71件中 51 - 60件表示
  • 福島の原子力発電所と地域社会

    福島の原子力発電所と地域社会から見た三菱総研三菱総合研究所

    1972年には福島県庁が、東海村で着手されつつあった事故時の避難経路確保をも名目とした、道路建設などの地域振興計画を模倣し「双葉臨海地区新地方工業開発都市建設調査」「電源地帯福祉対策調査」が実施中であり、同年9月の県議会でこの結果を待ち、当時国で立法を検討していた電源三法の動向を見据えつつ、具体的な振興策を実施する旨が答弁されている。『原子力発電に対する疑問に答える』では県は1972年?73年度に日本工業立地センターに委託し「双葉地域開発計画調査」にて開発の基本方向を検討し、次いで1973年度?1974年度に相双地域エコロジー調査を三菱総研に委託して実施したとされている。また、有識者、町村長、県関係部長で組織する相双地域振興計画策定協議会を1973年12月7日に発足させた。この協議会では審議中の電源三法を意識しつつ、下記の方向で振興を進めることが確認されている。福島の原子力発電所と地域社会 フレッシュアイペディアより)

  • 03式中距離地対空誘導弾

    03式中距離地対空誘導弾から見た三菱総研三菱総合研究所

    2006年、朝鮮総連系の科学者団体「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」と関係があると言われるソフトウェア会社に、ミサイル部分の資料が流出した。中SAMが戦術弾道ミサイルへの対処能力を得られるか否かの性能検討に使うためのシミュレーションを、防衛省が三菱総研に発注したとき、三菱総研から研究を孫請けした企業が、薬事法違反の前科のある科協所属の在日韓国人が役員を務める会社だった。03式中距離地対空誘導弾 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論から見た三菱総研三菱総合研究所

    前東京大学総長で三菱総研理事長の小宮山宏は、「全てについて反論は用意されている」「温暖化懐疑論が問題になっているのは日本だけ」と述べている(何ページ?)。地球温暖化に対する懐疑論 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田哲生

    澤田哲生から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    兵庫県生まれ。1980年、京都大学理学部物理科学系卒業後、三菱総合研究所に入社。1989年より、ドイツ・カールスルーエ研究所客員研究員。1991年より、東京工業大学原子炉工学研究所助手。1996年、論文「高速増殖炉の損傷炉心における溶融物質移動に関するモデル化と検証」により、東京工業大学から博士 (工学)の学位を修得。澤田哲生 フレッシュアイペディアより)

  • ITホワイトボックス

    ITホワイトボックスから見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    杉浦孝明(三菱総合研究所 社会システム研究本部 主席研究員)ITホワイトボックス フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た三菱総研三菱総合研究所

    北京五輪終了後、胡錦濤主席は公安当局に対し本格的に捜査に着手するよう指示した。産経新聞は胡主席が訪日した際、日本人の本件に対する関心の高さに驚いたためだと報じている(読売新聞の2008年読者が選んだ10大ニュース日本編、三菱総研が調査した2008年最も恐いと感じたニュースでそれぞれ1位を獲得している)。また、日本のマスコミ情報は報道規制の強い中国にも徐々に浸透し、中国でも日本のマスコミのほうが情報量も多く、信憑性が高いと思う知識人や国民が増えているという。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学商学部

    日本大学商学部から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    佐藤公久 - 経済評論家。元三菱総合研究所常務取締役。元教授、元非常勤講師(景気循環論、産業組織論、現代日本産業論、経済成長論などを担当。)日本大学商学部 フレッシュアイペディアより)

  • ESPフォーキャスト調査

    ESPフォーキャスト調査から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    武田洋子 - 三菱総合研究所政策・経済研究センター主席研究員、チーフエコノミストESPフォーキャスト調査 フレッシュアイペディアより)

  • 浜矩子

    浜矩子から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    東京都出身。父親の仕事の関係で1960年から4年間イギリスに滞在、当時大ブレイクしたビートルズに出会い、その熱気を現地で体験する。帰国後東京都立戸山高等学校、一橋大学経済学部卒業。大学では山澤逸平ゼミナールに所属。1975年三菱総合研究所入社。1990年渡英し、三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所所長兼駐在エコノミスト就任。1998年帰国して三菱総合研究所主席研究員・経済調査部長。浜矩子 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年代

    2020年代から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    三菱総合研究所は、日本が海資源により、年間2000万キロリットルのバイオエタノール、年間1950トンのウランを生産していると見込んでいる。2020年代 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「三菱総合研究所」のニューストピックワード