1675件中 141 - 150件表示
  • 太陽にほえろ!

    太陽にほえろ!から見た三菱電機三菱電機

    一流大学卒のインテリで一係に三菱製パソコン(愛称“ホームズ3世”)を導入し、捜査に活用する。当時のパソコンはマイクロコンピュータとも呼ばれたことから、このニックネームが決定。太陽にほえろ! フレッシュアイペディアより)

  • 半導体素子

    半導体素子から見た三菱電機三菱電機

    日立製作所・三菱電機・日本電気のDRAM部門が独立・合併して設立された。半導体素子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ビクター

    日本ビクターから見た三菱電機三菱電機

    かつて生産されていたブラウン管テレビ(主に「MEGA」シリーズ)のブラウン管は三菱電機より供給されていた。また薄型テレビ(プラズマ・液晶)も「EXE」と名付けられて生産されていた。売り上げ不振による赤字が増大したことから、2008年限りでテレビ受像機およびディスプレイ生産より完全撤退した。日本ビクター フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市交通局10系電車

    大阪市交通局10系電車から見た三菱電機三菱電機

    それゆえ初代20系の設計段階より、将来の冷房化を念頭に置いて屋根上両端のシロッコファンと車内天井に設けられたラインフローファンを組み合わせた強制通風方式を採用していたが、冷房化が社会的に強く要請され始めた1977年に、来るべき量産車用のデータ収集を目的として1501に電機メーカー2社の手による試作冷房装置を搭載して評価試験を実施したところ、良好な成績が得られたため、以後本系列の量産に当たってはその成果を反映して厚さ405mmと超薄型の三菱電機製CU-74・74A、あるいは東芝製RPU6001・6001Aが標準搭載されるように変更され、非冷房の01編成についても1979年の量産車就役開始にあわせて冷房搭載工事が施工された。大阪市交通局10系電車 フレッシュアイペディアより)

  • シンドラーエレベータ

    シンドラーエレベータから見た三菱電機三菱電機

    シンドラーグループの世界シェアは、エレベーターで2位、エスカレーターでは1位である。日本でのシェアは、大手エレベーターメーカー5社(三菱・日立・東芝・日本オーチス・フジテック)が多くを占めているため、で業績を延ばし、主に公共事業の落札において強みを発揮し、団地などで広く採用されていた。しかし2006年に発生した後述の死亡事故後、新規のエレベーターの受注は皆無である。2014年10月現在は公式サイトからも日本国内向けのエレベーターについては製品情報が消えている。エスカレーターは製品情報が掲載されている。シンドラーエレベータ フレッシュアイペディアより)

  • 時津町

    時津町から見た三菱電機三菱電機

    長崎県全体は人口流出が著しい中にあるが、時津町は長与町や大村市とともに人口が増加している数少ない地方自治体である。浜田郷には三菱電機工場、西時津郷には七工区工業地域など工業面でも発達している。時津町 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄5700系電車

    名鉄5700系電車から見た三菱電機三菱電機

    制御装置は三菱電機製のABFM108-15MRH形を新製した。界磁添加励磁制御方式を採用し、回生ブレーキを付加しており、1台の制御器で8基の電動機の制御を行う方式 (1C8M) である。名鉄5700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉スタジアム2002

    埼玉スタジアム2002から見た三菱電機三菱電機

    南北の両サイドスタンド最後部に設置された大型映像装置。スタジアム開場当初より使われてきた初代のビジョンは2012年シーズン終了後に撤去され、翌2013年シーズンの開幕からはフルハイビジョン化した2代目に移行している。初代の時計部分は映像表示部とは別の独立した機構のものだったが、2代目は全面が映像表示部となったため、時計もビジョン内映像として表示されている(レッズ戦のみ、リズム時計工業のロゴが時計上部に入る)。初代・2代目ともに三菱電機製。埼玉スタジアム2002 フレッシュアイペディアより)

  • F-2 (航空機)

    F-2 (航空機)から見た三菱電機三菱電機

    1987年(昭和62年)4月11日よりアメリカ国防総省の調査チームが来日、三菱重工業名古屋航空機製作所、三菱電機鎌倉製作所を視察、防衛庁で日本側と意見交換を行った。この時、三菱重工は調査チームを招いて、自らが描いた「FS-X」の説明を行った。国防総省側は、日本政府がどの程度出資を行い、どのような戦闘機を生み出そうとしているのかを総合的に判断するための派遣であった。一方の三菱は「FS-X」を生み出す力が備わっていることを印象付けるために、この調査団の査察を受け入れた。F-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 星野やすし

    星野やすしから見た三菱電機三菱電機

    人造偏光板(偏光フィルター)についての研究は、星野愷がわが国でいち早く着手した研究であり、(1)人造偏光板の製造方法、(2)普通の光(自然光)を偏光板を透過させると、なぜ振動方向が一方向のみに制限されたもの(偏光)になるかという偏光機構の解明、(3)偏光板の応用方法の三部門にわたって行われた。1938年(昭和13年)に星野の研究を基にして、日本最初の偏光板製造が三菱電機(大船工場)によって行われた。航空機からの潜水艦の確認は、海面の反射眩光が邪魔となり困難であったが、偏光板を備えた偏光眼鏡を用いることにより、その障碍を除去することができたので、第二次世界大戦中、この偏光板は海軍で大量に採用された。星野は海軍技術研究所の嘱託として同工場で技術協力を行った。研究の初期においては、硫酸キニーネとヨウ素との化合物ヘラパタイト針状微結晶を合成樹脂マトリックス中に、結晶軸を一定方向にそろえて無数に配列した、多結晶型偏光板を製造して、その光学特性ならびに偏光機構の研究を行った。また、ヨウ素ならびに種々の染料を、ミセルを定方位配列させた高分子フィルムに含浸させたとき発生する偏光作用(繊維二色性)につき研究した。これは高分子型偏光板と呼ばれるもので、今日広く実用されている偏光板製造における先駆的な研究であった。研究の過程で副次的にいくつかの発見・発明も行われた。そのうちの一つは、紫外線2537オングストロームの波長のものを純粋に一本だけ取り出す性能を持つ、紫外線フィルターの製造方法を発明したこと、ならびになぜそのような作用が可能なのかの説明を与えることができた理論的研究である。この紫外線フィルターの実用面の一つは、ある種のウラン鉱石の選定・鑑別にそれが極めて有用なことであった。1945年(昭和20年)12月、GHQ経済科学局は、その製造方法を知るためその実物提出を要求し、星野の学位請求論文にその記載があったのでその全文を英訳した。偏光板の応用については、湾曲偏光板を考案し、また偏光立体映写装置の開発に努めた。星野やすし フレッシュアイペディアより)

1675件中 141 - 150件表示

「三菱電機」のニューストピックワード