1675件中 151 - 160件表示
  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機「ルームエアコン 霧ヶ峰/宮里さん発電する(夏)篇」 ※省エネ大賞版福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た三菱電機三菱電機

    いっぽう、発表前の同年9月前後に西武鉄道とコクド(プリンスホテル等)を通じて取引関係のあるキリンビール・サントリー・東京コカ・コーラボトリングなどの複数の飲料メーカー、王子製紙、ワコール、日立グループ、三菱電機、小田急電鉄、鹿島、前田建設、クレディセゾンなど30企業に対し、西武株式8千万株を虚偽記載であることを伏せたまま売却した。10月の虚偽記載公表後の株価下落による損失を招いたことで、株式買い戻し(購入代金の返還)請求が起こされたとともに、売却を打診したコクド・西武鉄道の幹部や堤義明前会長に対してはインサイダー容疑であわせて捜査が行われた。西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機ロジスティクス

    三菱電機ロジスティクスから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機ロジスティクス株式会社(みつびしでんきロジスティクス)は、東京都渋谷区に本社を置く三菱電機グループの企業。三菱電機グループ内での略称は、MDロジス。三菱電機ロジスティクス フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局10-300形電車

    東京都交通局10-300形電車から見た三菱電機三菱電機

    制御方式はE231系500・800番台と同等の三菱電機製3レベルIGBT素子によるVVVFインバータ制御を採用した 。制御装置外観形状はE231系通勤形が搭載するSC60形タイプと同じである。回生ブレーキのほか、純電気ブレーキ機能も有する。また一定速度以上の走行時にマスコンハンドルを「P4」位置から「P2」位置にすると定速運転となる。主電動機は東洋電機製造製のTIM-10形(出力95kW、端子電圧1,100V、電流68A、定格回転数2,350rpm)で、名称は異なるもののE231系などのMT73形と同一である。東京都交通局10-300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • D

    Dから見た三菱電機三菱電機

    電機業界では三菱電機を表す (D=Diamond)。D フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (2代)

    京急1000形電車 (2代)から見た三菱電機三菱電機

    補助電源装置は三菱電機製のIGBT素子 (IPM) を使用した静止形インバータ (SIV) を採用し、8両編成では150 kVAのNC-EAT150Aを、4両編成では75 kVAのNC-EAT75Aをそれぞれ編成に2台搭載しており、出力電圧は三相交流440 Vとしている。京急1000形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市交通局9200形電車

    熊本市交通局9200形電車から見た三菱電機三菱電機

    座席はロングシートであるが、入口中央扉より対面する一部座席は車椅子用のスペースとして折り畳み出来る様になっており、9205は座席を若干改良した上で落成した。屋根上に三菱電機製の冷房装置と補助インバータを搭載する。熊本市交通局9200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 泉州工業

    泉州工業から見た三菱電機三菱電機

    現在、松下電器産業(以下、現社名の「パナソニック」と表記する)や三洋電機、三菱電機、など、大手の電機メーカーに製品を納入しているが、今後も独創的なノウハウでよりよい製品やサービスの提供に努め、更に売り上げを伸ばしてゆきたいという。泉州工業 フレッシュアイペディアより)

  • 南海1000系電車 (2代)

    南海1000系電車 (2代)から見た三菱電機三菱電機

    第1 - 5次車は三菱電機MB-5046-Aを、第6次車は改良型の三菱電機MB-5091-Aを採用する。南海1000系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄12400系電車

    近鉄12400系電車から見た三菱電機三菱電機

    12400系はあくまでも12200系の増備車であるため、信頼性のある床下機器関係では小修正にとどめられた。性能面では12200系に引き続き、三菱電機製の出力180kWの主電動機が採用され、33‰上り勾配においても均衡速度100km/hを確保している。近鉄12400系電車 フレッシュアイペディアより)

1675件中 151 - 160件表示

「三菱電機」のニューストピックワード