94件中 51 - 60件表示
  • 野呂エイシロウ

    野呂エイシロウから見た三菱総研三菱総合研究所

    大学生時代に三菱電機と三菱総研、三菱電機のハウスエージェンシーだったアドメルコ(現・アイプラネット)が共同で作った学生企業「メルブレインズ」に所属。商品開発、PR戦略、学生マーケティングに携わる。三菱電機の学生向け家電製品「自由が丘シリーズ」の企画・開発・宣伝に携わり、多くのメディアに登場する。野呂エイシロウ フレッシュアイペディアより)

  • 田中努

    田中努から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    東京都出身。東京都立日比谷高等学校を経て、1959年、東京都立大学法経学部卒業。同年、経済企画庁入庁。調整局産業経済課長、環境庁長官官房国際課長、経企庁経済研究所次長、調整局・統計局審議官などを経て、1989年に調査局長、1990年、物価局長、1991年、経済企画審議官、1993年5月から1995年6月まで事務次官を務めた。高村正彦経済企画庁長官時代、その任期中、経企庁所管・海外経済協力基金と日本輸出入銀行との合併案(のちに両行合併にて国際協力銀行となる)が当時の新党さきがけ・武村正義蔵相から提案された。退官後は、中央大学総合政策学部教授、三菱総合研究所顧問など。田中努 フレッシュアイペディアより)

  • クロスインデックス

    クロスインデックスから見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    シンクタンク各社:日本総合研究所、野村総合研究所、三菱総合研究所クロスインデックス フレッシュアイペディアより)

  • 澤田哲生

    澤田哲生から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    兵庫県生まれ。1980年、京都大学理学部物理科学系卒業後、三菱総合研究所に入社。1989年より、ドイツ・カールスルーエ研究所客員研究員。1991年より、東京工業大学原子炉工学研究所助手。1996年、論文「高速増殖炉の損傷炉心における溶融物質移動に関するモデル化と検証」により、東京工業大学から博士(工学)の学位を修得。澤田哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の財政問題

    日本の財政問題から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    三菱総合研究所は「税収が減少したのは、景気対策として各種の減税が実施された影響が大きい」と指摘している。UFJ総合研究所調査部は「所得税では大規模の減税が何度も実施されており税収を押し下げている。また法人税では、バブル景気の後始末としての不良資産の処分が続き、特別損失・繰越欠損金の計上が増加した結果、国の課税所得が押し下げられた」と指摘している。日本の財政問題 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和

    佐藤和から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    1986年 - 株式会社三菱総合研究所 経済・経営分野 (-1993年)佐藤和 フレッシュアイペディアより)

  • 人口減少社会

    人口減少社会から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    三菱総合研究所政策・研究センターは「人口減少は国内消費を縮小させたり、労働力人口を減少させる」と指摘している。人口減少社会 フレッシュアイペディアより)

  • JAビル

    JAビルから見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    2002年頃から汐留(港区)や品川インターシティ(港・品川区)がビジネス街として開発され、大手町・丸の内地区から流出する企業が現れた。大手町・丸の内地区では敷地の空きがなく、事業活動を止めずに建て替えることは困難であったが、2003年に大手町合同庁舎1・2号館跡地約13,400m2が売却されることになり、大手町地区連鎖型再開発の一環として、(旧)JAビルおよび隣接地の日経ビル・経団連会館を換地して建替えられることになった。(旧)JAビル・日経ビル・経団連会館跡地には日本政策投資銀行ビル・公庫ビル・新公庫ビル・三菱総合研究所ビルの機能が移転した。その後連鎖再開発は3次まで行われ、大手町合同庁舎の代わりとなる国有地(大手町二丁目地区再開発)は、2018年に郵政ビル(旧郵政省庁舎)と交換される予定となっている。JAビル フレッシュアイペディアより)

  • さよならジュピター

    さよならジュピターから見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    当時まださほど精度の高くなかったCGも積極的に使用された。モニタ表示画面の殆どはパソコンで製作したものだが、撮影当時、世界に数台しかない三菱総合研究所所有のスーパーコンピュータ「Cray-1」で製作された物も一部含まれている(小松と親交のあった同研究所の牧野昇の計らいでコンピュータが空いている定時終了後の時間帯に無償で借用できた。CG製作ソフトは同研究所の予算で購入してもらい、所員もボランティアとして手伝っている)。これらはCGだけでなく、コンピュータ自体についても専門家ではない素人同然のイオの若手スタッフが作った物である。アメリカのCG製作者に発注した木星の爆発シーンは、NASA所有のボイジャー探査機の画像デジタルデータを基に、日本映画で初めてCGを実景として使用したものである。またビデオ合成も検討されたが、当時の解像度ではスクリーンにかけると「まるでスダレ」(小松談)だったのでボツとなった。さよならジュピター フレッシュアイペディアより)

  • 石井耕

    石井耕から見た三菱総合研究所三菱総合研究所

    石井 耕(いしい こう、1951年 - )は、日本の経営学者、エコノミスト。北海学園大学名誉教授。元三菱総合研究所研究員。研究分野は、経営者論、日本企業論、経営戦略論。博士(北海道大学、1997年)。東京都出身。父親は筑摩書房の編集者であった石井立(1923-64)。石井耕 フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「三菱総合研究所」のニューストピックワード