534件中 31 - 40件表示
  • 田中完三

    田中完三から見た三菱商事三菱商事

    田中 完三(たなか かんぞう、1886年1月20日 - 1986年1月9日)は日本の実業家。三菱商事の社長・会長、三菱本社の社長を務めた。田中完三 フレッシュアイペディアより)

  • 関門製糖

    関門製糖から見た三菱商事三菱商事

    甜菜製糖業大手の日本甜菜製糖と三菱商事系列の大日本明治製糖が50%ずつ出資する関連会社となっている。両社の砂糖製造を受託している。関門製糖 フレッシュアイペディアより)

  • 安宅産業

    安宅産業から見た三菱商事三菱商事

    戦前から戦後にかけて官営八幡製鐵所の指定問屋4社(三井物産、三菱商事、岩井商店、安宅産業)の1社となるなど、10大総合商社の一角として最大売上高2兆6千億円を誇る大企業であった。もともとは「堅実」の社風を特色としていたが、同業他社との売上競争の中で原油取引など新規事業にリスクを無視して進出するようになり、最終的にはそれが破綻の原因となった。安宅産業 フレッシュアイペディアより)

  • 新井領一郎

    新井領一郎から見た三菱商事三菱商事

    1893年(明治26年)、横浜生糸合名会社(後に三菱商事に吸収合併)を創業し同社専務(後に会長)に就任。同年、森村豊とのパートナーシップで生糸輸入販売会社「森村・新井商会」(Morimura, Arai & Company)を資本金10万ドルで設立。1901年(明治34年)アメリカ絹業協会(Silk Association of America)の取締役(Board of Governors)に選任。新井はアメリカ最大の生糸輸入業者としての地位を固め、1906年(明治39年)、日本からアメリカに輸入された生糸総量(70,241ベール)のうち約36パーセント(25,466ベール)を取扱った。(1ベールは60kg相当)新井領一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 兼松

    兼松から見た三菱商事三菱商事

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角をなし、今日では総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日)に次ぐ規模の商社である。兼松 フレッシュアイペディアより)

  • 第五高等学校 (旧制)

    第五高等学校 (旧制)から見た三菱商事三菱商事

    船田一雄 - 三菱商事会長(1936-)、三菱本社理事長(43-)第五高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎家

    岩崎家から見た三菱商事三菱商事

    岩崎久弥は寧子夫人(旧上総国飯野藩主・保科正益の長女)との間に長男・彦弥太(元三菱地所取締役)、次男・隆弥(元三菱製紙会長)、三男・恒弥(元東京海上火災保険常務)、長女・美喜(エリザベス・サンダースホームの創立者)ら3男3女をもうけた。なお、隆弥の長女と三女は船舶工学者・元良誠三と三菱商事の社長を務めた槙原稔にそれぞれ嫁いでおり、恒弥の妻は海軍中将・清河純一の長女である。また、美喜の次男澤田久雄は歌手の安田祥子の夫、すなわち由紀さおりの義兄となる。岩崎家 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・i-MiEV

    三菱・i-MiEVから見た三菱商事三菱商事

    新規開発した電気自動車統合制御システムMiEV OSを搭載し、モーター、インバーター、バッテリーを総合的に管理している。充電は三相交流200ボルトを用いた高速充電のほか、家庭用の単相交流100ボルトまたは200ボルトにも対応している。バッテリーの製造は、電気自動車用電池の開発・製造専門の会社としてジーエス・ユアサコーポレーション、三菱商事、三菱自動車がそれぞれ出資して設立したリチウムエナジージャパンで行っている。三菱・i-MiEV フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木商店

    鈴木商店から見た三菱商事三菱商事

    鉄、小麦、船などについて日本を介さない三国間貿易を始めるなど(ちなみにこの三国間貿易を手がけたのが、当時ロンドン支店勤務だった高畑誠一である)、独創的な手法で売り上げが急拡大する。この頃、金子直吉はロンドン支店宛ての手紙の中で『この戦乱を利用して大儲けをなし、三井、三菱を圧倒するか、あるいはその二つと並んで天下を三分する』と記している鈴木商店 フレッシュアイペディアより)

  • マルナカ (チェーンストア)

    マルナカ (チェーンストア)から見た三菱商事三菱商事

    これまでどこのボランタリーチェーンにも属さず完全独立を守っていたが、2010年(平成22年)8月11日に、イオン株式会社ならびに三菱商事株式会社と包括業務提携契約を締結、物流システムの効率化・商品の共同調達・プライベートブランドの開発など様々な面で両社と協力することとなった。その翌年10月には、11月を目処にイオンがマルナカと山陽マルナカを子会社化すると発表し、イオングループ入りすることが確実となった。その一方でマルナカホールディングス側もイオンの株式を持つこととなり、マルナカ本体よりの直接経営からは手を離すものの、イオンを通じての影響力をある程度残す形となった。マルナカ (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

534件中 31 - 40件表示