534件中 11 - 20件表示
  • ダイエー

    ダイエーから見た三菱商事三菱商事

    キャプテンクック → ソデッソジャパン(現・レオックジャパン、三菱商事系)ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • 丸紅

    丸紅から見た三菱商事三菱商事

    1960年代から1970年代前半には三菱商事・三井物産と並んでスリーエムと称される総合商社トップ3の一角であったが、その後伊藤忠が安宅産業を合併して力を付けたことや、住友商事の台頭、さらにはロッキード事件の影響などもあって、現在では総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠、丸紅、豊田通商、双日)中、第5位に甘んじている。丸紅 フレッシュアイペディアより)

  • 波方ターミナル

    波方ターミナルから見た三菱商事三菱商事

    波方ターミナルの設備は三菱商事が保有し、管理・運営は波方ターミナル株式会社が行っている。また同社は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構が建設を進めている波方国家石油ガス備蓄基地が完成した後(2013年建設完了予定)に波方国家石油備蓄基地の運営を受託する予定である。波方ターミナル フレッシュアイペディアより)

  • 大日本明治製糖

    大日本明治製糖から見た三菱商事三菱商事

    1996年(平成8年)に、経営再建を進めるためともに新旧分離によって三菱商事系列の新会社となっていた、大日本製糖株式会社と明治製糖株式会社が合併して発足した。大日本明治製糖 フレッシュアイペディアより)

  • 米久

    米久から見た三菱商事三菱商事

    元々食肉加工会社として創業され、ハムやソーセージなどの食肉加工製品の製造販売で急成長した。総合食品メーカーへの脱皮を目指して創業家の庄司一族が持ち株の大半を麒麟麦酒(現・キリンホールディングス)に売却し、1999年(平成11年)、キリングループの傘下に入り、食肉加工製品の製造販売をはじめ、惣菜、地ビール、冷凍食品の製造販売など多角化を図っている。2007年(平成19年)4月3日に三菱グループ内の食肉関連事業の再編として、5月1日より順次、麒麟麦酒の取得している株式を三菱商事へ譲渡することとなった。さらに、2009年(平成21年)1月には食肉加工大手の伊藤ハムとの業務提携を三菱商事と共同で締結した。米久 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱財閥

    三菱財閥から見た三菱商事三菱商事

    1917年に三菱造船、三菱製紙、1918年に三菱商事、三菱鉱業、1919年に三菱銀行、1920年に三菱内燃機製造、1921年に三菱電機と次々に分割化していった。そして、満州事変から第二次世界大戦にかけて軍需の膨張拡大を背景に三菱の事業は飛躍的に拡大した。三菱財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 明和産業

    明和産業から見た三菱商事三菱商事

    終戦後の1947年(昭和22年)、GHQの命令によって行われた財閥解体により旧三菱商事が解散した際に、化学品、資材等の関係者が設立した商社。明和産業 フレッシュアイペディアより)

  • 芝浦アイランド

    芝浦アイランドから見た三菱商事三菱商事

    再開発地区は東京湾岸の埋立地であり、元々は新三井製糖の工場や、都電の車両工場と操車場、東京都下水道局ポンプ場や都営アパート、フジエクスプレスのバスの車庫などが立地していた。これを独立行政法人・都市再生機構(UR)、及び民間事業者8社(三井不動産、三菱商事、オリックスリアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発)が共同事業として再開発を行った。芝浦アイランド フレッシュアイペディアより)

  • 明治屋

    明治屋から見た三菱商事三菱商事

    2005年4月にそれまで売上の大半を占めていた卸部門を三菱商事との合弁会社に事業所ごと譲渡し、小売事業をメインとした。明治屋 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤邦雄

    伊藤邦雄から見た三菱商事三菱商事

    三菱商事取締役、曙ブレーキ工業取締役、NEC経営諮問委員会委員等を歴任。第52回-第54回(平成14-16年度)税理士試験委員など各種試験委員を務める。伊藤邦雄 フレッシュアイペディアより)

534件中 11 - 20件表示