534件中 41 - 50件表示
  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た三菱商事三菱商事

    コンビニの情報収集分析力やスケールメリットを活かした展開を行える部分に商社側は魅力を感じており、コンビニ側も商社の持つ企業・人材・商材ネットワークを活かして新商品開発や異業種との提携を行いやすくなる利点、とお互いにメリットがあることから近年商社とコンビニの関係が深まっており、三菱商事がローソンやイオンと、伊藤忠商事がファミリーマートやサークルKサンクスと、それぞれ取引関係にある。また、それに関連して商社主導の再編も一部で予測されている。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • 合弁事業

    合弁事業から見た三菱商事三菱商事

    ロイヤル・ダッチ・シェル・三井物産・三菱商事の三者合弁によるロシア・サハリン州での石油・天然ガス開発プロジェクト。後にロシア政府の干渉もあって、ガスプロムとの四者合弁となった。合弁事業 フレッシュアイペディアより)

  • am/pm

    am/pmから見た三菱商事三菱商事

    2009年11月には、株式会社ファミリーマートとその筆頭株主である伊藤忠商事(伊藤忠)が、エーエム・ピーエム・ジャパン買収への協議に入った事が明らかになった。伊藤忠としては、取引小売店に増加により商品取扱量を拡大し、メーカーとの価格交渉力を強化する事で、ローソンの筆頭株主である三菱商事やセブン-イレブンと親密な関係にある三井物産との競争を視野に入れたものとみられている。このように一連のam/pm騒動は、単なるコンビニ買収合戦ではなく、総合商社を巻き込んだ争奪戦という構図が鮮明になっていった。am/pm フレッシュアイペディアより)

  • ディレクTV

    ディレクTVから見た三菱商事三菱商事

    日本においては「株式会社ディレク・ティービー」がアメリカ・ディレクTV本社と、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ、松下電器産業(現・パナソニック)、大日本印刷、三菱電機、三菱商事、徳間書店などが出資して設立され、1997年12月1日に本放送を開始した。番組の伝送には宇宙通信(現・スカパーJSAT)のSUPERBIRD C号機が利用された。この関係で、1998年9月30日に放送終了したアナログCS放送のスカイポートの加入者を引き継いでいる。ディレクTV フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た三菱商事三菱商事

    LEOC - 元三菱商事の関係会社。小野寺一族の管理会社(小野寺事務所)による全株買収により非上場化。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た三菱商事三菱商事

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角を占めた。双日 フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルランド

    オリエンタルランドから見た三菱商事三菱商事

    2月 - 三菱商事、レインフォレスト・カフェ・インクの2社との合弁契約を締結、同2社はアールシー・ジャパンに出資し、同社はOLCの完全子会社から連結子会社にオリエンタルランド フレッシュアイペディアより)

  • 財閥解体

    財閥解体から見た三菱商事三菱商事

    戦時中、国内のみならず海外(特に東南アジア・太平洋地域)に於いて精力的な企業活動を展開していた三井物産と三菱商事は、1946年12月28日に持株会社指定され、その整理を迫られていた。これに対し両社は、「整理は日本経済の弱体化に繋がる」として再考を求めるロビー活動を起こした(時には委員会を飛び越し、直接GHQに働きかけたりした)。しかしこれは「財閥温存を図る運動」として、GHQ側の担当部署である経済科学局反トラスト課の反感を買う事になった。財閥解体 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠商事

    伊藤忠商事から見た三菱商事三菱商事

    かつての十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角を占め、現在では総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠、丸紅、豊田通商、双日)の一角。伊藤忠商事 フレッシュアイペディアより)

  • 三井物産

    三井物産から見た三菱商事三菱商事

    日本初の総合商社。歴史上、まだ商事会社という日本語すら無かった明治初期に、自らを「物産」と称し、あらゆる産品の貿易を手掛ける世界に類を見ない民間企業として発展し、後に「総合商社」と称される企業形態の原型を造った。明治時代には日本経済新聞社の前身が大相撲の番付になぞらえた日本の有力企業番付で、長年に亘り日本郵船と並ぶ横綱企業に位置付けられ、日本の近代化を牽引したの歴史と伝統を誇る民間企業である。現在も三菱商事、住友商事と並んで日本を代表する総合商社であり、三井グループの中核企業である。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』のひとつ。三井物産 フレッシュアイペディアより)

534件中 41 - 50件表示

「三菱商事」のニューストピックワード