71件中 21 - 30件表示
  • 三菱ビルヂング

    三菱ビルヂングから見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    本ビル建設前のこの地には、1918年竣工で石造4階建(一部6階建)の三菱本館が建っていた。三菱本館は財閥解体以前は三菱合資会社が事務所を構え、岩崎小弥太が使用した部屋も特別会議室として残されるなど、三菱グループの総本山的存在であった。しかし、三菱化成工業をはじめ入居企業から増室を希望する声が挙げられ、三菱商事からも西側に隣接する旧三菱商事ビルを解体し共同でビルを建設したいとの提案があったことから、1971年3月に建替えを決定した。新たなビルは1971年9月6日に着工。1973年3月28日に竣工し、「三菱ビルヂング」と命名された。旧三菱商事ビルの解体とその跡の三菱重工ビル増築工事も同時進行で行われ、低層部は両ビル一体構造とされた。三菱重工ビルは、のちに丸の内二丁目ビルに名称変更されている。三菱ビルヂングの入居テナントは三菱化成工業、三菱油化、三菱モンサント化成(この3社は現在の三菱化学)、三菱ガス化学、三菱樹脂の三菱系化学メーカー5社が大部分を占め、三菱金曜会の事務局が置かれた(のちに三菱商事ビルディングに移転)。1974年には、第15回BCS賞を受賞している。三菱ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎隆弥

    岩崎隆弥から見た三菱瓦斯化学三菱ガス化学

    1926年の帰国後三菱製紙に入社。1943年三菱瓦斯(現在の三菱瓦斯化学とは別会社)の会長、1944年三菱製紙の会長に就任。岩崎隆弥 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ9700形貨車

    国鉄タキ9700形貨車から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    落成時の所有者は、日本瓦斯化学工業であった。その後三菱ガス化学に社名変更し、1977年(昭和52年)5月20日に内外輸送へ名義変更された。国鉄タキ9700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島南共同発電所

    鹿島南共同発電所から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    鹿島臨海工業地帯で工場を操業する旭硝子やクラレ、JSR、三菱ガス化学など16社が出資して設立した鹿島南共同発電株式会社が経営する発電所であり、各社への電力、蒸気及び純水の供給を行っている。鹿島南共同発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市コンビナート

    四日市コンビナートから見た三菱瓦斯化学三菱ガス化学

    三菱瓦斯化学四日市工場 (住所)日永東二丁目 1963年(昭和38年)設立四日市コンビナート フレッシュアイペディアより)

  • 日本パーオキサイド

    日本パーオキサイドから見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    2000年 - 三菱ガス化学との共同出資により共同過酸化水素株式会社設立日本パーオキサイド フレッシュアイペディアより)

  • 西埠頭駅

    西埠頭駅から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    かつては、駅周辺にある三菱石油水島製油所(現・JXTGエネルギー水島製油所)や日清オイリオグループ水島工場への専用鉄道、三菱ガス化学水島工場への専用線が駅から分岐していたが、1997年(平成9年)9月の三菱石油専用鉄道を最後にすべて廃止された。同専用鉄道からは、湖山駅などへ石油が発送されていた。西埠頭駅 フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾にいじゅくみらい公園

    葛飾にいじゅくみらい公園から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    三菱ガス化学東京テクノパーク葛飾にいじゅくみらい公園 フレッシュアイペディアより)

  • 都市新バスシステム

    都市新バスシステムから見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    310 市役所前 - 古町 - 沼垂 - 下山 - 松浜本町 -(三菱ガス化学前)- 陽光ニュータウン - 新潟医療福祉大学前都市新バスシステム フレッシュアイペディアより)

  • 岩船沖油ガス田

    岩船沖油ガス田から見た三菱ガス化学三菱ガス化学

    岩船沖油ガス田(いわふねおきゆがすでん)とは、新潟県胎内市の沖合約4kmに位置する海洋油ガス田である。2014年までに日本国内の海域では、4ヶ所の油ガス田が開発されたが、操業を継続しているのは、岩船沖油ガス田のみとなっている。プラットフォームの設置深度は36メートル程度となっている。石油資源開発、日本海洋石油資源開発、三菱ガス化学、新潟石油開発の四社により共同開発された。岩船沖油ガス田 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「三菱ガス化学」のニューストピックワード