710件中 11 - 20件表示
  • アヤラ・コーポレーション

    アヤラ・コーポレーションから見た三菱商事三菱商事

    1974年には日本の三菱グループ(三菱商事・三菱地所・三菱信託・三菱銀行)から20%の資本参加を受け入れ、農水産業・製造業・貿易などへのさらなる事業の拡大を図った。1972年にマルコス大統領が財閥解体を唱えた際、アヤラ家は大統領への協力を約束して難を逃れたが、日本の超一流財閥を提携先に選んでいたことも政権からの攻撃を回避するのに有利に働いたとされる。しかし、エンリケ・J・ソベルは1980年頃からマルコス大統領に批判的な姿勢を取るようになった。また、サン・ミゲルの経営方針をめぐってエンリケ・J・ソベルとアンドレス・ソリアーノ2世が対立。これらの理由から1983年にはエンリケ・J・ソベルが引退し、(1934-)がアヤラ家当主となったが、この背後には先代のジョセフ・マックミキンとメルセデス・ソベルの圧力があったとされている。アヤラ・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 大日本明治製糖

    大日本明治製糖から見た三菱商事三菱商事

    1996年(平成8年)に、経営再建を進めるためともに新旧分離によって三菱商事系列の新会社となっていた大日本製糖株式会社と明治製糖株式会社が合併して発足した。大日本明治製糖 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱食品

    三菱食品から見た三菱商事三菱商事

    主な取引先は、イトーヨーカドー、ダイエー、イオン、ローソン、Amazon.co.jpなど。主要株主は三菱商事で、同社が株式の過半数を保有し親会社となっている。三菱グループの一員であり三菱広報委員会の会員企業でもある。三菱食品 フレッシュアイペディアより)

  • ダイエー

    ダイエーから見た三菱商事三菱商事

    キャプテンクック → ソデッソジャパン(現・レオックジャパン、三菱商事系)ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • 関門製糖

    関門製糖から見た三菱商事三菱商事

    甜菜製糖業大手の日本甜菜製糖と三菱商事系列の大日本明治製糖が50%ずつ出資する関連会社となっている。両社の砂糖製造を受託している。関門製糖 フレッシュアイペディアより)

  • 田中完三

    田中完三から見た三菱商事三菱商事

    田中 完三(たなか かんぞう、1886年1月20日 - 1986年1月9日)は日本の実業家。三菱商事の社長・会長、三菱本社の社長を務めた。田中完三 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田亜紀

    岡田亜紀から見た三菱商事三菱商事

    三菱商事「ミキクレジット」(2002年7月?)岡田亜紀 フレッシュアイペディアより)

  • 富田昭平

    富田昭平から見た三菱商事三菱商事

    1946年5月に復員するも、職がなく、1946年9月に、父の友人であった神田啓三郎が主宰する大成水産に入社。その後事業が失敗。神田社長の世話で三陸油脂入社。専務を務めていた二村謙三(のちに三菱商事副社長)との知遇を得て、油脂の仕事の指導を受ける。富田昭平 フレッシュアイペディアより)

  • サンエス (菓子卸売企業)

    サンエス (菓子卸売企業)から見た三菱商事三菱商事

    2004年(平成16年)には元役員の投資失敗で損失を出し、23億円の第三者割当増資を三菱商事が引き受け傘下になる。2012年(平成24年)4月1日には同じ三菱商事グループのフードサービスネットワークおよびリョーカジャパンと共に三菱食品に吸収合併された。サンエス (菓子卸売企業) フレッシュアイペディアより)

  • 波方ターミナル

    波方ターミナルから見た三菱商事三菱商事

    波方ターミナルの設備は三菱商事が保有し、管理・運営は波方ターミナル株式会社が行っている。また同社は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構が建設した波方国家石油ガス備蓄基地が完成した後(2013年建設完了)、運営を受託している。波方ターミナル フレッシュアイペディアより)

710件中 11 - 20件表示

「三菱商事」のニューストピックワード