脱酸素剤を同包する方法は一般に広がった。脱酸素剤 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム3050形貨車

    国鉄タム3050形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成時の所有者は住友化学工業、日本瓦斯化学工業江戸川化学、電気化学工業、日本水素工業、東洋高圧工業、東邦理化工業、三井物産の8社であった。国鉄タム3050形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム3700形貨車

    国鉄タム3700形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成時の所有者は、日新化学工業、日本瓦斯化学工業、東洋高圧工業、日本水素工業、日本石油輸送、東邦理化工業、協和ガス化学の7社であった。国鉄タム3700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ1150形貨車

    国鉄タキ1150形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    三菱江戸川化学所有車は、1971年(昭和46年)12月17日に日本瓦斯化学工業との合併により三菱瓦斯化学へ名義変更された。国鉄タキ1150形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ4100形貨車 (2代)

    国鉄タキ4100形貨車 (2代)から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成当時の所有者は、住友商事、東北肥料、日本瓦斯化学工業、化成水島、協和ケミカルズ(その後協和醗酵工業へ社名変更)、東亜合成化学工業、昭和電工、三菱商事、伊藤忠商事、日産化学工業の10社である。その後1971年(昭和46年)12月17日に日本瓦斯化学工業所有車6両が三菱瓦斯化学へ、1973年(昭和48年)12月13日に東亜合成化学工業所有車2両(オタキ4125、オタキ4128)が三菱瓦斯化学へ、1974年(昭和49年)2月28日に化成水島所有車6両が三菱化成工業へ、1974年(昭和49年)12月21日に住友商事所有車7両が三菱商事へ、1977年(昭和52年)8月19日に東亜合成化学工業所有車3両(オタキ4126、オタキ4127、オタキ4129)が日商岩井へ、1984年(昭和59年)10月12日に三菱瓦斯化学所有車2両(オタキ4125、オタキ4128)が日本陸運産業へ、それぞれ名義変更された。国鉄タキ4100形貨車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ30200形貨車

    国鉄タキ30200形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成時の所有者は、東京化成品、三菱瓦斯化学(その後三菱ガス化学に社名変更)、日本石油輸送の3社であり、その常備駅は、白新線の新崎駅、福島県の郡山駅であった。1987年5月に、1両(オタキ30200)が三菱瓦斯化学へ名義変更され、本形式所有者は2社体制になった。国鉄タキ30200形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 金町駅

    金町駅から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    2003年までは専用線発着の車扱貨物を取り扱っていた。かつて駅北西に三菱製紙中川工場があり、そこへ続く専用線が存在していた。工場内にあった倉庫へ紙製品を輸送するため八戸臨海鉄道北沼駅 - 八戸貨物駅 - 当駅間に有蓋車(ワム80000形)で組成された貨物列車が運行されていたが、工場の閉鎖に伴い同年3月18日限りで廃止された。それ以前は三菱製紙中川工場の北側にある三菱ガス化学東京工場へ続く専用線もあった。金町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北区 (新潟市)

    北区 (新潟市)から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    旧松ヶ崎浜村の中心地であり、新潟市への編入後は北地区の行政・商業の中心地となっている。阿賀野川と新井郷川分水路に挟まれた中洲に商店街や住宅地が集積しており、その後は松浜の市街地周辺で宅地開発が進められた。新井郷川分水路右岸側には三菱ガス化学の工場がある。北区 (新潟市) フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ガス科学

    三菱ガス科学から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    三菱ガス科学 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「三菱ガス化学」のニューストピックワード