710件中 81 - 90件表示
  • 鈴木商店

    鈴木商店から見た三菱商事三菱商事

    鉄、小麦、船などについて日本を介さない三国間貿易を始めるなど(ちなみにこの三国間貿易を手がけたのが、当時ロンドン支店勤務だった高畑誠一である)、独創的な手法で売り上げが急拡大する。この頃、金子直吉はロンドン支店宛ての手紙の中で『この戦乱を利用して大儲けをなし、三井、三菱を圧倒するか、あるいはその二つと並んで天下を三分する』と記している。鈴木商店 フレッシュアイペディアより)

  • 成蹊大学

    成蹊大学から見た三菱商事三菱商事

    協力企業は、成蹊と縁の深い三菱グループの企業が中心となっている。2013年度は21社、2014年度は23社がプログラムに参加している。業界は多岐にわたっており、金融や商社・不動産・重工業・鉄鋼・非鉄・自動車などいずれも大手企業で、三菱UFJフィナンシャル・グループや三菱商事、三菱電機、三菱地所など多数。成蹊大学 フレッシュアイペディアより)

  • Ponta

    Pontaから見た三菱商事三菱商事

    Ponta(ポンタ)は、三菱商事の関連会社である株式会社ロイヤリティ マーケティング(Loyalty Marketing, Inc.)が発行・運用・管理する共通ポイントサービス。Ponta フレッシュアイペディアより)

  • 安倍寛信

    安倍寛信から見た三菱商事三菱商事

    安倍 寛信(あべ ひろのぶ、1952年(昭和27年)5月30日 - )は、日本の実業家、三菱商事執行役員。政治家の安倍晋太郎の長男で、安倍晋三(内閣総理大臣)、岸信夫(衆議院議員)は弟。安倍寛信 フレッシュアイペディアより)

  • ジーエス・ユアサコーポレーション

    ジーエス・ユアサコーポレーションから見た三菱商事三菱商事

    2007年12月 -三菱商事、三菱自動車工業と合弁会社リチウムエナジージャパンを設立ジーエス・ユアサコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 新日鉄興和不動産

    新日鉄興和不動産から見た三菱商事三菱商事

    芝浦アイランド - 三井不動産、三菱商事などとの共同事業新日鉄興和不動産 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎汽船

    岡崎汽船から見た三菱商事三菱商事

    岡崎汽船は大正12年(1923年)、政府より主要中国2航路の運航を拝命し、同航路は同社のドル箱路線になった。昭和2年(1927年)の藤吉の死後も、婿養子の岡崎忠雄が会社を引継ぎ、岡崎合資会社と業務を統一して提携合併し、岡崎本店汽船部と改称した昭和12年(1937年)には、日中戦争が勃発して荷動きが一層の伸展を遂げ、更に経営が拡大していった。昭和18年(1943年)初頭には閣議決定に依り、各海運会社の整理統合が政府の戦時特令として発せられ、 それに基づき同年7月、三菱商事の船舶部門が分離独立、所有船12隻の三菱汽船株式会社が設立されたのに伴い、岡崎本店汽船部が所有貨物船6隻を出資船として提供、三菱汽船と合併して合計18隻の船隊を保有する新会社を設立した。しかしながら太平洋戦争中は、軍に徴用された所有船がことごとく戦没し、ほとんどの船が海の藻屑と消えていった。岡崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧自動車

    西欧自動車から見た三菱商事三菱商事

    前身は1960年に設立された西武百貨店の商事部自動車課で、1963年に西友・三菱商事との合弁で独立した会社となった。分社後も当初は本社を池袋の西武百貨店別館事務所に置いていたが、後に東京プリンスホテル敷地内に移転、長年日本自動車が有してきたイタリア・フィアット車の輸入代理権を共有した。西欧自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿場・小山RDFセンター

    御殿場・小山RDFセンターから見た三菱商事三菱商事

    御殿場・小山RDFセンター(ごてんば・おやまRDFセンター)は静岡県駿東郡小山町にあるゴミ処理施設。御殿場市・小山町広域行政組合によって運営される。設計・施工は三菱商事・石川島播磨重工業・荏原製作所・フジタ共同企業体。建設費79億2070万円。御殿場・小山RDFセンター フレッシュアイペディアより)

  • 音楽と文学社

    音楽と文学社から見た三菱商事三菱商事

    同人メンバーは、大田黒のほか、帝劇洋楽部解散を目前にした小林愛雄、のちに出版社「音楽之友社」を興す堀内敬三、のちに『トオキイ音楽論』(往来社、1932年)を著す中根宏、のちに音楽評論家の重鎮として知られることになる野村光一、作曲家の菅原明朗、「丸木砂土」のペンネームで知られる当時三菱商事社員の秦豊吉、森村財閥の森村豊、登山家の田邊主計、音楽評論家・作詞家となる二見孝平、東京電気株式会社(のちの東京芝浦電気、現東芝)の関重廣、東京帝国大学(現東京大学)名誉教授の子息弘田親輔、そして石井誠の12人の仲間であった。途中、堀内は1917年にアメリカに渡り、同誌は、1919年(大正8年)には休刊した。音楽と文学社 フレッシュアイペディアより)

710件中 81 - 90件表示

「三菱商事」のニューストピックワード