1388件中 91 - 100件表示
  • 新京成電鉄8900形電車

    新京成電鉄8900形電車から見た三菱電機三菱電機

    制御方式:GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ、装置構成は1C4M(インバータ装置1基で4個の電動機を制御)×2群(三菱電機製MAP-148-15V37形制御装置)。新京成電鉄8900形電車 フレッシュアイペディアより)

  • MOS 6502

    MOS 6502から見た三菱電機三菱電機

    ルネサス エレクトロニクス(旧三菱電機)社製の8ビットMCUコア。7200、740/7450/7470、7600、38000シリーズがある。8ビット定数を直接ゼロページに入れる命令、乗除算命令(一部のもの)を備える。ビット操作・ブランチ命令もあるが、両65C02のものとは互換性がない。スタックは1ページではなくゼロページに置くことも可能。ROM・RAMと周辺機能を内蔵し、ゼロページの下位はI/Oレジスタとなっている。MOS 6502 フレッシュアイペディアより)

  • 半導体素子

    半導体素子から見た三菱電機三菱電機

    日立製作所・三菱電機・日本電気のDRAM部門が独立・合併して設立された。半導体素子 フレッシュアイペディアより)

  • サイリスタ

    サイリスタから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機が開発した自己消弧素子で、Gate Assisted Turn-off Thyristorの頭文字からGATTとも呼ぶ。1982年に帝都高速度交通営団(現東京地下鉄)が開発を進めていた高周波分巻チョッパ制御の試作品に、スイッチング素子として試験採用されたが、実際に同制御方式を採用する予定の01系電車が製造段階に入る頃には後述のゲートターンオフサイリスタが主流となりつつあったため、同制御方式はもとより電子部品としても実用化されることなく消滅してしまった。サイリスタ フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (2代)

    京急1000形電車 (2代)から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置には三菱電機製の屋根上集中式CU-71H形・能力41.86kW(36,000kcal/h)を搭載する。冷房装置は出庫時に外気気温が摂氏10度以下の際に作動する急速暖房器を備える。京急1000形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • エレベーター

    エレベーターから見た三菱電機三菱電機

    1978年、当時世界最高速を誇る600m/min (=36km/h) のエレベーター(三菱電機製)を有するサンシャイン60が開業。エレベーター フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た三菱電機三菱電機

    制御装置は三菱電機製に変更し、素子の冷却方式も列車走行風を利用したドライパネル冷却方式(自然通風ドライパネル冷却)となった。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団01系電車

    営団01系電車から見た三菱電機三菱電機

    2011年12月19日より、第37編成の01-237号車において炭化ケイ素(SIC)を使用した三菱電機製の新型VVVFインバータ制御装置の試験を行っている(詳細は後述)。営団01系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿センタービル

    新宿センタービルから見た三菱電機三菱電機

    新宿センタービルのオフィス用エレベーターは4バンクあり、低層バンクと高層バンク(展望レストラン、展望ロビーを含む)は日立製、中低層バンクは東芝製、中高層バンクは三菱電機製であり、非常用エレベーターはフジテック製となっている。オフィス用のエレベーター32基は2010年から順次リニューアル工事が行われている。2012年11月現在の行先階フロアは以下のとおり。新宿センタービル フレッシュアイペディアより)

  • 新宿NSビル

    新宿NSビルから見た三菱電機三菱電機

    エレベーターにはオフィス用24基、駐車場用と展望エレベーター用が2基ずつ(三菱製)、非常用2基(東芝製)の全30基ある。オフィス低層用(A・Dバンク)・駐車場用・展望エレベーター用は三菱電機製、オフィス中層用(B・Eバンク)はオーチス製、オフィス高層用(C・Fバンク)は日立製である。オフィス内13階と21階には乗り継ぎ階もある。また、2009年?2011年にかけて、30基のエレベーターは全てリニューアルした。新宿NSビル フレッシュアイペディアより)

1388件中 91 - 100件表示

「三菱電機」のニューストピックワード