前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    第48回 増岡義教投手(神戸・神戸製鋼(三菱重工神戸))都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • JABA静岡大会

    JABA静岡大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    第40回(1992年) 三菱重工神戸JABA静岡大会 フレッシュアイペディアより)

  • 栗田聡

    栗田聡から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    小学校から高校まで三木谷浩史と同級生で、小学校5・6年生の時は少年野球チームでもチームメートだった。明石高から三菱重工神戸を経て、のドラフト会議で広島東洋カープから1位指名を受け、契約金と年俸それぞれ5,000万円、480万円(いずれも推定)で入団。変則投法の左投げで、切れのいいストレート、カーブを武器とし、「第二の大野豊」として期待されていた。栗田聡 フレッシュアイペディアより)

  • 阪田隆

    阪田隆から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    市立和歌山商業高校から三菱重工神戸を経て、1970年ドラフト会議で南海ホークスから5位指名を受け入団。阪田隆 フレッシュアイペディアより)

  • 前田勝宏

    前田勝宏から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    からは専門学校であるアスピア学園の野球部にコーチ兼任投手としてアマ復帰し、第76回都市対抗野球大会に三菱重工神戸の補強選手として出場したが、この年限りでアスピア学園は休部。チームを率いていた木立章成が新クラブチーム「岩手21赤べこ野球軍団」の監督に招聘されたことから木立と行動を共にしてから岩手21赤べこ野球軍団に移籍。同僚の関連太郎と共に、エースとしてチームを牽引していた。岩手21赤べこ野球軍団はの第78回都市対抗野球大会に初出場を果たしたが、1回戦で敗戦(前田は登板機会なし)、チームも資金難からこのシーズン限りで解散した。前田勝宏 フレッシュアイペディアより)

  • JABA高砂市長杯争奪大会

    JABA高砂市長杯争奪大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    第7回(1980年) 三菱重工神戸JABA高砂市長杯争奪大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回都市対抗野球大会

    第41回都市対抗野球大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    好投手が各チームに揃い、例年になく投手戦が多く見られた。極めつきは史上初の決勝戦の引き分け再試合。富士市・大昭和製紙と神戸市・三菱重工神戸ががっぷり四つの投手戦を繰り広げ、決勝戦は4時間6分、延長14回を戦って引き分け。再試合は三菱重工神戸が力尽きたが、大会を大いに盛り上げた。橋戸賞は、チーム5試合(大昭和製紙は2回戦からの登場)でロングリリーフに徹し、決勝戦では11イニングを投げぬいた安田猛投手に贈られた。第41回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 北京プレオリンピック野球日本代表

    北京プレオリンピック野球日本代表から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    日本代表 5-4 三菱重工神戸北京プレオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 古野正人

    古野正人から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    からは、三菱重工神戸に移籍。エース木林敏郎・同年入社の守安玲緒と共にチームを支え、同年の第81回都市対抗野球大会出場に貢献。は、都市対抗野球大会の兵庫県予選前に腰を痛め、同年は試合登板なしに終わった。古野正人 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤利幸

    後藤利幸から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    鳥羽高校から三菱重工神戸を経て1994年にドラフト5位でロッテに入団。後藤利幸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「三菱重工神戸・高砂野球部」のニューストピックワード