前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 第80回都市対抗野球大会

    第80回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    予選では、横須賀市・日産自動車が神奈川第3代表として本戦出場を決めたが、苅田町・日産自動車九州は九州予選で敗退した。横浜市・三菱重工横浜はクラブ化から企業チームへの再登録を経て13年ぶりに本戦出場を勝ち取った。また、浦添市・沖縄電力は九州予選を全勝、2度目の本戦出場を初の九州代表として勝ち取った。ホンダからは、活動中の3チーム(狭山・鈴鹿・熊本)が初めて勢ぞろいを果たした。企業チームが減少する中で出場チームを増やしたことから、補強選手数は大幅に減少。11チームが補強なしで本戦に挑むこととなり、4チームが出場する神奈川・阪和両地区からは全チームが補強なしという事態となった。第80回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    第59回 横浜・三菱重工横浜チーム都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回社会人野球日本選手権大会

    第34回社会人野球日本選手権大会から見た三菱重工横浜硬式野球クラブ三菱重工横浜硬式野球部

    クラブ選手権からは人気チーム・茨城ゴールデンゴールズが出場。1回戦の対三菱重工名古屋戦では大勢の観客が京セラドームに詰めかけた。また、近畿地区からは大和高田クラブ・和歌山箕島球友会、関東地区からは三菱重工横浜硬式野球クラブが出場し、同時に4チームのクラブチームが本大会に出場した。第34回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口裕之

    坂口裕之から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    に社会人野球の日本石油に入社。一年目はチームが都市対抗予選で敗退したものの、三菱重工横浜の補強選手として自身は出場を果たした。には主将に就任し、同年の東京スポニチ大会および日本選手権でチームを優勝に導いている。のバルセロナ五輪では日本代表にチームメイトの徳永耕治や若林重喜、小桧山雅仁らとともに選出されている。同五輪では全試合に中堅手として先発出場し、予選リーグ第2戦の対スペイン戦以降は九番を務めた。打率.292で打線の繋ぎ役となり、巧みな外野守備でチームを支えた。坂口裕之 フレッシュアイペディアより)

  • JABA日立市長杯争奪大会

    JABA日立市長杯争奪大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    第15回(1991年) 三菱重工横浜JABA日立市長杯争奪大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工パーキング

    三菱重工パーキングから見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部 (野球部員が数名所属している)三菱重工パーキング フレッシュアイペディアより)

  • 第81回全国高等学校野球選手権大会

    第81回全国高等学校野球選手権大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    鶴岡慎也(樟南?三菱重工横浜?日本ハム)第81回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工環境・化学エンジニアリング

    三菱重工環境・化学エンジニアリングから見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部 (野球部員が数名所属している)三菱重工環境・化学エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 中野佐資

    中野佐資から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    国学院栃木高校、三菱重工横浜入社当時は投手。のちに野手に転向し、主に一塁・右翼を守る。1985年に全日本入り、同年阪神にドラフト2位指名を受け外野手として入団。1988年就任した村山実監督に、大野久・和田豊の三人で少年隊と呼ばれた。中野佐資 フレッシュアイペディアより)

  • 早川和夫

    早川和夫から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    栃木商高から国士舘大学へ進学。東都大学リーグでは1部リーグで4季プレー。通算29試合に出場し、90打数17安打、打率.189、0本塁打、5打点。社会人野球の三菱重工横浜に入社。1984年の都市対抗野球に日本鋼管の補強選手として出場し、打率.647で首位打者を獲得。同年のドラフトで日本ハムファイターズから3位指名され入団。早川和夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示