40件中 11 - 20件表示
  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    神奈川第1 横浜市・三菱重工横浜(2年連続4回目)第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回都市対抗野球大会

    第83回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    渡部英紀外野手(JX-ENEOS(三菱重工横浜))第83回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回都市対抗野球大会

    第74回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    斉藤裕次郎(三菱ふそう川崎(三菱重工横浜硬式野球クラブ))第74回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回都市対抗野球大会

    第59回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    初出場は仙台市・日本たばこ、君津市・新日鐵君津、横浜市・三菱重工横浜の3チーム。このうち日本たばこ、三菱重工横浜は8強入りして台風の目となった。第59回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第69回都市対抗野球大会

    第69回都市対抗野球大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    斉藤裕次郎(日産自動車(三菱重工横浜))第69回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回社会人野球日本選手権大会

    第20回社会人野球日本選手権大会から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    JA岩手県経済連、ニチエーの2チームが夏・秋通じて初出場。また、三菱重工横浜が秋初出場を決めた。一方四国地区では前年のNTT四国に続き四国銀行も10年連続出場の大台に乗せた。第20回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関根裕之

    関根裕之から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    当時の即戦力投手の中でも左腕の河原隆一(関東学院大学)に次ぐ目玉選手で、当初は福岡ダイエーホークス入りが有力視されたが、あくまで1位指名にこだわる関根に対してダイエーが難色を示した(ダイエーは逆指名1位で青山学院大学の小久保裕紀を、逆指名2位で即戦力投手を獲得する方針であった)ため、石井貴(三菱重工横浜)を西武ライオンズにさらわれた日本ハムが逆指名1位での入団を打診、獲得にこぎ付けた。最速145km/hの速球に多彩な変化球を持ち、コントロールも安定していたことから「即戦力として最も期待できるのは関根だろう」とも言われていた。関根裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪部貴大

    諏訪部貴大から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    中日ドラゴンズは8月からリストアップしていると報じられていたが、意に反して6位指名という低い順位だった。諏訪部はそのことに不満を感じ、指名直後にHonda残留を示唆している。11月の日本選手権では筑川利希也に代わり先発・中継ぎとして連投し、準決勝の三菱重工横浜戦では完封を記録するなどの活躍で敢闘賞を受賞。中日側は中田宗男スカウト部長が訪問するなどして説得したが、12月3日の交渉でも順位への不満が強く、翌12月4日に中日が獲得断念を発表してHondaへの残留が決まった。諏訪部は「来年はワンランク上の評価をもらえるよう頑張る」「結果を残して来年、同級生と勝負したい気持ちはある」とのコメントを出した。なお、中日指名選手の入団拒否は1981年のドラフトでそれぞれ5、6位指名された浜田知明、古川利行以来28年ぶり。諏訪部貴大 フレッシュアイペディアより)

  • 内館牧子

    内館牧子から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    秋田県秋田市生まれ。父親は岩手県盛岡市、母親は秋田市出身。日本冷蔵(ニチレイ)に勤めていた父の転勤で、四歳から新潟県、小学校3年からは東京都大田区で育った。東京都立田園調布高等学校を経て、1970年(昭和45年)、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒。その後は三菱重工業に入社して横浜製作所に勤務、同所硬式野球部でマネージャーも務めた。1987年脚本家デビュー。当初は岸牧子の筆名で活動。代表作に、NHK連続テレビ小説『ひらり』、『私の青空』、大河ドラマ『毛利元就』などがある。内館牧子 フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    「障害者の雇用の促進等に関する法律」により三菱重工横浜に入社後、チームはに親会社の方針で企業登録からクラブ登録へ変更になった。このとき三菱重工名古屋への移籍の話もあったが、本人は横浜残留を希望してチームに留まる。肩を壊し2年間登板できない期間があったがリハビリで治し、基礎トレーニングを積んだ。に新日本石油、には東芝の補強選手として都市対抗野球大会に出場して経験を積み、チームのエースに成長した。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示