34件中 21 - 30件表示
  • 五十嵐英樹

    五十嵐英樹から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    小学校3年生の頃から本格的に野球を始めた。東海大工高では同期で捕手の吉永幸一郎とバッテリーを組み、3年夏の県大会では準決勝まで進出した。高校卒業後、三菱重工神戸に進み社会人野球でプレーしている。にチーム投手陣で最年長となると頭角を表したが、同年の都市対抗では1回戦で新日鉄大分にコールド負けし、自身の登板も勝敗がほぼ決した後だった。五十嵐英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田次郎

    豊田次郎から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    高校卒業後は、川崎製鉄神戸に入社して社会人野球でプレーした。当初は3年ぐらいでプロ入りする事を目標にしていたが、想像以上に社会人のレベルが高く、5年目の頃に投球フォームをサイドスローに変えている。一方、には新日鐵広畑、は三菱重工神戸、は神戸製鋼からそれぞれ補強選手として指名され、都市対抗に出場した。結婚した1993年頃から投球が安定するようになり、さらに翌には125km/h前後の高速版と90km/h前後のもの、そして握りの調整によって内外角に変化するものの計3種類のシンカーをマスターしている。これによってカウントも取りやすくなって投球の幅が広がり、エースとして寺本比呂文らとともに先発投手陣を支え、チームは4年ぶりに都市対抗出場を果たした。豊田次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小松聖

    小松聖から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    は樋口と町豪将の2人がプロ入りしてチームを抜け、140km/h前後の速球と2種類のスライダーを武器に台頭した。JABA四国大会では敢闘賞を受賞。第76回都市対抗野球大会九州予選では第1代表獲得に貢献する好投でMVPに選ばれ、エースの座を掴んだ。本大会では、初戦で三菱重工神戸にサヨナラ勝ち、準々決勝ではホンダに勝利。準決勝では日産自動車に敗れたものの69年ぶりの4強入りを果たし、優秀選手賞を受賞。社会人野球日本選手権大会九州予選でも勝ち抜き、本大会では同年の都市対抗覇者三菱ふそう川崎との2回戦で先発して5安打9奪三振で完封勝利を挙げた。小松聖 フレッシュアイペディアより)

  • 西川雅人

    西川雅人から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    大学卒業後のには三菱重工神戸に入社。1年目から投手陣の屋台骨を支え、第76回都市対抗野球大会出場に大きく貢献した。しかし、都市対抗野球1回戦の対JR九州戦では4-1とリードした7回裏から登板したものの、ホンダ熊本からの補強選手だった草野大輔に決め球のフォークボールをとらえられて2ランホームランを浴びるなどでリリーフに失敗、逆転サヨナラ負けを喫して敗戦投手となった。これ以降の西川はそれまでとは別人のように精彩を欠いたピッチングを繰り返すようになり、シーズン終了後、在籍わずか3年で三菱重工神戸を戦力外となった。西川雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本生命球場

    日本生命球場から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    最後のプロ野球公式戦は1996年5月9日の近鉄対ダイエー戦(ナイター)だった。なおその試合後、敗戦に激怒したダイエーファンがダイエーの選手が乗るバスに生卵をぶつけるという事件が発生した(福岡ソフトバンクホークスを参照)。日本プロ野球における専用球場の指定も1996年限りで抹消された。1997年11月8日に第7回全日本アマチュア野球王座決定戦が開かれ、関西学生リーグを制し、第46回全日本大学野球選手権大会に優勝した近大が三菱重工神戸を5-4で破り、この試合が日生球場最後の公式戦となった。同年12月31日に球場は閉鎖され、翌1998年1月31日に株式会社日本生命球場が解散、5月に清算が結了した。日本生命球場 フレッシュアイペディアより)

  • 山本哲哉

    山本哲哉から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    その後、三菱重工神戸に入社。1年目からエースとなり、第79回・第80回と2年連続してチームを都市対抗野球出場に導く。特に第80回大会では最高球速148キロを記録した。山本哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    兵庫第1 神戸市・三菱重工神戸(2年連続26回目)第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大和高田クラブ

    大和高田クラブから見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    2007年の第34回社会人野球日本選手権大会近畿地区予選を勝ち抜き、企業チームの参加する全国規模の大会に初出場を果たした。2009年の同大会に2度目の出場を決めると、本大会ではTDK、三菱重工神戸相手に勝利を収め、ベスト8入りする躍進を見せた。2010年、第81回都市対抗野球大会予選でパナソニックを破り、初の本戦出場を決めた。パナソニックには2003年の予選で敗れて本大会出場を阻まれており、7年越しのリベンジが果たされた。これにより、都市対抗・日本選手権・クラブ選手権の3大大会すべての出場権を獲得したチームとなった(第1号はNOMOベースボールクラブ)。本戦ではバイタルネットを相手に延長タイブレークの試合を制し、本戦奈良県勢初勝利を挙げた。大和高田クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ニチダイ硬式野球部

    ニチダイ硬式野球部から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    2005年の第76回都市対抗野球大会では近畿予選に駒を進め、あと1勝で本大会出場であったが、NOMO Baseball Clubの前に涙を飲んだ。その雪辱を期して臨んだ翌2006年の大会では、予選で日本新薬を破って波に乗り、ついに本大会初出場を決めた。1回戦でホンダと対戦し、11対1で8回コールド負けを喫している。しかし、2007年以降は予選敗退が続き、さらにチームを都市対抗本大会出場に導いた桑野監督も退任するなど、年々チーム力の低下が顕著となっていたが、2012年の日本選手権近畿予選で三菱重工神戸相手に0-7から逆転サヨナラ勝ち、6大会ぶりの日本選手権出場を決めた1。本戦では日立製作所に完封勝ちを収め、2大大会初勝利を挙げた。ニチダイ硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回都市対抗野球大会

    第80回都市対抗野球大会から見た三菱重工神戸硬式野球部三菱重工神戸硬式野球部

    兵庫 神戸市・三菱重工神戸(3年連続27回目)第80回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「三菱重工神戸・高砂野球部」のニューストピックワード