534件中 81 - 90件表示
  • 勝田正之

    勝田正之から見た三菱商事三菱商事

    勝田正之の妻・寿々子は岩崎康弥・とし夫妻の四女。寿々子の父・康弥は三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の三男で、母・としは慶應義塾医学所初代校長・松山棟庵の四女。従って正之は岩崎弥太郎及び松山棟庵の孫娘と結婚したことになる。正之・寿々子夫妻は1男2女をもうけた。正之の弟恭行は東大工学部機械工学科卒業後三菱商事に入社し、正之・寿々子夫妻の長男芳正は慶應義塾大学法学部卒業後三菱重工業に入社し、相製、MCEC、本社勤務後に関連保険代理店?春秋社に勤務。三菱の創業者一族・岩崎家とは血縁関係で結ばれており、弥太郎の曾孫の一人で三菱合気道部副部長(6段)として指導員を務め、俳人でもあり、水資源公団の阪西徳太郎の次女・紀久子との間には長男・康裕をもうけた。なお、地球科学者の岩崎泰頴は寿々子の甥にあたる。勝田正之 フレッシュアイペディアより)

  • 山口祐司 (商学者)

    山口祐司 (商学者)から見た三菱商事三菱商事

    1934年に神奈川県横浜市で生まれる。1957年に早稲田大学第一商学部卒業後、三菱商事に入社する。58年に富士屋ホテルへ転職した。1959年にホテル業界で有名であるコーネル大学ホテル経営学部に入学し、1961年に卒業する。その間に、ウオルドルフ・アストリアホテル、ロイヤルハワイアンホテルへ勤務する。その後、1971年に富士屋ホテル取締役、88年には副社長、富士屋ホテルチェーン総支配人を経て、99年に監査役となる。1999年から桜美林大学経営政策学部教授および早稲田大学商学部客員教授に就任する。2004年には桜美林大学名誉教授となる。後にハリウッド大学院大学教授を務めた。山口祐司 (商学者) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木慎二

    鈴木慎二から見た三菱商事三菱商事

    1992年 株式会社マックレイ 設立参画 三菱商事株式会社と株式会社レイとの合弁会社のポストプロダクション。鈴木慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 原燃輸送

    原燃輸送から見た三菱商事三菱商事

    商社(三井物産・三菱商事・伊藤忠商事・丸紅・住友商事)計20%原燃輸送 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内俊一

    竹内俊一から見た三菱商事三菱商事

    大阪府出身。津山中学校(現岡山県立津山高等学校)を経て、1917年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業後、三菱合資会社入社。三菱商事を経て、1941年から三菱石油。竹内俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本レヂボン

    日本レヂボンから見た三菱商事三菱商事

    1958年(昭和33年)創業の砥石メーカーでオフセット砥石ではトップシェア。元は三菱商事のグループに属していたが2009年(平成21年)7月にノリタケカンパニーリミテドの持分法適用会社となった。日本レヂボン フレッシュアイペディアより)

  • フラクタル圧縮

    フラクタル圧縮から見た三菱商事三菱商事

    1996年、Iterated Systems Inc. は三菱商事と提携し ClearVideo を日本で発売すると発表した。ClearVideo 1.2 デコーダは今もマイクロソフトの Windows Media Player でサポートされており、ダウンロード可能である。しかし、エンコーダは既にサポートされていない。フラクタル圧縮 フレッシュアイペディアより)

  • ヒマラヤ (企業)

    ヒマラヤ (企業)から見た三菱商事三菱商事

    1998年(平成10年) - 三菱商事株式会社と商品開発における業務携基本契約を締結。ヒマラヤ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 西欧自動車

    西欧自動車から見た三菱商事三菱商事

    前身は1960年に設立された西武百貨店の商事部自動車課で、1963年に西友・三菱商事との合弁で独立した会社となった。分社後も当初は本社を池袋の西武百貨店別館事務所に置いていたが、後に東京プリンスホテル敷地内に移転、長年日本自動車が有してきたイタリア・フィアット車の輸入代理権を共有した。西欧自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和通商

    昭和通商から見た三菱商事三菱商事

    しかし大戦が終了すると同組合の輸出は伸び悩みはじめ、昭和14年4月には高田商会が抜け、航空機・装甲車輌などを製造していた三菱重工を傘下に持つ三菱商事が新たに加入して、昭和通商が設立された。昭和通商 フレッシュアイペディアより)

534件中 81 - 90件表示