1675件中 121 - 130件表示
  • ソウル特別市都市鉄道公社6000系電車

    ソウル特別市都市鉄道公社6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    車体のデザインはソウル特別市都市鉄道公社で標準のものであるが、内装は他形式と若干異なる。シートは片持ち式で、スタンションポールが2本設置されるなどJR東日本209系電車に似た感じとなっている。制御装置は三菱電機製で、2レベルIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御(1C4M方式)。現代精工の運転情報管理システム「TCMS」を搭載している。ソウル特別市都市鉄道公社6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見た三菱電機三菱電機

    電気機器の製造を中心事業とする売り上げ上位10位は、日立製作所, ソニー, パナソニック, 東芝, 富士通, 三菱電機, キヤノン, 日本電気 (NEC), シャープ (台湾ホンハイ傘下), リコーの順である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • 電機子チョッパ制御

    電機子チョッパ制御から見た三菱電機三菱電機

    この制御装置は扱う出力の大きさに対して発熱が少ないことから、地下トンネル内での車両抵抗器による温度上昇に頭を悩ませていた、日本では帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現在の東京地下鉄)が、1960年代から積極的に試験を行っていた。1965年(昭和40年)9月に荻窪線分岐線(現・丸ノ内線方南町支線)において三菱電機製の機器を2000形2121の床上に搭載して直流600Vにおいて試験が実施され、これが日本で初の実車試験とされている。その後は1966年(昭和41年)4月から5月にかけて日比谷線において3000系3035を使用して三菱電機ならびに日立製作所製の機器を使用して直流1,500V下において試験が実施された。この頃には阪神電気鉄道(阪神)、日本国有鉄道(国鉄)、都営地下鉄でも試験が実施されている。電機子チョッパ制御 フレッシュアイペディアより)

  • 営団07系電車

    営団07系電車から見た三菱電機三菱電機

    東西線転籍後は05系13次車と同様の角ばった形状の三菱電機製の稼働率制御方式(ON/OFF制御方式)クーラー(CU768-1形)に更新し、能力は58.0kW(50,000kcal/h)である。いずれも空調運転モードは「冷房」「暖房」「除湿」「全自動」「送風」があり、全自動では内蔵のカレンダー機能や車内外の気温に応じて、冷房、暖房、除湿から自動選択されるものである。営団07系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1900系電車

    京阪1900系電車から見た三菱電機三菱電機

    第1次車の1810形6両の中で唯一FS-310を装着した1816は、1800系の前例に倣い、三菱電機製MB-3005-C+WNドライブとされ、それ以外は東洋電機製造製TDK-809A+中空軸カルダン駆動で、いずれの電動機も同一仕様である。なお、東洋電機製造製主電動機搭載車に採用された中空軸カルダンはたわみ板による継ぎ手を採用しており、特殊な歯車を採用していた1800系のものとは構造が相違している。京阪1900系電車 フレッシュアイペディアより)

  • トレインチャンネル

    トレインチャンネルから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機(一部の配信系統は日立製作所)が開発したトレインビジョンシステムを採用しており、同様にLCDを用いて停車駅や乗換案内・運行情報などを表示する車内案内表示装置と組み合わせて設置される。トレインチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 東京タワー

    東京タワーから見た三菱電機三菱電機

    特別展望台は地上223.55mに位置しており、当初設置されていた作業台がそのまま残されたものである。開業から10年間程、放送設備や機材の倉庫として使われ、オープンは1967年7月になってからである。特別展望台からは都心を始め都内の街並みを一望でき、天候が良ければ神奈川・埼玉・千葉の各県の街並みや富士山などの山々も見ることができるが、天候その他の理由により営業を中止することがある。入場料は大展望台の入場料に加算して支払う必要がある。入場チケットには番号が振られており、大展望台2階の天井に備え付けられている液晶ディスプレイに「リザーブチケット番号○○までの方ご案内中です。これからチケットを購入すると○○分」などと表示され入場制限を行っている。エレベーターは三菱製のエレペット人荷用11人乗りの1基のみで、途中「ガタン」というロープの振れ止めの音がする旨がアナウンスされる。音がするのは白く塗装されているH.18付近。東京タワー フレッシュアイペディアより)

  • 大名古屋ビルヂング

    大名古屋ビルヂングから見た三菱電機三菱電機

    全体の完成は1965年であるが、1962年にビルの正面中央部分、1963年にビルの左側部分、1965年にビルの右側部分と、三段階に分けて完成させている。かつて屋上左側には象徴的な球形回転型ネオンサイン(広告主:森永製菓→コカコーラ)が備え付けられていたが、2007年秋頃に撤去され、2008年4月からは土岐プレミアムアウトレットの看板が設置されていた。屋上右側には六角形の広告(広告主:三菱電機)も取り付けられたがこちらは球形広告より先に撤去され、後に三陽商会の広告が設置された。大名古屋ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 日立ビルシステム

    日立ビルシステムから見た三菱電機三菱電機

    サムネイル| 現行のアーバンエースのインジゲータは液晶も採用されている 1999年4月より発売されている標準型エレベーターの商標。この機種より機械室レス化され、第1期目は操作盤などのデザインはビルエースNEWプリードに準じていたが、2002年5月頃発売された第2期目は操作盤のデザインが変更され、ボタン数字のフォントが変更されたほか、ボタンの色は白に戻った。2005年4月頃発売された第3期目からボタンが四角から丸型に戻り、第4期目で巻上機の設計が変更され、静音化が図られた。2006年12月頃発売された第5期目より、三菱と同様に呼びボタンを押して搭乗した後に行き先ボタンを押さずにドアが閉まると「行き先ボタンを押してください」というアナウンスがなるようになり、アナウンスも新しいものに変更された。2012年頃発売された第6期目から液晶インジケータなど採用。発売当初はピット下に円筒型巻き上げ機が設置されていたが、第2期目途中より薄型巻き上げ機が最下階乗り場付近に設置されるレイアウトになった。また、到着する階になるとその行先のボタン・インジケータが点滅する。2014年5月頃発売された第7期目の後期以降の機種は、昇降中に矢印の動きが変化し、アナウンスの担当が変更されたほか、セーフティシューの形状が大幅に変更されて以前の機種よりも細形になった。2018年3月から乗り場インジケーター、かご内操作盤とハンドレールをHF-1同等品に選択できるオプションを発売した。日立ビルシステム フレッシュアイペディアより)

  • 東芝ストアー

    東芝ストアーから見た三菱電機三菱電機

    洗濯機:二槽式洗濯機は業績不振の一環として、2016年3月限りで自社生産より撤退(二槽式洗濯機の自社生産より撤退する国内大手電機メーカーは経営再建中のシャープ・販売不振と「ムービングドラム」シリーズ大量リコールにより洗濯機生産自体を完全終了した三菱電機・パナソニックの完全子会社化により洗濯機部門をハイアールへ売却した三洋電機に次いで4社目。現在全自動洗濯機、タテ型及びドラム式洗濯乾燥機衣類乾燥機のみの生産)。2017年マイディアグループとの開発製品、容量4.5kgシングル世帯向け全自動洗濯機AW-45M5を発売。東芝ストアー フレッシュアイペディアより)

1675件中 121 - 130件表示

「三菱電機」のニューストピックワード