40件中 21 - 30件表示
  • 佐藤秀樹

    佐藤秀樹から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    その後、社会人野球の三菱重工横浜を経て、1992年のドラフト1位でに中日ドラゴンズに入団。佐藤秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • MHIプラントエンジニアリング

    MHIプラントエンジニアリングから見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部 (野球部員が数名所属している)MHIプラントエンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 菱日エンジニアリング

    菱日エンジニアリングから見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部 (野球部員が数名所属している)菱日エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    優勝:三菱重工横浜(初優勝)2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大城基志

    大城基志から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    大学卒業後は、JX-ENEOSに入社。1年目の春から公式戦に出場。同年の第65回JABA東京スポニチ大会では、新人賞を獲得した。同年夏の第81回都市対抗野球大会ではチームは予選で敗退するも大城自身は三菱重工横浜の補強選手として出場。3試合に登板し6回を自責点1と好投し同チーム初の4強入りに貢献した。同年秋の第37回社会人野球日本選手権大会でも3試合に登板し20回を自責点2に抑え2勝(1敗)を挙げ、JX-ENEOSの4強入りの原動力となった。大城基志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚富司

    飯塚富司から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    栃木工業高校から三菱重工横浜を経て、1984年に阪急ブレーブスにドラフト2位指名され入団。右投げ右打ちの外野手・一塁手で、ルーキーイヤーから一軍出場を果たす。層の厚い阪急外野陣において一軍に定着出来ず主に代打での出場であったが、ウエスタン・リーグでは1987年に首位打者、1989年には本塁打王に輝いている。飯塚富司 フレッシュアイペディアより)

  • 石井貴

    石井貴から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    神奈川県綾瀬市出身。幼少時は巨人ファンだった。少年時代からカーブが苦手でスライダーを投げていた。藤嶺学園藤沢高等学校から社会人野球の三菱重工横浜を経て、1993年のドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受け、入団。背番号は14。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎哲也

    岩崎哲也から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    埼玉県立行田工業高等学校時代は、春日部共栄中学高等学校とともに全国高等学校野球選手権埼玉大会優勝候補だったが、埼玉栄中学校・高等学校と初戦で対戦して惜敗。その後、国士舘大学を経て三菱重工横浜硬式野球部に入部した。岩崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 森内壽春

    森内壽春から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    の日本選手権の東北予選では七十七銀行の小林敦と延長17回を投げ合い、お互いに完投して0対0で引き分け再試合となった。この試合で215球を投げたが、さらに翌日の再試合でもリリーフ登板してチームを日本選手権出場に導いている。は東日本大震災の後およそ2ヶ月は社業に専念し、その後は代行バスの案内業務の合間などに練習を続けた。同年の第82回都市対抗野球大会では、プロ野球ドラフト会議直前に行われた1回戦の対三菱重工横浜戦(10月24日)で史上2人目となる完全試合を達成しドラフト候補に急浮上した。森内壽春 フレッシュアイペディアより)

  • 岩下正明

    岩下正明から見た三菱重工横浜硬式野球部三菱重工横浜硬式野球部

    鹿児島商工高等学校(現樟南高等学校)から、三菱重工横浜を経て、1980年にドラフト4位指名でヤクルトに入団。1988年に大洋に平田薫との交換トレードで入団。同年限りで引退。岩下正明 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示