前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    第72回 後藤勝喜投手(岡崎・三菱自動車岡崎都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工名古屋硬式野球部

    三菱重工名古屋硬式野球部から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    三菱重工名古屋硬式野球部(みつびしじゅうこうなごやこうしきやきゅうぶ)は、愛知県名古屋市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(練習グラウンドは愛知県大府市に所在し、三菱自動車岡崎と同じ三菱大府グランドである)。母体は三菱重工業。三菱重工名古屋硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 座喜味大河

    座喜味大河から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    座喜味 大河(ざきみ たいが、1975年1月23日 - )は、大阪府出身の元社会人野球選手(内野手)。現在は、三菱自動車岡崎監督。背番号は55。座喜味大河 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋祐司

    棚橋祐司から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    2008年の都市対抗野球ではトヨタ自動車から補強した秋田祥孝と三菱自動車岡崎から補強した座喜味大河に1・2番を任せた。2人はチームの攻撃の核として活躍、座喜味は久慈賞を受賞している。棚橋祐司 フレッシュアイペディアより)

  • 井手元健一朗

    井手元健一朗から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    翌2001年から社会人野球JR東海にてアマ復帰。三菱自動車岡崎の補強選手として第72回都市対抗野球に出場。準優勝に貢献したが、2002年の都市対抗野球予選敗退をもって引退した。その後約7年間JR東海グループの企業に勤務した後、2009年8月JR東海野球部に投手コーチとして復帰。井手元健一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 堀井哲也

    堀井哲也から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    現役引退後は1988年からコーチ・マネージャーを務め、1993年に三菱自動車岡崎の創部に伴って転籍した。1997年からは監督に就任、激戦の東海地区にあってチームをまたたく間に都市対抗野球・日本選手権の常連へと押し上げ、山口和男・福川将和・竹原直隆などのプロ野球選手を育てた。堀井哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 林尚克

    林尚克から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    高校卒業後の1992年、新日鐵名古屋(現・硬式野球クラブ東海レックス)に入社。パワフルなバッティングで打線の核を担い、第66回都市対抗野球大会(1995年)ではチームのベスト8入りに貢献、大会優秀選手に選ばれた。また、第72回都市対抗野球大会(2001年)では三菱自動車岡崎の補強選手として準優勝に貢献した。林尚克 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回選抜高等学校野球大会

    第61回選抜高等学校野球大会から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    谷佳知(尽誠学園?大阪商業大学?三菱自動車岡崎?オリックス?現・巨人)第61回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪田勝利

    三輪田勝利から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    に阪急ブレーブスの二軍投手コーチに就任するが、にコーチを辞任、翌年からスカウトに復帰することを発表した。1991年には、のちにシアトル・マリナーズで活躍する鈴木一朗(愛知工業大学名電高等学校)や、速球派投手として最速記録(当時)の158km/hを記録することになる山口和男(三菱自動車岡崎硬式野球部)を発掘した。1997年には編成部長に就任した。三輪田勝利 フレッシュアイペディアより)

  • 岩下修一

    岩下修一から見た三菱自動車岡崎硬式野球部三菱自動車岡崎硬式野球部

    浜松工高から三菱自動車岡崎を経て、1999年秋のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから4位指名を受け入団。この年、三菱自動車岡崎の同僚・山口和男が同じくオリックスに1位で指名された。岩下修一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「三菱自動車岡崎野球部」のニューストピックワード