710件中 41 - 50件表示
  • 明治屋

    明治屋から見た三菱商事三菱商事

    2005年4月にそれまで売上の大半を占めていた卸部門を三菱商事との合弁会社に事業所ごと譲渡し、小売事業をメインとした。明治屋 フレッシュアイペディアより)

  • 福田達夫

    福田達夫から見た三菱商事三菱商事

    東京都出身。父・康夫は当時、丸善石油に勤務していた。慶応義塾高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。大学卒業後はアメリカ合衆国のジョンズホプキンス大学高等国際関係学研究所の研究員を経て、帰国後は三菱商事に入社。三菱商事では調査部門を主に担当した。福田達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤邦雄

    伊藤邦雄から見た三菱商事三菱商事

    千葉県出身。一橋大学商学部卒業。河田正也日清紡ホールディングス社長はクラスの同級生。一橋大学大学院商学研究科修了、商学博士。中村忠に師事。一橋大学大学院商学研究科教授、三菱商事取締役、曙ブレーキ工業取締役、東京海上ホールディングス取締役、住友化学取締役、セブン&アイホールディングス取締役、東レ取締役、NEC経営諮問委員会委員等を歴任。第52回-第54回(平成14-16年度)税理士試験委員など各種試験委員を務める。伊藤邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • 倉重英樹

    倉重英樹から見た三菱商事三菱商事

    2004年1月に日本テレコム株式会社社長に就任。2006年10月のソフトバンクテレコムへの社名変更の際に社長を孫正義に交代し、代表権のない取締役に退くと共に、RHJインターナショナルに所属。子会社であるRHJIインダストリアル・パートナーズ・アジア社専務取締役社長に就任。2007年6月、ソフトバンクテレコム取締役退任。2007年12月、RHJインターナショナル・ジャパン代表取締役会長に就任。2008年5月、三菱商事とRHJインターナショナルの合弁で設立されたITコンサルティング会社、シグマクシスの代表取締役CEOも兼務。三菱商事特別顧問。2011年から2014年6月まで、アイ・ティ・フロンティアの取締役会長を務めていた。倉重英樹 フレッシュアイペディアより)

  • マルイチ産商

    マルイチ産商から見た三菱商事三菱商事

    2002年 - 三菱商事株式会社が筆頭株主となる。マルイチ産商 フレッシュアイペディアより)

  • ヒマラヤ (企業)

    ヒマラヤ (企業)から見た三菱商事三菱商事

    株式会社ヒマラヤ()は、スポーツ用品小売チェーンを展開する企業。本社所在地は岐阜県岐阜市。三菱商事の関連会社。ヒマラヤ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 旺文社

    旺文社から見た三菱商事三菱商事

    かつては学習研究社と双璧をなしていたが、少子化と受験環境の大きな変化に抗し得ず経営が悪化し、全国拠点の整理や、子会社株の売却等のリストラを実施した。その結果、数年間続いた赤字から脱却し経営再建に成功。新規事業の開拓と利益構造のさらなる改善をめざし、旺文社株の一部の売却を行い、売却先である三菱商事の協力を受けた。現在、三菱商事との提携は解消されている。旺文社 フレッシュアイペディアより)

  • ライフコーポレーション

    ライフコーポレーションから見た三菱商事三菱商事

    株式会社ライフコーポレーション()は、近畿地方・関東地方にスーパーマーケットチェーン「ライフ」の店舗を展開する企業。東京証券取引所第1部に上場している。三菱商事の持分法適用会社。本社は大阪市淀川区と東京都台東区の二本社制。ライフコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た三菱商事三菱商事

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、ニチメン、兼松、安宅産業)の一角を占めた。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱財閥

    三菱財閥から見た三菱商事三菱商事

    1917年に三菱造船、三菱製紙、1918年に三菱商事、三菱鉱業、1919年に三菱銀行、1920年に三菱内燃機製造、1921年に三菱電機と次々に分割化していった。そして、満州事変から第二次世界大戦にかけて軍需の膨張拡大を背景に三菱の事業は飛躍的に拡大した。三菱財閥 フレッシュアイペディアより)

710件中 41 - 50件表示

「三菱商事」のニューストピックワード