1675件中 111 - 120件表示
  • 2013年のラジオ (日本)

    2013年のラジオ (日本)から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機presents 星に願いを-Journey To The Universe-(TOKYO FM、FM AICHI、fmfukuoka / 16:00。出演:黒田有彩、山崎直子、大木伸夫 / ストーリーテラー:森本レオ)2013年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道の車両形式

    名古屋鉄道の車両形式から見た三菱電機三菱電機

    艤装関係は主電動機が東洋電機製造・三菱電機、主制御器が東芝・三菱・東洋、冷房装置が東芝・三菱、台車が住友金属工業などとなっている。特に台車は1951年以来ほぼ一貫して住友金属製を使用しており、1973年からは同社が製造する片持ち平行板バネ式軸箱支持方式(S・SUミンデンドイツ式)を標準台車としている。なお旧型車(吊り掛け駆動車)の時代では、台車も日本車輌製のD形シリーズを中心とした釣合梁(イコライザー)式が主流であった。名古屋鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • バッファロー (パソコン周辺機器)

    バッファロー (パソコン周辺機器)から見た三菱電機三菱電機

    メルコホールディングスグループは2006年(平成18年)現在、創業者の牧一族が主要株主であり、ドメイン名"melco.co.jp"を現在保有する広告会社のアイプラネットや同社が所属する三菱電機グループとの直接の関係はない。バッファロー (パソコン周辺機器) フレッシュアイペディアより)

  • 東洋電機製造

    東洋電機製造から見た三菱電機三菱電機

    愛知県の東洋電機や、兵庫県丹波市で電車用機器を製造する三菱電機系列の東洋電機は、資本・人材を含めて一切の関連を持っていない。東洋電機製造 フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄8000形電車

    新京成電鉄8000形電車から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機製直流電動機(抵抗制御編成は直巻、界磁チョッパ制御編成は複巻)新京成電鉄8000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団02系電車

    営団02系電車から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置は三菱電機製のCU-766形で、1基当たりの能力は16.3kW (14,000kcal/h) であり、これを車端部の屋根に埋め込む形で1両あたり2基を設置している。非冷房車は落成当初の車内の天井が高く、外気循環形の軸流送風機「ファンデリア」が各車6台設けられていた。冷房車として落成した3次車からは平天井構造とされ、天井に冷房用ダクト・吹き出し口・補助送風機としてはラインデリアが設けられた。非冷房車も後の冷房改造時に同様の構造へと改造された。営団02系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up

    三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Upから見た三菱電機三菱電機

    なお三菱電機は東京五輪・パラ五輪において、エレベーター・エスカレーター・ムービングウォークの部門においてのオフィシャルパートナーとして協賛することになり、これをきっかけに日本障がい者スポーツ協会、並びに日本車いすバスケットボール連盟とも協賛契約を結んでおり、この番組への単独協賛も、この趣旨に賛同したものである。同番組の開始に合わせ、ニッポン放送と三菱電機の共同企画「三菱電機Going upキャンペーン 全国キャラバン」を展開。この番組をネットする全国のNRN基幹系列各局を中心として、各地のイベント会場で、車いすバスケットボールについての啓蒙活動や、車いすバスケットボールの体験会、当番組の公開収録・生放送などを展開し、2020年までに全国47都道府県での開催を目指す三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up フレッシュアイペディアより)

  • パジェロ製造

    パジェロ製造から見た三菱電機三菱電機

    本社、工場は岐阜県加茂郡坂祝町酒倉。三菱自動車のパジェロのほか、三菱電機のエスカレータの部品も製造している。パジェロ製造 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス中継

    全日本プロレス中継から見た三菱電機三菱電機

    元々日本テレビでは開局(1953年)以来、力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木らを中心とした日本プロレスの試合を、『三菱ダイヤモンドアワー・日本プロレス中継』などのタイトルで放送していた。だが、1971年12月にNET(現・テレビ朝日)が担当していた中継(『NETワールドプロレスリング』)における番組上のメインイベンターであった猪木が日本プロレスを除名されたことでNETは馬場の試合中継を日本プロレスに要求し、日本プロレスはこれを認め、1972年4月3日に『NETワールドプロレスリング』に馬場を出場させたことに日本テレビと三菱電機は激怒した。『NETワールドプロレスリング』馬場初登場直後から日本テレビは、猪木が旗揚げした新日本プロレスの中継放送開始を計画し、新日本プロレスも交渉に応じようとした(猪木と『日本プロレス中継』のプロデューサーであった原章〈後に日本テレビ運動部長、日本テレビ取締役に就任〉は親密だった)。計画では、『日本プロレス中継』を打ち切った上で、1972年夏から新日本プロレス中継を開始する計画だった。最終的に日本テレビは三菱電機との協議の末、同年5月12日放送分を以って『日本プロレス中継』を打ち切り、1972年5月19日から7月14日までつなぎ番組として『日本プロレス選手権特集』を放送することにした。『日本プロレス選手権特集』の後番組はドラマ『太陽にほえろ!』となったため(同時に1972年7月15日から日本テレビにおけるプロレス中継が初めて空白となった)、日本テレビにおける新日本プロレス中継放送計画は頓挫した。全日本プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園ボウル

    甲子園ボウルから見た三菱電機三菱電機

    甲子園ボウル(こうしえんボウル)は、全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦のことである。毎年12月の第3日曜日に、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で行われ、主催は日本アメリカンフットボール協会と毎日新聞社、特別協賛は2016年度(平成28年度)から三菱電機が務めている。現在の正式名称は「三菱電機杯毎日甲子園ボウル」である。甲子園ボウル フレッシュアイペディアより)

1675件中 111 - 120件表示

「三菱電機」のニューストピックワード